言葉の使い方や意味などを深掘りしてご紹介いたします!

贈る言葉情報館

漢字

「新潟」の漢字の間違いのポイントと覚え方を解説するよ!

投稿日:

 
漢字の中でも…。

間違う確率が高いことで有名なのが「新潟県」の「潟」という字。
 
 
画数が多く、しかも形もかなり複雑です…。

そういった理由で、覚えにくいのも仕方がないことなのかもしれません…。
 
 
ですが…この「潟」という漢字…。

地名に多く使われる漢字のため、申込書や申請書など手書きの機会が多いのですよ…。

ですから、しっかりと間違わないようなコツを身に着けておかなくては…。
 
 
 
ということで、本記事では「新潟」の漢字の間違いとなるポイントと、漢字の覚え方を解説していきます。

ご期待ください!
 

スポンサードリンク

 

1.「新潟」の漢字の間違いのポイント!

漢字を間違う理由の一つに、選択肢を誤ってしまうというものがあります。

つまり、Aという形とBという形があって、「どっちだっけ?」と悩むパターン。
 
 
その間違いのパターンを知っておくだけでも、意外にも書き誤りが随分減りますよ。

まずは、正しい「潟」をご覧ください。
 
潟

そして、最大の誤記ポイントとなるのが、右側の「つくり」の下の部分です。
 
潟

上の画像のとおり。
 
 
左側の方は、「物」という漢字に使われる「勿(もち)」という字の上に、漢数字の「一」を加えていますが、これは間違い。

この「勿」+「一」は、「場」「湯」などに使われます。
 
 
特に「湯」は、「潟」と同じ「さんずい」ですし、形も似ていますよね…。

そういった理由で、部分的な混同が起きてしまうようです…。
 
 
正しくは、画像の右側のとおり、漢数字の「一」は不要で四つの「点」がまっとうな「潟」
 
 
 
次に誤記が多いポイントとなるのが、右側の「つくり」の上の部分
 
潟

上の画像のとおり、正しくは「臼(うす)」を書くのですが、間違って「白(しろ)」「日(ひ)」を書いてしまう方がいます。
 
 
実は、この間違いの原因も「湯」という漢字が犯人…。

「潟」は「臼」なのですが、「湯」は「日」になっています…。
 
 
それから、「白」も「臼」と似ていますね…。

こういった、間違いのポイントを覚えておいてください。
 

スポンサードリンク

 

2.「新潟」の漢字の覚え方!

前項では、間違いのポイントをお伝えしましたが…。

そのポイントを踏まえての、覚え方を解説します。
 
 
あらためまして、混同しやすい「湯」と「潟」の漢字をよくご覧ください。
 
潟

ポイントの、「日」ではなく「臼(うす)」であるということと…。

「勿」+「一」ではなく、漢数字の「一」は不要で四つの「点」が正しいということをまとめて…。
 
 
下の文で覚えてみてはいかがでしょうか。

「潟は湯じゃない、臼と一無し点四で間違いなし」
 
 
読み方は、以下のとおり。

「かたはゆじゃない、うすといちなしてんしでまちがいなし」
 
 
「いちなし」「てんし」「まちがいなし」の部分が韻を踏んでいます。

韻を踏むことと、語呂を良くすることで覚えやすくしました
 
 
自分なりにアレンジしていただいても構いませんし…。

たとえば「潟は湯じゃない」の部分は、削っていただいても構いません。

ですが、「潟は湯じゃない」を入れることで、「湯」の漢字を覚えることにもつながりますよ。
 

 
「潟は湯じゃない、臼と一無し点四で間違いなし」

「かたはゆじゃない、うすといちなしてんしでまちがいなし」

 
 
新潟駅
 

3.「新潟」の漢字の書き方(書き順)!

ここまでで、「潟」の漢字をマスターしていただいたと思いますが…。

もう一つの問題は「書き順」
 
 
特に「臼」の部分は、書き順がわからない方が多いのではないでしょうか?

ということで、下の画像をどうぞ。
 
潟

漢字の多くは、左から右へ、上から下へ進んでいきます。

ですから「潟」の場合は、最初に左の「さんずい」を書いて、次に右上の「臼」、そして最後は右下の「点が四つ」の順番。
 
 
そして問題の「臼」は、④と⑤までは「白」と同じ書き順、そこから⑥→⑦と進みます。

書き順を解説しているサイトはたくさんありますが、サイトの中には⑥と⑦が逆になっているものがありますので、気をつけてください
 

スポンサードリンク

 

まとめ

以上が、「新潟」の漢字の間違いとなるポイントと、漢字の覚え方についてでした。
 
 
「新潟」の漢字の間違いのポイントとなるのが、「点が四つ」の部分と「臼」です。

しかも、「点が四つ」の上に漢数字の「一」は入りませんので、気をつけてください。
 
 
あと余談ですが、下の画像のような漢字があります。
 
潟

これは、「潟」の異体字。

異体字の中でも、「略字」なのか「俗字」なのかは不明です…。

積極的に使うべき漢字ではないのかもしれませんが、一応覚えておいてください。
 
 
ちなみに、この異体字を「にいがた」や「かた」で変換してもパソコンに表示させることができません。

パソコンに出すには、文字コードである「6cfb」か「6CFB」と打って、そのまま「F5」キーを押すと表示されます。

関連記事と広告

-漢字

Copyright© 贈る言葉情報館 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.