言葉の使い方や意味などを深掘りしてご紹介いたします!

贈る言葉情報館

漢字

「ピーマン」を漢字で書くと?表記を由来も含め解説するよ!

更新日:

 
「ピーマン」は、火を通すと苦味が甘味や旨味に変わる不思議な野菜…。

結構好きで、よく食べています。
 
 
ところで、一見外来語に思えるこの「ピーマン」ですが、「漢字表記」があるといった噂が…。

そもそも、「ぴいまん」だったらまだ日本語っぽくみえますが、「ー」が加わって「ピーマン」ですからね…。
 
 
しかも、この「ピーマン」の漢字表記なのですが、1つだけではないらしい…。
 
 
 
ということで本記事では、「ピーマン」の漢字表記と由来について、わかりやすく解説していきます。

かなり深掘りしましたので、ご期待ください!
 

スポンサードリンク

 

1.「ピーマン」を漢字で書くと?

「ピーマン」には確かに漢字があります!

それも、冒頭でも触れましたが、1つだけではありませんよ。
 
 
それは、下のとおり。

甘唐辛子

西洋唐辛子

青椒

 
 
これで、「ピーマン」と読みます。
 
 
「ピーマン」は確かに外来語で、そのものは明治時代に伝わりました。

伝わったのは明治ですが、一般家庭の食卓に広がったのはなぜか戦後以降…。
 
 
この「ピーマン」ですが、フランス語の唐辛子を意味する「piment(ピメン)」か、ポルトガル語の唐辛子を意味する「pimento(ピーメント)」が語源とされています。
 
 
 
ちなみに、私が持っている辞書では下のように掲載されていました。

【ピーマン(piment)】
・トウガラシの変種。ナス科。果実は大形で、辛みはなく食用。西洋とうがらし。

引用元:旺文社国語辞典

 
ということで、辞書では別名「西洋とうがらし」と紹介されています。

それでは、次項では「ピーマン」の漢字の由来についても説明しますね。
 

スポンサードリンク

 

2.「ピーマン」の漢字の由来とは!

「ピーマン」を漢字表記にすると、「甘唐辛子」「西洋唐辛子」「青椒」ですが、それぞれについて詳しく説明します。
 

①「甘唐辛子」の由来!

「甘唐辛子」は、「あまとうがらし」とも読みます。
 
 
16世紀に日本に「唐辛子」が伝わりましたが、当時の日本人の認識では「唐辛子は辛い食べ物」というものでした。

その後、明治時代になって「唐辛子」の仲間である「ピーマン」が伝わったのですが…。

その味が、唐辛子とは違い辛くなかったことから、「甘唐辛子」と呼ばれるようになりました
 
 
余談ですが、同じ辛くない唐辛子で「獅子唐辛子(ししとうがらし)」がありますが、これは先端が獅子舞の顔に似ているということが由来。

現在「獅子唐辛子」は、「シシトウ」と呼ぶのが一般的になりました。

ピーマン
 

②「西洋唐辛子」の由来!

「西洋唐辛子」は、「せいようとうがらし」とも読みます。
 
 
これは、読んで字のごとく「西洋」から伝わってきた「唐辛子」ということ

そのままですね。
 
 
ちなみに「ピーマン」は、明治時代にアメリカから伝わりました。
 

③「青椒」の由来!

最後は「青椒」。
 
 
この「青椒」は、中国由来の名称で、つまりは漢名ということ

中国語で、ピーマンのことを「青椒」といいます。

ですから、日本で生まれた漢字表記ではありません。
 
 
ちなみに、「青椒」は中国語では「チンジャオ」。

そして、「青椒」などと「肉」を細く切って炒めた料理が「青椒肉絲(チンジャオロース)」。

「肉」は中国語で「ロー」、「絲」は「スー」で細切りという意味です。
 

スポンサードリンク

 

まとめ

以上が、「ピーマン」の漢字表記についてでした。

参考にしてください。
 
 
「ピーマン」を漢字表記にすると、「甘唐辛子」「西洋唐辛子」「青椒」です。
 
 
多く使われる漢字が「甘唐辛子」「西洋唐辛子」ですので、漢字表記しなくてはいけない時はこの2つがおすすめ。

「青椒」は、ちょっと漢字が難しすぎますね…。

ところで、普段は平仮名やカタカナで表現する言葉でも、実は漢字がありますよ!

よかったら、下の関連記事もご覧ください。

「サラダ」を漢字表記にすると?無いようで実はありますよ!

「トマト」を漢字で書くと?表記を由来も含め解説するよ!

「キウイ」を漢字表記すると?由来も含め詳しく解説するよ!

「わかめ」を漢字で書くと?由来も含めて詳しく解説するよ!

「ひじき」を漢字ではどう書く?由来含め詳しく解説するよ!

ぜひ、どうぞ。

 

関連記事と広告

-漢字

Copyright© 贈る言葉情報館 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.