言葉の使い方や意味などを深掘りしてご紹介いたします!

贈る言葉情報館

漢字

「恵」の旧字「ム」のタイプの出し方!3つの方法があるよ!

更新日:

 
漢字の「恵」。

名前などにも使われる、お馴染みの漢字ですが…。
 
 
時々、「恵」の中心部がカタカナの「ム」に似た漢字を目にします…。

これ、「恵」の漢字の旧字体。

恵

上の漢字ですね。
 
 
旧字ですので、現在ではほぼ使われていませんが…。

氏名などには、使われているようですね…。
 
 
 
でも、問題はこの旧字をどうやってパソコンに表示させるかということ…。

ということで本記事では、「恵」の旧字「ム」のタイプの漢字をパソコンに表示させる方法について、わかりやすく解説していきます。

かなり深掘りしましたので、ご期待ください!
 

スポンサードリンク

 

1.「恵」の旧字「ム」のタイプの漢字の出し方!

「恵」の旧字「ム」のタイプの漢字をパソコンに表示させるには、大きく3つの方法があります。

それでは、それぞれについて詳しく解説していきますね。
 

①パソコンによっては「変換」だけで出る?

現在、多くのパソコンには「恵」の旧字「ム」のタイプが登録されているようです。
 
 
したがって、パソコンによっては「恵」の漢字を表示させる手順で、「変換」キーのみで表示させることが可能

試してみてください。
 
 
たとえば、ひらがなで「めぐみ」と打ち、「変換」キーを押す。

登録されたパソコンであれば、これだけで普通の「恵」と「ム」のタイプの両方が候補として出てくるとはず。
 
 
もし、出ない場合は次項に進みます。
 

②「恵」の旧字「ム」は文字コードで!

「恵」の旧字「ム」のタイプが、漢字変換だけで表示されない場合は「文字コード」を使いましょう。
 
 
漢字にはそれぞれ「文字コード」があります。

その「文字コード」をワードなどに打ち込んで「F5」キーを押すだけで目当ての漢字を表示させることが可能
 
 
そして、「恵」の旧字「ム」のタイプの文字コードは、「5610」「582A」「60E0」の3種類。

3種類のうち、どのコードを打っても、「ム」のタイプが候補で出てきます。
 
 
たとえば、文字が変換できる状態を維持しつつ、「5610」と打って「F5」キーを押してください。

ちなみに、アルファベットは大文字でも小文字でも大丈夫。
 
 
 
また、ローマ字変換にしている場合は、日本語入力の「全角ひらがな」の設定のままでも可能です。

ローマ字変換設定の場合は、「A」キーを押すと「あ」になりますし、「E」キーを押すと「え」になりますよね。

要するに、「582A」の場合は「582あ」と、「60E0」の場合は「60え0」と打って「F5」を押しても出るということ。

パソコン
 

③「恵」の旧字「ム」はIMEパッド手書きで!

最後は、「IMEパッド手書き」を使った表示方法。
 
 
パソコンのタスクバーにある、「あ」「A」のマークを右クリックすると、下のメニューが出てきます。
 
IMEパッド手書き
 
この中の「IMEパッド」をクリックしてください。

すると、下の「IMEパッド手書き」のウインドウが現われます。
 
IMEパッド手書き
 
この左側の空白に、「恵」を正しい書き順でマウスを使って書いてください。

すると、旧字ではないタイプの「恵」が、右側の欄に候補として出てきます。

その「恵」を、右クリックしましょう。
 
IMEパッド手書き
 
上のメニューが現われますので、上から2段目の「異体字の挿入」をクリックします。

すると、右側に旧字体の「ム」の「恵」が出てきますので、その字をクリックしてください。
 
 
これで、ワードやエクセルなどに「ム」のタイプが表示されます。

最後は、「IMEパッド手書き」の右上のバッテンをクリックしてウインドウを消しましょう。
 
 
ただし、この方法は手書きが必要な分、ちょっと面倒ですね…。
 

スポンサードリンク

 

2.「恵」の旧字「ム」のタイプの漢字を変換だけで出す!

前項の①の方法で表示可能なのであれば問題ないのですが…。
 
 
それ以外の②か③の方法の場合、その都度文字コードを打ったり、その都度手書きパッドに書くのは大変ですよね…。

文字コードの場合は、番号をメモしておく必要もありますし…。
 
 
 
ですがこういった面倒も、「単語登録」することで「変換」キーだけで表示させることが可能になります

登録は簡単ですので、ぜひお試しください。
 
 
まずは、タスクバーの「あ」「A」のマークを右クリックします。
 
単語登録
 
そして、そのメニューの中の「単語の登録」をクリックしてください。

クリックすることで、下の「ダイアログボックス」が現われます。
 
単語登録
 
このダイアログボックスの、「単語」の欄に「恵」の「ム」のタイプ漢字を貼り付けます。
 
 
次に、「単語」の下にある「よみ」の欄に「読み方」を入力してください。

読み方は何でも構いませんが、「めぐみ」が無難ではないでしょうか。
 
 
最後は、一番下にある「登録」ボタンを押します。

①「単語」→②「よみ」→③「登録」の順。
 
 
ダイアログボックスが残っていますので、「閉じる」ボタンを押せば消えます。

この登録をすませば、あとはワードやエクセルなどに「めぐみ」と打って「変換」キーを押すだけで「恵」の旧字「ム」のタイプがでてきますよ。
 

スポンサードリンク

 

まとめ

以上が、「恵」の旧字「ム」のタイプの漢字をパソコンに表示させる方法についてでした。
 
 
「恵」の旧字「ム」のタイプは、「通常の変換」「文字コード」「IMEパッド手書き」といった3つの出し方があります。

さらに、一度出した「恵」の旧字「ム」のタイプは、「単語登録」することでそれ以降は「変換」キーだけで表示させることができるようになりますよ。
 
 
ぜひ、お試しください。
 

ところで、漢字について説明させていただきましたが…。

「漢字」といえば、普段は平仮名やカタカナで表現する言葉でも、実は漢字があるものがありますよ!
 
 
よかったら、下の記事も覗いてみてください。

「キウイ」を漢字表記すると?由来も含め詳しく解説するよ!

「マンゴー」を漢字表記すると?由来含め詳しく解説するよ!

「ブロッコリー」の漢字表記!由来も含め詳しく解説するよ!

「パパイヤ」を漢字で書くと?表記を由来も含め解説するよ!

「にんにく」を漢字で書くとどんな字?由来含め解説するよ!

ぜひ、どうぞ。

 

関連記事と広告

-漢字

Copyright© 贈る言葉情報館 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.