言葉の使い方や意味などを深掘りしてご紹介いたします!

贈る言葉情報館

漢字

「北」の漢字はどっちが正しい?根拠を含め徹底解説するよ!

更新日:

 
「北」という漢字。
 
 
5画しかなく、比較的簡単な漢字です。

簡単な漢字ではあるのですが…。
 
 
この「北」に関して、一つの問題があるらしい…。

それは、「北」の左側の部分で、2画目の縦棒が「下に突き出る」、または、3画目の横棒が「右に突き出る」、というこの2通りのうちどっちが正しいのかという問題。

北

北

上の「北」は縦棒が下に突き出るスタイルで、下の「北」は横棒が右に突き出るスタイルです。
 
 
どっちが正解なのか??

結構多用する「北」ですので、放っておくわけにはいきません!
 
 
 
ということで、国の機関である文化庁の見解を徹底的に調査してみました。

本記事では、正しい「北」の漢字について、その根拠も含めわかりやすく解説していきます。

かなり深掘りしましたので、ご期待ください!
 

スポンサードリンク

 

1.「北」の漢字はどっちが正しい?

最初に、正しい「北」の漢字をお伝えします。

「北」の漢字は、縦棒が下に突き出しても正解ですし、横棒が右に突き出しても正解

つまり、どっちの「北」も正しい漢字ということ。
 
 
この件については、「文化庁」の「常用漢字表の字体・字形に関する指針(報告)について」という文書の中に、「同じ字体である」と記載されています。

文書の詳細については、次項でお伝えしますね。
 
 
実は、パソコンのフォントの種類によって「縦棒が下に突き出す北」と「横棒が右に突き出す北」が存在しています。

印刷用の字体である、「明朝体」や「ゴシック体」は以下のとおり縦棒が下に突き出す形状。

【明朝体】

北

【ゴシック体】

北

そして、手書きの文字がモデルの「教科書体」や「楷書体」などは横棒が右に突き出でています。

【教科書体】

北

【楷書体】

北

なぜ、2通りの「北」が存在しているのか、ハッキリとした理由はわかりませんが…。
 
 
もしかしたら、印刷用の漢字と、手書き用の漢字とで、デザイン的な差異が生まれたのではないでしょうか…??

実際に、印刷用の字体である「明朝体」「ゴシック体」と、手書き用の字体である「教科書体」「楷書体」とでスタイルが違いますし…。
 
 
とにもかくにも、どっちの「北」も正しい漢字です。
 

スポンサードリンク

 

2.「北」の漢字に対する文化庁の見解!

続いて、「文化庁」の「常用漢字表の字体・字形に関する指針(報告)について」の内容をお伝えします。

この文書は、平成28年(2016年)2月29日のもの。
 

図8には、左に手書き文字、右に印刷文字の一例をそれぞれ示している。

これらは、手書き文字と印刷文字との間に比較的大きな形状の違いが生じているものの例であるが、通常、3組ともに、同じ骨組みを有する同一の漢字として認識される。

これらは、別々の発展を遂げてきた手書き文字、印刷文字それぞれの表し方の習慣を踏まえた上で、同じ字体であると判断されているものである。
 
 
図8 手書き文字と印刷文字それぞれの表し方の習慣に基づく字形の違い

引用元:常用漢字表の字体・字形に関する指針(報告)について

 
北
 
ということで、どちらの「北」も「同じ字体」と記載されています。
 
方位磁針
 
ちなみに、本文には図8に「3組」の漢字が紹介されていました。

「北」以外では、「心」と「令」。
 
 
「心」も印刷用と手書きでは点の位置に違いがありますし、「令」に関しても「マ」と「アア」の形状が存在します。

「心」「令」ともに、どちらのスタイルも間違いではありません。
 

スポンサードリンク

 

まとめ

以上が、正しい「北」の漢字についてでした。
 
 
「北」の漢字は、「縦棒が下に突き出し」ても「横棒が右に突き出し」ても、どっちも正解。
 
 
細かい部分を、気にする必要はありません。

「北」を手書きする時は、気にせずに思い切って書いてください。

ところで、漢字について説明させていただきましたが…。

「漢字」といえば、普段は平仮名やカタカナで表現する言葉でも、実は漢字があるものがありますよ!
 
 
よかったら、下の記事も覗いてみてください。

「サラダ」を漢字表記にすると?無いようで実はありますよ!

「トマト」を漢字で書くと?表記を由来も含め解説するよ!

「ピーマン」を漢字で書くと?表記を由来も含め解説するよ!

「わかめ」を漢字で書くと?由来も含めて詳しく解説するよ!

「ひじき」を漢字ではどう書く?由来含め詳しく解説するよ!

ぜひ、どうぞ。

 

関連記事と広告

-漢字

Copyright© 贈る言葉情報館 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.