言葉の使い方や意味などを深掘りしてご紹介いたします!

贈る言葉情報館

漢字

「材」の漢字は突き出る?どっちが正しいのか徹底的に調査!

更新日:

 
「材料」や「材質」といった使い方をする「材」という漢字。
 
 
この「材」ですが、「木へん」の右横の文字について…。

ある論争があるらしいのです…。
 
 
それは、斜めのラインが縦の棒を突き出るのか、突き出ないのかというもの。

材

材

上のように、突き出る「材」と突き出ない「材」があります。

どっちかが誤字なのか?
 
 
仮に、どっちかが誤字であるならば、そのまま使い続けるわけにはいきません!
 
 
 
そんなわけで、国として「材」の書き方をどういった判断をしているのか、徹底的に調査してみました。

本記事では、「材」の漢字は突き出るのか?正しい「材」を根拠も含めわかりやすく解説していきます。

かなり深掘りしましたので、ご期待ください!
 

スポンサードリンク

 

1.「材」の漢字は突き出る?どっちが正しい?

まずは、正しい「材」の漢字をお伝えします。
 
 
「材」の漢字は、突き出るのも正解ですし、突き出ないのも正解

要するに、出ても出なくても正しい漢字ということ。
 
 
この根拠は、国の機関である文化庁の「常用漢字表の字体・字形に関する指針(報告)について」という文書の中にあります。

どっちも正しい漢字であるということが、記載されていますよ。

文書の内容については、次の項目で詳しくお伝えします。
 
 
 
文化庁が示すとおり、パソコンのフォントでも、突き出る「材」もあれば突き出ない「材」もあり、双方の字体が普通に販売されていますよ。

下のように、「HGP教科書体」や「HG行書体」などは突き出る「材」。

【HGP教科書体】

材

【HG行書体】

材

そして、「MS明朝体」や「MSゴシック体」などは突き出ない「材」です。

【MS明朝】

材

【MSゴシック】

材

なぜ、突き出る「材」と突き出ない「材」の双方が使われるようになったのかは謎です…。
 
筆
 
ただし、印刷技術がない昔は、突き出る「材」だけが手書きされていたという説があります。

毛筆のフォントに、突き出ているタイプが多いのがその証拠。

印刷用の字体である「明朝体」や「ゴシック体」などが突き出ないのは、単なるデザイン的なものが理由とされています。
 
 
学校のテストでは、こういった細かいことが正誤判定されますので気をつけましょう。

ですが、突き出ても出なくても間違いではないことを覚えておいてください。
 

スポンサードリンク

 

2.「材」の漢字に対する文化庁の判断!

この項では、文化庁発の「常用漢字表の字体・字形に関する指針(報告)について」の内容を紹介します。

この文書は、2016年(平成28年)2月29日に出されました。
 

4 手書き(筆写)の楷書では、いろいろな書き方があるもの

手書きの楷書においては、以下に挙げるような漢字の構成要素及び漢字の例のように、字形に違いがあっても、同じ字体として認めることのできるものがある。

それらを(1)~(6)に分類して示した。
 
 
(6)その他

そのほか、漢字の点画について、いろいろな書き表し方があるものとして、以下のような例が挙げられる。

ここに挙げるような違いは、字体の判別の上で問題にならない。

ア 点画が交わるように書くことも、交わらないように書くこともあるもの

才

◇ 上記を含め、同様に考えることができる漢字の例

才
 
 

引用元:常用漢字表の字体・字形に関する指針(報告)について

 

文書では、「字形に違いがあっても、同じ字体として認めることのできるもの」の中に「才」がありました。

「材」は「才」と同様に扱うことになっています。
 
 
また、Q&Aもありましたのでどうぞ。
 

Q78

片仮名やアルファベットとの関係

「才」という字は「オ」と書くこともあると言いますが、そうすると片仮名の「オ」と見分けられないのではないでしょうか。
 
 
 

片仮名などを含め、他の文字と混同されないように書くという意味で、細部に注意することが必要な場合もあります。

ただし、文脈から判断していることも少なくありません。
 
 
「才」という漢字を手書きする場合に、最終画を縦画と交わらないように書くと、片仮名の「オ」と同じように見えます。

同様に、「又」という字の最終画をとめて書くと、片仮名の「ヌ」と同じように、また、「丁」の縦画をはねずに書くと、アルファベットの「T」と同じように、見える場合があります。

才

これらは、それぞれの文字の骨組みに関わる違いではないので、どちらの書き方をしても誤りとは言えませんが、読む側に配慮した書き方が必要な場合もあるでしょう。

ただし、例えば次に挙げるように、「工事」の「工」と片仮名の「エ」、「学力」の「力」と片仮名の「カ」は、手書きの楷書ではほとんど同じように見えることがあります。
 
 
このような場合には、文脈からどちらであるかを判断していることが多いと考えられますから、他の文字と混同されるおそれがあるというだけで、その文字を誤りであると断じるのは行き過ぎでしょう。
 
 

引用元:常用漢字表の字体・字形に関する指針(報告)について

 

これは、「才」に限ってのことですが、突き出ない「オ」でも誤字とするのは行き過ぎといっています。

最初の引用文のとおり、「材」も同様に扱うということ。
 

スポンサードリンク

 

まとめ

以上が、正しい「材」の漢字についてでした。
 
 
「材」の漢字は、突き出るのも正解ですし、突き出ないのも正解。

要するに、出ても出なくても正しい漢字ということ。
 
 
「材」を手書きする時は、気にせずに思いきって書きましょう。
 

ところで、漢字について説明させていただきましたが…。

「漢字」といえば、普段は平仮名やカタカナで表現する言葉でも、実は漢字があるものがありますよ!
 
 
よかったら、下の記事も覗いてみてください。

「サラダ」を漢字表記にすると?無いようで実はありますよ!

「トマト」を漢字で書くと?表記を由来も含め解説するよ!

「ピーマン」を漢字で書くと?表記を由来も含め解説するよ!

「わかめ」を漢字で書くと?由来も含めて詳しく解説するよ!

「ひじき」を漢字ではどう書く?由来含め詳しく解説するよ!

ぜひ、どうぞ。

 

関連記事と広告

-漢字

Copyright© 贈る言葉情報館 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.