言葉の使い方や意味などを深掘りしてご紹介いたします!

贈る言葉情報館

漢字

「川」の漢字は「はらう・とめる」どっちが正しいか調査!

更新日:

 
漢字の「川」。

三本の縦棒を並べるだけの簡単な漢字です。
 
 
この、一見簡単な漢字なのですが…、実はある問題点が話題になっているらしい…。

それは、三本の縦棒を「はらう」べきか、「とめる」べきかといった問題です…。

川

上の「川」をよく見ると、左端は「はらう」、中央は「とめる」、右端も「とめる」形。
 
 
左端は「はらう」、中央は「とめる」、この形がよく目にする「川」の形だと思うのですが…。

右端は、「はらう」「とめる」両方の形があるような気がします…。
 
 
どういった書き方が正解なのか??
 
 
 
ということで、国の見解を徹底的に調査してみました。

本記事では、「川」の漢字は「はらう」「とめる」どっち?正しい「川」について根拠も含めわかりやすく解説していきます。

かなり深掘りしましたので、ご期待ください!
 

スポンサードリンク

 

1.「川」の漢字は「はらう・とめる」どっちが正しい?

はじめに、正しい「川」の書き方を簡潔にお伝えします。
 
 
「川」の漢字は、「はらう」でも正解ですし、「とめる」でも正解

これは、左端の縦棒と、最終画の右端の縦棒ともにどちらでも正解ということ。
 
 
この根拠は、国の行政機関である文化庁が文書で明確に示してくれています。

「常用漢字表の字体・字形に関する指針(報告)について」というタイトルの文書なのですが、その内容については次項でお知らせしますね。
 
 
 
ちなみに、この文書には中央の縦棒に対する見解は記載されていませんでした…

ですが、文書全体を読みましたが、全ての漢字において「別の漢字と読み違いの危険がない限り、どういった書き方をしても正解」という内容になっていますので…。
 
 
おそらく、中央の縦棒も「はらう」「とめる」どちらでも良いという見解が予想されます…。

私個人の予想ですよ…。

しかし、左端は「はらう」書き方が一般的であり、中央は「とめる」書き方が一般的ですので…、右端以外はあまり問題ないのではないでしょうか…。
 
 
 
ところで、下の「教科書体」の「川」の右端は「とめる」形をしています。

【教科書体】

川

そして、毛筆をモデルにした「行書体」は下のように、右端を「はらう」形。

【行書体】

川

このように、広く普及している「フォント」自体、双方の形がありますので…。

「一方が間違いである」といことはありません。
 
 
学校の授業では、「教科書体」の「川」をお手本に学習しますので、もしかしたら「とめるべき!」と覚えてしまう方がいるかもしれませんが…。

正確には、「はらう」「とめる」どういった書き方をしても間違いではありませんよ
 

スポンサードリンク

 

2.「川」の漢字に対する国の見解!

続いて、「はらう」「とめる」といった書き方の根拠となる文書を紹介します。

それは、平成28年(2016年)2月29日に文化庁が発信した「常用漢字表の字体・字形に関する指針(報告)について」という文書。
 
 
最初は、「左端」の縦棒から。
 

4 手書き(筆写)の楷書では、いろいろな書き方があるもの

手書きの楷書においては、以下に挙げるような漢字の構成要素及び漢字の例のように、字形に違いがあっても、同じ字体として認めることのできるものがある。

それらを(1)~(6)に分類して示した。
 
 
(4)はらうか、とめるかに関する例

漢字の点画の終筆をはらうか、とめるかについて、いろいろな書き表し方があるものとして、以下のような例が挙げられる。

ここに挙げるような点画のはらい方、とめ方の違いは、字体の判別の上で問題にならない。
 
 
ウ 左部分の縦方向の画の終筆をとめて書くことも、はらって書くこともあるもの

「はらう」「とめる」

◇ 上記を含め、同様に考えることができる漢字の例

「はらう」「とめる」

「はらう」「とめる」
 
 

引用元:常用漢字表の字体・字形に関する指針(報告)について

 

このように、「はらう」「とめる」はどちらでも良いといった内容です。
 
 
「川」もしっかり記載されています。

ちなみに、普通は左端をシュッとはらう「月」「角」「井」「介」などでも、「とめる」書き方をしても誤字ではありません。
 
川
 
次に、「右端」については、以下のとおりです。
 

エ 最終画又は構成要素の最終画となる縦画の終筆をとめて書くことも、はらって(ぬいて)書くこともあるもの

「はらう」「とめる」

◇ 上記を含め、同様に考えることができる漢字の例

「はらう」「とめる」
 
 

引用元:常用漢字表の字体・字形に関する指針(報告)について

 

ということで、「右端」についても同じです。
 
 
「川」も、しっかりと載っていますね。

「はらう」「とめる」、どちらも間違いではありませんよ。
 

スポンサードリンク

 

まとめ

以上が、正しい「川」の漢字についてでした。
 
 
「川」の漢字は、「はらう」でも正解ですし、「とめる」でも正解。

これは、左端の縦棒と、最終画の右端の縦棒ともにどちらでも正解ということ。
 
 
気にする必要はありませんよ。
 

ところで、漢字について説明させていただきましたが…。

「漢字」といえば、普段は平仮名やカタカナで表現する言葉でも、実は漢字があるものがありますよ!
 
 
よかったら、下の記事も覗いてみてください。

「サラダ」を漢字表記にすると?無いようで実はありますよ!

「トマト」を漢字で書くと?表記を由来も含め解説するよ!

「ピーマン」を漢字で書くと?表記を由来も含め解説するよ!

「わかめ」を漢字で書くと?由来も含めて詳しく解説するよ!

「ひじき」を漢字ではどう書く?由来含め詳しく解説するよ!

ぜひ、どうぞ。

 

関連記事と広告

-漢字

Copyright© 贈る言葉情報館 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.