言葉の使い方や意味などを深掘りしてご紹介いたします!

贈る言葉情報館

漢字

「深」の漢字は「はねる・とめる」どっちが正しいか調べた!

更新日:

 
「深」という漢字があります。

「水深」「深い」といった使い方をするお馴染みの漢字。
 
 
この「深」という漢字の書き方について、ある疑問が噴出しています。

それは、右下の「木」の下の部分、それからその「木」の上の「八」の右下の部分、そこを「はねる」のか「とめる」のかといった疑問。

深

深

深

一番上が「木」をはねた「深」、その次が「八」をはねた「深」、一番下が全てとめた「深」です。
 
 
どれが正解なのだろう??

どういった書き方が正しいのか、はっきりさせなくてはいけませんね!
 
 
 
ということで、最も信頼できる行政機関の見解を徹底的に調べてみました。

本記事では、「深」の漢字は「はねる」のか?「とめる」のか?正しい「深」について根拠も含めわかりやすく解説していきます。

かなり深掘りしましたので、ご期待ください!
 

スポンサードリンク

 

1.「深」の漢字は「はねる・とめる」どっちが正しい?

はじめに、正しい「深」の書き方を率直にお伝えします。
 
 
「深」の漢字は、はねても正解、とめても正解

これは、「木」の下、「八」の右下ともに当てはまります

つまり、どのように書いても正しい漢字ということ。
 
 
この根拠については、行政機関が発信した「常用漢字表の字体・字形に関する指針(報告)について」という文書に、どちらでも誤字ではない旨が記載されています。

この文書の内容については、次の項目で紹介しますね。
 
 
 
実際に、パソコンのフォントでもはねる「深」もあればとめる「深」もあり、書き方は様々です。

たとえば、下の字体は「木」をはねた「深」。

【楷書体】

深

【行書体】

深

また、下の字体は「八」をはねた「深」で、この字体は「木」の方ははねていません。

【明朝体】

深

【ゴシック体】

深

そして、下の字体は全てをとめた「深」。

【教科書体】

深

このとおり、公式に販売されているフォントも様々。

どういった書き方をしても、誤字ではないのです。
 
書道
 
「木」と「八」、ともにはねた字体も探してみましたが、私のパソコンには搭載されていませんでした…。

ですが、「木」「八」ともにはねても間違いではありません。
 
 
それから、学校の教育は「教科書体」の字体をもとに行われます。

そのため、細部まで「教科書体」の書き方にこだわる学校では、はねることで誤字と判定されることもあるらしい…。
 
 
しかし、本来は「はねる」「とめる」、どのように書いても正しい漢字です。
 

スポンサードリンク

 

2.「深」の漢字に対する行政機関の見解!

続いて、行政機関が出した「常用漢字表の字体・字形に関する指針(報告)について」の原文を紹介します。

この文書は、平成28年(2016年)2月29日に文化庁から出されました。
 
 
最初は、「木」の部分から。
 

4 手書き(筆写)の楷書では、いろいろな書き方があるもの

手書きの楷書においては、以下に挙げるような漢字の構成要素及び漢字の例のように、字形に違いがあっても、同じ字体として認めることのできるものがある。

それらを(1)~(6)に分類して示した。
 
 
(5)はねるか、とめるかに関する例

漢字の点画の終筆をはねるか、とめるかについて、いろいろな書き表し方があるものとして、以下のような例が挙げられる。

ここに挙げるような点画のはね方、とめ方の違いは、字体の判別の上で問題にならない。
 
 
ア 縦画の終筆をはねて書くことも、とめて書くこともあるもの
 
「はねる」か「とめる」か文書の表1
 
◇ 上記を含め、同様に考えることができる漢字の例
 
「はねる」か「とめる」か文書の表2
 
「はねる」か「とめる」か文書の表3
 
 

引用元:常用漢字表の字体・字形に関する指針(報告)について

 

このように、どちらでも良いとなっています。

「深」の漢字も、「木」と同様に扱うグループの中に明記されていますね。
 
 
それから、下が「八」の部分。
 

イ 縦に下ろして右に曲げる点画(乚)の終筆を、とめて書くことも、はねて書くこともあるもの

はねる
 
◇ 上記を含め、同様に考えることができる漢字の例

はねる
 
 

引用元:常用漢字表の字体・字形に関する指針(報告)について

 

この図の中に「深」という漢字はありません。

ですが、「売」や「陸」の「八」の部分、「空」「究」「窓」の「八」の部分、いずれもどちらでも良いとなっています。
 
 
そういった状況で、「深」が「はねるとダメ」「とめるとダメ」となるのは、あまりにも不自然ですよね。

「深」の「八」の部分も、「どちらでも良い」とするのが自然です。
 

スポンサードリンク

 

まとめ

以上が、正しい「深」の漢字の書き方についてでした。
 
 
「深」の漢字は、はねても正解、とめても正解。

これは、「木」の下、「八」の右下ともに当てはまります。

つまり、どのように書いても正しい漢字ということ。
 
 
細かいことは気にせずに、「深」を手書きしてください。
 

ところで、漢字について説明させていただきましたが…。

「漢字」といえば、普段は平仮名やカタカナで表現する言葉でも、実は漢字があるものがありますよ!
 
 
よかったら、下の記事も覗いてみてください。

「サラダ」を漢字表記にすると?無いようで実はありますよ!

「トマト」を漢字で書くと?表記を由来も含め解説するよ!

「ピーマン」を漢字で書くと?表記を由来も含め解説するよ!

「わかめ」を漢字で書くと?由来も含めて詳しく解説するよ!

「ひじき」を漢字ではどう書く?由来含め詳しく解説するよ!

ぜひ、どうぞ。

 

関連記事と広告

-漢字

Copyright© 贈る言葉情報館 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.