言葉の使い方や意味などを深掘りしてご紹介いたします!

贈る言葉情報館

漢字

「切」の漢字、はねるの?正しい筆運びを徹底的に調べたよ!

更新日:

 
漢字の「切」。

小学校2年で習う簡単な漢字なのですが…。
 
 
「七」と「刀」の組み合わせの中で、「七」の書き方が問題になっているようです。

それは、「七」の最後を、「①曲げてとめる」「②曲げてからはねる」「③曲げずに、『レ』のようにはねる」といった3通りの筆運びのうち、どれが正解なのかといったもの…。

切

切

切

一番上が「①曲げてとめる」、その下が「②曲げてからはねる」、一番下が「③曲げずに、『レ』のようにはねる」といった筆運びをしています。
 
 
この中で、どれが正解なのか??

よく使う漢字ですので、誤字のまま使い続けるわけにはいきません!
 
 
 
ということで、国はどういった筆運びを推奨しているのか、徹底的に調べてみました。

本記事では、「切」の漢字は「はねる」のか?正しい「切」の筆運びを根拠も含めわかりやすく解説していきます。

かなり深掘りしましたので、ご期待ください!
 

スポンサードリンク

 

1.「切」の漢字、はねるの?正しい筆運びは?

最初に、正しい「切」の筆運びを端的にお伝えします。
 
 
「切」の漢字は、「①曲げてとめる」「②曲げてからはねる」「③曲げずに、『レ』のようにはねる」これら全て正解

つまり、どういった筆運びをしても正しい漢字ということ。
 
 
正しい根拠については、国が文書で明確に示しています。

行政機関である文化庁が出した文書ですが、その内容については次項で紹介しますね。
 
 
 
実は、①~③の3通りの筆運びは、パソコンなどのフォントでも使い分けされています。

下は「教科書体」の「切」ですが、これは①の「曲げてとめる」。

【教科書体】

切

そして、下の「明朝体」「ゴシック体」は、②の「曲げてからはねる」筆運び。

【明朝体】

切

【ゴシック体】

切

最後は、③の「曲げずに、『レ』のようにはねる」筆運びをした「切」。

【楷書体】

切

【行書体】

切

このように、公式に販売されているフォントでも3通りの筆運びがあります。

つまりは、誤字ではないということ。
 
切る
 
各字体を紹介しましたが…。
 
 
学校の教科書に使われる字体が、その名の通り「教科書体」。

要するに、学校での教育では①の「曲げてとめる」字体がお手本になります。
 
 
ただし、こういった筆運び以外は全て「誤字」ということではありませんので、気をつけてくださいね
 

スポンサードリンク

 

2.「切」の漢字に対する国の見解!

前項でも触れましたが、「どういった筆運びをしても間違いではない」という根拠をお伝えしますね。

それは、「常用漢字表の字体・字形に関する指針(報告)について」という、文化庁から平成28年(2016年)2月29日に出された文書です。
 

4 手書き(筆写)の楷書では、いろいろな書き方があるもの

手書きの楷書においては、以下に挙げるような漢字の構成要素及び漢字の例のように、字形に違いがあっても、同じ字体として認めることのできるものがある。

それらを(1)~(6)に分類して示した。
 
 
(5)はねるか、とめるかに関する例

漢字の点画の終筆をはねるか、とめるかについて、いろいろな書き表し方があるものとして、以下のような例が挙げられる。

ここに挙げるような点画のはね方、とめ方の違いは、字体の判別の上で問題にならない。
 
 
イ 縦に下ろして右に曲げる点画(乚)の終筆を、とめて書くことも、はねて書くこともあるもの

はねる
 
◇ 上記を含め、同様に考えることができる漢字の例

はねる
 
 

引用元:常用漢字表の字体・字形に関する指針(報告)について

 

2つある画像のうち、上の画像では「改」という漢字が例になっています。

「改」の「己」の部分が、まさに「①曲げてとめる」「②曲げてからはねる」「③曲げずに、『レ』のようにはねる」の3通りの筆運びをしていますが、どれも間違いではない旨が説明されていますね

その下の画像には、「切」も載っています
 
 
それから、Q&A集もありましたので、どうぞ。
 

Q45

はねるか、とめるか(「改」など)

例えば、「改」という漢字の「己」の最後のように、印刷文字でははねていますが、学校でははねないと教わった漢字があります。

どちらが正しいのでしょうか。
 
 
 

どちらで書いても誤りではありません。

手書きの楷書では、とめる書き方が多く見られますが、明朝体では、はねているのが一般的です。

「改」については、「字体についての解説」にも、両方の書き方があることが下記のように例示されています。

改

伝統的に、手書きの楷書では、明朝体のようにはねる形で書くことは少ないのですが、戦後の教科書にも、次のように、はねる形の例が見られます。

どちらも誤りではありません。

改

はねるか、とめるかについて、同様に考えられる部分を持った漢字には「役」、「化」、「起」、「空」、「指」、「酒」、「切」、「比」、「陸」などを挙げることができます。

また、「字体についての解説」に示されているとおり、「改」の3画目や「切」の2画目などは、右上方向に折ってぬくように書かれることもあります。
 
 

引用元:常用漢字表の字体・字形に関する指針(報告)について

 

このQ&Aは、「改」の「己」の部分に対するものですが…。
 
 
後半の方で、「切」の2画目も同じ扱いということが書かれています

要するに、とめても、はねても、「レ」のように書いても間違いではないということ。
 

スポンサードリンク

 

まとめ

以上が、正しい「切」の筆運びについてでした。
 
 
「切」の漢字は、「①曲げてとめる」「②曲げてからはねる」「③曲げずに、『レ』のようにはねる」これら全て正解。

つまり、どういった筆運びをしても正しい漢字ということ。
 
 
手で「切」を書く時は、気にせずに堂々と書いてください。
 

ところで、漢字について説明させていただきましたが…。

「漢字」といえば、普段は平仮名やカタカナで表現する言葉でも、実は漢字があるものがありますよ!
 
 
よかったら、下の記事も覗いてみてください。

「サラダ」を漢字表記にすると?無いようで実はありますよ!

「トマト」を漢字で書くと?表記を由来も含め解説するよ!

「ピーマン」を漢字で書くと?表記を由来も含め解説するよ!

「わかめ」を漢字で書くと?由来も含めて詳しく解説するよ!

「ひじき」を漢字ではどう書く?由来含め詳しく解説するよ!

ぜひ、どうぞ。

 

関連記事と広告

-漢字

Copyright© 贈る言葉情報館 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.