言葉の使い方や意味などを深掘りしてご紹介いたします!

贈る言葉情報館

文書

「移転」と「転居」の違い!同じ様に使ってはいけない場合が!

更新日:

 
住所が変わる場合、知人に対して新住所をお知らせします。

その時はハガキだったり、メールだったり。

方法は様々ですね。
 
 
では、その文面で使う言葉は「移転」ですか?「転居」ですか?

「移転」と「転居」、同じような意味にみえますが、実は使い分けが必要な場合があるようす…。
 
 
ということで、本記事では「移転」と「転居」の意味の違いと使い分けについて、わかりやすく解説していきます。

かなり深掘りしましたので、ご期待ください!
 

スポンサードリンク

 

1.「移転」と「転居」の意味の違い!

まずは、「移転」と「転居」の意味の違いを端的にお伝えします。

「移転」は、「場所」「住所」を移すこと。

一方の「転居」は、「住んでいる建物」、つまり「家」を移ることです。

 
「場所」を移すのか、「家」を移るのかの違いですね。

では、ここからはもう少し詳細に、わかりやすく説明していきまね。
 

①「移転」と「転居」の違いのポイント!

「移転」も「転居」も、どちらも「移る」「移す」という部分は共通しています。
 
 
違いは、「移転」が「場所」「住所」で、「転居」は「住居」であるということ。
 
 
「場所」「住所」とは、所在地のことです。

ですから、「○○町5-2」から「□□町4-7」へ移る場合が「移転」ということですね。
 
 
そして、「転居」の意味する「住居」とは、「住んでいる建物」ということです。

要するに、現在住んでいる「家」から、隣町の「新築住宅」に移ることですね。
 
 
この場合は、「場所」「住所」も移るので、「移転」であるともいえます。

ですから、このケースでは「移転」=「転居」となります。
 
 
では、「移転」≠「転居」、イコールにならないケースがあるのか?

それは、人が住んでいない「店舗」や「生産工場」などが移る場合。

人が住んでいない建物の場合は、「転居」とはいいません。
 
 
要するに、大きな「移転」の意味の中に、「転居」の意味が含まれるのですね。

ダンボール
 

②「移転」は他にも移るものがある!

「移転」には「場所」「住所」以外に、「権利」を移す意味もあります。

「権利」とは、主に「所有権」「著作権」「商標権」など。
 
 
たとえば、マンションを購入したとしても、他人に売却する場合がありますよね。

この時、「マンションの所有権を移転する」といいます。
 
 
普段、頻繁に使うものではありませんが、「場所」「住所」以外に「権利」にも使うことを覚えておきましょう。

商標
 

③「移転」と「転居」の違いを整理!

では、ここで一旦「移転」と「転居」の違いを整理します。
 
 
「場所」「住所」を移すのが「移転」

「住居」を移るのが「転居」です。
 
 
通常は、「住所」も移り「住居」も移るケースが多いので、そういった場合は「移転」と「転居」のどちらを使っても間違いではありません。

ただし、人が住んでいない「店舗」「オフィス」などの住所が移る場合は「移転」です。

このケースで、「転居」を使ってはいけませんよ。
 

スポンサードリンク

 

2.「移転」と「転居」の辞書での意味!

続いて、辞書による「移転」と「転居」の意味がどうなっているのか一応確認していきます。
 

①「移転」の辞書での意味!

【移転】

①(事務所・役所などの)場所・住所を移すこと。転居。「会社を―する」「―届」

②権利を他に移すこと。「―登記」

引用元:旺文社国語辞典

「場所」「住所」と「権利」を移すことですね。

説明したとおりの内容です。
 

②「転居」の辞書での意味!

【転居】

・住居を変えること。引っ越し。

引用元:旺文社国語辞典

「住居」とは、説明したとおり人が住む建物のことです。

家族
 

3.「移転」と「転居」の使い方!

今度は、「移転」と「転居」の使い方を例文で紹介します。
 

①「移転」の使い方!

・生産工場を首都圏から東北地方へ移転することとした。

・転勤に伴い移転手続きを進める。

・仮住まいだったアパートから新築住宅へ移転する。

・債権を他人に移転することが決まった。

・権利の売買は、売主がその権利を取得して買主に移転する義務があります。
 

②「転居」の使い方!

・郵便局の窓口に転居届を提出する。

・市内で移る場合は、市役所に転居届を提出します。

転居した場合の住民税を支払うべき市町村を確認する。

転居祝いに観葉植物をいただいた。

転居のお知らせハガキを郵送させていただきます。

ハガキ
 

4.「移転」や「転居」には似た意味の言葉がたくさんある!

「移転」や「転居」には似た意味の言葉がたくさんありますよ。

下の関連記事も、覗いてみてください。

「移転」と「転移」の違いを解説!実は意外な差異があったよ!

「移設」と「移転」の違い!わかりやすく例文で解説するよ!

「移転」と「移店」の違いを解説!なんと!驚きの事実が…!

「移転」と「引っ越し」の違い!実は意外な差異がありました!

 
ぜひ、参考にしてみてくださいね。
 

スポンサードリンク

 

まとめ

以上が、「移転」と「転居」の意味の違いと使い分けについてでした。
 
 
「移転」とは、「場所」「住所」を移すこと。

「転居」とは、「住居」つまり「住んでいる家」を移ることです。
 
 
一般的に、「家」が移る場合は「住所」も移りますので、「移転」であり「転居」でもあるということ。

ですが、人が住んでいない「店舗」や「オフィス」の場所を移す場合は、「移転」ではありますが「転居」ではありまあせん。

関連記事と広告

-文書

Copyright© 贈る言葉情報館 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.