言葉の使い方や意味などを深掘りしてご紹介いたします!

贈る言葉情報館

漢字

「サラダ」を漢字表記にすると?無いようで実はありますよ!

更新日:

 
「サラダ」は、食生活の栄養バランスのためによく食べています…。

私は、日替わりでドレッシングを使い分けて、毎日欠かさずに食べていますよ。
 
 
ところで、一見外来語に思えるこの「サラダ」ですが、噂では「漢字表記」ができるらしい…。
 
 
でも、普通「サラダ」は漢字で書きませんよね…。

本当に漢字で表記できるのか…???
 
 
 
ということで本記事では、「サラダ」の漢字表記について、わかりやすく解説していきます。

かなり深掘りしましたので、ご期待ください!
 

スポンサードリンク

 

1.「サラダ」を漢字表記すると?

実は、「サラダ」は確かに漢字表記できますよ!

それは、下のとおり。

撒拉托

 
 
この「撒拉托」で、「サラダ」と読みます。
 
 
そもそも、「サラダ」は間違いなく外来語で、料理自体、江戸時代後半から明治時代にかけて外国から伝わりました。

そして、この「サラダ」の当て字として使われた漢字が「撒拉托」
 
 
「撒拉托」の「撒」は、「まき散らす」という意味で「撒布」「撒水」といったように「サン」と読みます。

「撒拉托」の「拉」は、「くじく」「引く」という意味で、「拉致」というように読み方は「ラ」。

「撒拉托」の「托」は、「置く」「乗せる」という意味で「托鉢」といったように「タク」と読みます。
 
 
「サン(撒)」「ラ(拉)」「タク(托)」で、「サンラタク」から「サラダ」ですね。

意味も、野菜を「引いて」「くじいて」皿の上に「まき散らす」ように「置く」「乗せる」ということでイメージもピッタリ当てはまります
 
 
 
ちなみに、私が所持している辞書では下のとおり。

【サラダ(salad)】

・西洋料理の一種。生の野菜を主にして、マヨネーズやドレッシングであえたもの。

引用元:旺文社国語辞典

 
ということで、辞書では漢字表記は紹介されていませんでした…。
 
 
日本語というものは、新しい言葉は加わったり、逆に古い言葉は消滅していくもの…。

もしかしたら、この「撒拉托」という漢字は消滅の運命をたどっているのかもしれません…。
 
 
それでは、次項では「サラダ」の語源について説明しますね。
 

スポンサードリンク

 

2.「サラダ」の語源とは!

「サラダ」は、英語にすると「Salad」、フランス語では「Salade」、ポルトガル語で「Salada」です。
 
 
スペルは全て似ていますが…。

発音すると、英語は「サゥラット」、フランス語が「セィレッド」、そしてポルトガル語は「サラダ」です。
 
 
ということで、日本の「サラダ」はポルトガル語の「Salada」が語源
 
 
全てのスペルで共通しているのが、「Sal」という部分。

この「Sal(サル)」は、ラテン語の「塩」を意味しています
 
 
英語で「塩」は、「Salt(ソルト)」ですので似ていますね。

生の野菜に塩をかけて食べたのが「サラダ」の始まりということ
 
 
ちなみに、世界の他の国も、微妙な発音の違いはありますがだいたい呼び方は共通しています。
 
サラダ
 
あと、余談ではありますが、日ごろ料理に使う「サラダ油」がありますよね…。

サラダとは全く関係のない料理に使うのに、なぜ「サラダ油」と呼ぶかご存知ですか?
 
 
これは、ドレッシングなどにも使えるように、生で食することができる油ということ。

つまりは、良質な油ということです。
 
 
また、煎餅やポッキーなどに「サラダ味」ってありますよね…。

これは、「塩」と「サラダ油」で味付けしたものという意味です。
 

スポンサードリンク

 

まとめ

以上が、「サラダ」の漢字表記についてでした。

参考にしてください。
 
 
「サラダ」を漢字で書くと「撒拉托」。
 
 
ただし、私の辞書にも載っていませんでしたので…。

もしかしたら、この「撒拉托」という漢字は消滅の運命をたどるのかもしれません。

ところで、普段は平仮名やカタカナで表現する言葉でも、実は漢字がありますよ!

よかったら、下の関連記事もご覧ください。

「トマト」を漢字で書くと?表記を由来も含め解説するよ!

「ピーマン」を漢字で書くと?表記を由来も含め解説するよ!

「キウイ」を漢字表記すると?由来も含め詳しく解説するよ!

「わかめ」を漢字で書くと?由来も含めて詳しく解説するよ!

「ひじき」を漢字ではどう書く?由来含め詳しく解説するよ!

ぜひ、どうぞ。

 

関連記事と広告

-漢字

Copyright© 贈る言葉情報館 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.