言葉の使い方や意味などを深掘りしてご紹介いたします!

贈る言葉情報館

漢字

「青」の漢字は「はらう・払わない」どっちが正しいか調査!

更新日:

 
漢字の「青」。

「青葉区」「青山」など、地名などにもよく使われる漢字ですが…。
 
 
「青」の漢字の、「月」の部分の左側を、どのように書くべきかといった揉め事があるらしいです…。

それは、「はらう」べきか「払わない」ように書くべきかといったもの…。

月

これは、「月」という漢字ですが、「月」単独であれば「はらう」書き方が一般的なような気がします…。

青

そして、上は「青」ですが、こちらは「払わない」書き方が多いのでしょうか…?
 
 
どっちが正しいの??

誤字のまま使い続けるわけにはいきません!
 
 
 
ということで、国の機関である文化庁の見解を徹底的に調査してみました。

本記事では、「青」の漢字は「はらう」「払わない」どっち?正しい「青」の書き方について根拠も含めわかりやすく解説していきます。

さらに、「青」の上の部分の横棒「三」の長さについても調べましたので、ご期待ください!
 

スポンサードリンク

 

1.「青」の漢字は「はらう・払わない」どっちが正しい?

はじめに、正しい「青」の書き方を端的にお伝えします。
 
 
「青」の漢字は、「はらう」書き方でも正解ですし、「払わない」書き方でも正解

要するに、どちらも正しい漢字ということ。
 
 
それから、「青」の上の部分の横棒「三」の長さなのですが…。

これについても、「長さ」に関する決まりはありません

極端な話、「三」のどの部分が長くても誤字ではないということ。
 
 
この根拠は、国の機関である文化庁が「常用漢字表の字体・字形に関する指針(報告)について」という文書で、明確に示してくれています。

文書の詳細については、次項で紹介しますね。
 
 
 
ちなみに、パソコンのフォントなどは下のように「払わない」形が圧倒的に多いです。

【明朝体】

青

【ゴシック体】

青

【楷書体】

青

【行書体】

青

このように、多くのフォントがピタッととめています。

それから、「三」の長さのついても、多くのフォントが真ん中の横棒が一番短く、下の横棒が一番長く書かれていますよね。
 
 
「月の左側」「三の長さ」においては、上のような書き方が多いのですが、これには理由があります!

それは、漢字の見た目

デザイン的に美しいというのが、その大きな理由なのです。
 
 
「月」単独では「はらう」書き方が一般的なのですが、「月」を漢字の一部に使う場合、その漢字によってはピタッととめた方が見栄えが良いと判断されているのです。

たとえば、「青」以外に「絹」「骨」「前」「能」「肩」などは基本「とめる」形。

逆に、「勝」「朝」「肺」「明」「朗」などは、多くのフォントが「はらう」形です。
 

スポンサードリンク

 

2.「青」の漢字に対する文化庁の見解!

続いて、国の機関である文化庁が出した、「常用漢字表の字体・字形に関する指針(報告)について」の内容を紹介します。

この文書は、平成28年(2016年)2月29日に出されました。
 

4 手書き(筆写)の楷書では、いろいろな書き方があるもの

手書きの楷書においては、以下に挙げるような漢字の構成要素及び漢字の例のように、字形に違いがあっても、同じ字体として認めることのできるものがある。

それらを(1)~(6)に分類して示した。
 
 
(4)はらうか、とめるかに関する例

漢字の点画の終筆をはらうか、とめるかについて、いろいろな書き表し方があるものとして、以下のような例が挙げられる。

ここに挙げるような点画のはらい方、とめ方の違いは、字体の判別の上で問題にならない。
 
 
ウ 左部分の縦方向の画の終筆をとめて書くことも、はらって書くこともあるもの

「はらう」「とめる」

◇ 上記を含め、同様に考えることができる漢字の例

「はらう」「とめる」

「はらう」「とめる」
 
 

引用元:常用漢字表の字体・字形に関する指針(報告)について

 

このように、「はらう」「とめる」どちらでも良いといった旨が書かれています。

そして、「月」が入る漢字の中に「青」も載っていますね。
 
書道
 
それから、横棒の長さに関する部分については下をご覧ください。
 

4 手書き(筆写)の楷書では、いろいろな書き方があるもの

手書きの楷書においては、以下に挙げるような漢字の構成要素及び漢字の例のように、字形に違いがあっても、同じ字体として認めることのできるものがある。

それらを(1)~(6)に分類して示した。
 
 
(1)長短に関する例

漢字の点画の長短にいろいろな書き表し方があるものとして、以下のような漢字の構成要素及び漢字の例が挙げられる。

ここに挙げるような長短の違いは、字体の判別の上で問題にならない。
 
 
ア 複数の横画がある漢字における、横画の長短に関するもの

漢字「どっちが長い」

◇ 上記を含め、同様に考えることができる漢字の例

漢字「どっちが長い」

漢字「どっちが長い」
 
 

引用元:常用漢字表の字体・字形に関する指針(報告)について

 

ということで、長さについても「長短の違いは、字体の判別の上で問題にならない」と書かれています。

そして、「青」も確かにありますね。
 
 
どの横棒を長く書いても、間違いではないのですが…。

漢字のバランス上、真ん中の横棒を一番短く、下の横棒を一番長く書くのが美しいと思います。
 

スポンサードリンク

 

まとめ

以上が、正しい「青」の漢字の書き方についてでした。
 
 
「青」の漢字は、「はらう」書き方でも正解ですし、「払わない」書き方でも正解。

要するに、どちらも正しい漢字ということ。

それから、「青」の上の部分の横棒「三」の長さなのですが、これについても「長さ」に関する決まりはありません。
 
 
ただし、「青」の漢字を美しく見せるためには、「とめる」、さらに「三」は真ん中の横棒を一番短く、下の横棒を一番長く書くのがおすすめです。
 

ところで、漢字について説明させていただきましたが…。

「漢字」といえば、普段は平仮名やカタカナで表現する言葉でも、実は漢字があるものがありますよ!
 
 
よかったら、下の記事も覗いてみてください。

「サラダ」を漢字表記にすると?無いようで実はありますよ!

「トマト」を漢字で書くと?表記を由来も含め解説するよ!

「ピーマン」を漢字で書くと?表記を由来も含め解説するよ!

「わかめ」を漢字で書くと?由来も含めて詳しく解説するよ!

「ひじき」を漢字ではどう書く?由来含め詳しく解説するよ!

ぜひ、どうぞ。

 

関連記事と広告

-漢字

Copyright© 贈る言葉情報館 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.