言葉の使い方や意味などを深掘りしてご紹介いたします!

贈る言葉情報館

文書

「相互」と「交互」の違い!意味を徹底的に深掘りしてみた!

更新日:

 
「相互」と「交互」。

似ていますよね…。
 
 
ちなみに、「おたがい」の「互」という字が共通しています。

つまりは、どちらも「おたがい」が関係していると思われますが…。

では、何がどう違うのか…??
 
 
 
ということで、この2つの言葉の意味を徹底的に分析してみましたよ!

やはり、「相互」と「交互」には明確な違いがありました!
 
 
本記事では、「相互」と「交互」の意味の違いと使い分けについて、具体例でわかりやすく解説していきます。

かなり深掘りしましたので、ご期待ください!
 

スポンサードリンク

 

1.「相互」と「交互」の意味の違い!

最初に、「相互」と「交互」の意味の違いを簡潔にお伝えします。

「相互」とは、お互いに関係のある両方、また、その両方が同じことをしあうこと。

「交互」とは、互い違いのこと、また、かわるがわるすること。

 
一言で表現すると、こういった違いです。

それでは、さらに詳細に紐解いていきますね。
 

①「相互」の意味とは!

「相互」は、お互いに関係のある両方、また、その両方が同じことをしあうこと

お互いに関係がある双方が「相互」、そして、さらにその双方が同じことしあうことも「相互」です。
 
 
 
たとえば、集団で体操教室が開催されていたとしましょう。

そこで先生が、「それでは、二人ずつに組になって、お互いに向き合ってください」と言ったとします。

この二人の状態が「相互」。

「組」という関係性がある双方です。
 
 
ですから、この例文の「お互い」を「相互」に置き換えることが可能です。

「それでは、二人ずつに組になって、相互に向き合ってください」

これが、「相互」の一つ目の意味「お互いに関係のある両方」ということ。
 
 
 
さらに先生が、「それでは二人で、右手で握手しお互いに引っ張り合ってください」と言いました。

「お互いに手を引っ張り合う」、これはつまり「相互」の二つ目の意味である「その両方が同じことをしあう」です。
 
 
 
関係のある双方で「相互」、しかもその双方が同じことをしあう、これも「相互」ということ。

握手
 

②「交互」の意味とは!

「交互」は、互い違いのこと、また、かわるがわるすること

「交互」も意味が二つです。
 
 
 
まず、一つ目の「交互」の意味「互い違い」から説明しますね。

これは、違うものが順番に入れ代わるということ。
 
 
たとえば、織物の糸を想像してみてください。

たと糸とよこ糸が互い違いに織り込まれていますよね。

これは、「たて糸とよこ糸が交互に織り込まれている」という例文が成り立ちます。
 
 
 
そして、二つ目の「交互」の意味が「かわるがわるすること」。

たとえば、二人で長距離運転をしたとしましょう。

そこで、「かなりの長距離なので、一時間ごとに二人でかわるがわる運転しましょう」と言ったとします。
 
 
これが「交互」。

ですから、例文の「かわるがわる」を「交互」に置き換えても文章が成立します。

「かなりの長距離なので、一時間ごとに二人で交互に運転しましょう」といった具合。
 
 
 
この「互い違い」と「かわるがわる」は、意味が非常に似ています。

同じ意味といっても良いのかもしれませんが…、わかりやすく解説する意味であえて分けてみました…。

機織り
 

③「相互」と「交互」の違いを整理!

それでは、ここで一度「相互」と「交互」の違いを整理します。
 
 
お互いに関係のある両方、また、その両方が同じことをしあうことが「相互」。

互い違いのこと、また、かわるがわるすることが「交互」です。
 
 
「相互」は、「AとBが向き合う」「AとBが引っ張り合う」。

「交互」は、「AグループとBグループが互い違いに並ぶ」「AグループとBグループがかわるがわる食事をとる」ですね。
 

スポンサードリンク

 

2.「相互」と「交互」の辞書での意味!

続いて、辞書による「相互」と「交互」の意味がどうなっているのか確認していきます。
 

①「相互」の辞書での意味!

【相互】

・たがいに働きかけがあること。「―作用」「―乗り入れ」

引用元:旺文社国語辞典

説明したとおりですが…。

他の辞書では、「働きかけがない時点」、つまり「お互い」という段階でも「相互」は成立します。
 

②「交互」の辞書での意味!

【交互】

・(「交互に」の形で副詞的に用いて)たがい違い。かわるがわる。「左右―に動かす」

引用元:旺文社国語辞典

こちらは、完全に説明どおりですね。

ダーツ
 

3.「相互」と「交互」の使い方!

次に、「相互」と「交互」の使い方を例文で紹介します。
 

①「相互」の使い方!

・この提携により両社は相互に補完し合うノウハウを持ち寄る。

・工業団地内の各社と連携し、 環境活動が適正に行われているかを相互に確認する

・感染防止のため、入所者相互に交流するレクリエーション等は中止とします。

・基本的には一方通行ではなく相互のコミュニケーションが大切。
 

②「交互」の使い方!

・キャスト陣のインタビューと、撮影風景が交互に映し出される映像。

・過去の物語と現代の物語が、交互に入れ替わってお話が進んでいく。

・日本語と英語で交互に掛け合う「バイリンガル会話」を配信。

・まだ寒さと暖かさが交互にやってくる体調を壊しやすい季節。

寒い
 

4.「相互」や「交互」には似た意味の言葉がたくさんある!

「相互」や「交互」には似た意味の言葉がたくさんありますよ。

下の関連記事も、覗いてみてください。

「同じ」と「一緒」の違い!わかりやすく例文で解説するよ!

「共に」と「一緒に」の違いを解説!実は意外な差があった!

「同一」と「同様」の違い!意味を徹底的に深掘りしてみた!

 
ぜひ、参考にしてみてくださいね。
 

スポンサードリンク

 

まとめ

以上が、「相互」と「交互」の意味の違いと使い分けについてでした。
 
 
「相互」は、お互いに関係のある両方、また、その両方が同じことをしあうこと。

「交互」は、互い違いのこと、また、かわるがわるすること。
 
 
ちなみに、「相互」の「相」は「おたがいに」という意味があります。

「相愛」や「相談」は、この意味。
 
 
そして、「交互」の「交」は「かわるがわる」という意味があります。

「交換」「交代」という言葉に使われています。

関連記事と広告

-文書

Copyright© 贈る言葉情報館 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.