言葉の使い方や意味などを深掘りしてご紹介いたします!

贈る言葉情報館

文書

「解明」と「解析」の違い!確かな差をわかりやすく解説!

更新日:

 
「解明」と「解析」。

似ていますよね…。
 
 
双方とも「解」という漢字が使われていますので、どちらも「ときあかす」ということだと思うのですが…。

ということは、どのように「ときあかす」のか?ということが違いのポイントになるのだろうか…??
 
 
 
そんなわけで、この2つの言葉の意味を徹底的に分析してみましたよ!

やはり、「解明」と「解析」には明確な違いがありました!
 
 
本記事では、「解明」と「解析」の意味の違いと使い分けについて、具体例でわかりやすく解説していきます。

かなり深掘りしましたので、ご期待ください!
 

スポンサードリンク

 

1.「解明」と「解析」の意味の違い!

最初に、「解明」と「解析」の意味の違いを簡潔にお伝えします。

「解明」とは、わからない物事を細かく調べて、明らかにすること。

「解析」とは、物事を細かく解き分けて、組織的・論理的に明らかにすること。

 
一言で表現すると、こういった違いです。

それでは、さらに詳細に紐解いていきますね。
 

①「解明」の意味とは!

「解明」は、わからない物事を細かく調べて、明らかにすること。
 
 
「解析」との違いのポイントは、「わからない物事」という部分。

研究のように、物事を深く調べることではありません。

わからない物事を、明らかにしてわかるようにするのが「解明」です。
 
 
 
わからない物事なので、たとえば「事件の真相を解明」「病気の原因を解明する」といった使い方をします。

「事件の真相」や「病気の原因」といったものは、そう簡単にわかってしまうものではありませんよね。

あくまでも、「わからない」「謎」「不明」な物事を、明らかにするのが「解明」です。

警察
 

②「解析」の意味とは!

「解析」は、物事を細かく解き分けて、組織的・論理的に明らかにすること。
 
 
「解明」は「わからない物事」限定でしたが、「解析」にはそういった定義はありません。

どちらかというと、「研究」のように物事を深く調べることに似ています。

しかも、「細かく解き分けて」、「組織的・論理的」に明らかにするのが「解析」。
 
 
「組織的・論理的」という部分がわかりにくいので、わかりやすくいうと…。

細かく分けたうえで、それぞれがどういった意味を持っているのか、まわりとはどういった関係性で結び付いているのか、などを調べて明らかにするということです。

つまりは、「分解」→「それぞれの意味」→「それぞれの関係性」といった感じでしょうか。
 
 
 
たとえば、「データ解析」「調査資料を解析する」といった使い方をします。

この場合の解き分ける対象は、「データ」や「調査資料」。
 
 
これらは、「わからない」「謎」「不明」なものではないため、この例文に「解明」は適しません。

あくまでも、「データ」や「調査資料」を解き分けて、一つ一つがどういった意味があるのか、またどういった関係性なのかということを明らかにするのです。

ビジネス
 

③「解明」と「解析」の違いを整理!

それでは、ここで一度「解明」と「解析」の違いを整理します。
 
 
わからない物事を細かく調べて、明らかにするのが「解明」。

つまりは、「わからない」を「わかる」にするということです。
 
 
物事を細かく解き分けて、組織的・論理的に明らかにするのが「解析」。

要するに、一つのことを複数に分けて、深く調べ関係性まで明らかにすることです。
 

スポンサードリンク

 

2.「解明」と「解析」の辞書での意味!

続いて、辞書による「解明」と「解析」の意味がどうなっているのか確認していきます。
 

①「解明」の辞書での意味!

【解明】

・不明な点をときあかして、はっきりさせること。「原因を―する」

引用元:旺文社国語辞典

説明したとおりの内容です。
 

②「解析」の辞書での意味!

【解析】

①物事をこまかく解きわけ、組織的・論理的に研究すること。

②[数](「解析学」の略)微分積分学・微分方程式論・関数論など極限の概念を使って研究する学問。

引用元:旺文社国語辞典

意味①は説明どおりですね。

意味②は説明しませんでしたが、数学用語としての「解析」。

ただ、意味自体は意味①と同じような内容です。

研究
 

3.「解明」と「解析」の使い方!

次に、「解明」と「解析」の使い方を例文で紹介します。
 

①「解明」の使い方!

・損傷や原因については、遅くとも火曜日までに解明するのが目標だ。

・メッシが同じスーパープレーを何度も決められる不思議を解明する。

・銀河の巨大ガス流出のメカニズム解明へ新たな一歩。

・捜査当局が容疑者として3人のハッカーを突き止めた経緯を解明するに至った。
 

②「解析」の使い方!

・天然ゴムの末端基構造を解析した研究成果を発表した。

・容疑者のスマートフォンを解析するなどして、犯行の経緯などを調べることにしている。

・より低コスト短時間で行えるゲノム解析事業へ参入する。

・地元プロサッカーチームの試合のデータを解析し、強化策を提案しました。

サッカー
 

4.「解明」や「解析」には似た意味の言葉がたくさんある!

「解明」や「解析」には似た意味の言葉がたくさんありますよ。

下の関連記事も、覗いてみてください。

「発掘」と「発見」の違いを解説!やはり確かな差があったよ!

「発覚」と「判明」の違いを解説!実は確かな差があったよ!

「検知」と「検出」の違いを解説!実は微妙な差があったよ!

 
ぜひ、参考にしてみてくださいね。
 

スポンサードリンク

 

まとめ

以上が、「解明」と「解析」の意味の違いと使い分けについてでした。
 
 
「解明」は、わからない物事を細かく調べて、明らかにすること。

「解析」は、物事を細かく解き分けて、組織的・論理的に明らかにすること。
 
 
わからないこと限定なのが「解明」、分解してから突き詰めるのが「解析」です。

関連記事と広告

-文書

Copyright© 贈る言葉情報館 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.