言葉の使い方や意味などを深掘りしてご紹介いたします!

贈る言葉情報館

文書

「送信」と「配信」の違い!意外な差をわかりやすく解説!

更新日:

 
「送信」と「配信」。

まぎらわしい…、といいますか…意味が違うのだろうか??

ん…?
 
 
ですが、「メールを送信しました」といいますが、「メールを配信しました」となるとなにかおかしいです…。

ということは、「送信」と「配信」は意味が違うということ…??
 
 
 
そんなわけで、この2つの言葉の意味を徹底的に分析してみましたよ!

やはり、「送信」と「配信」には確かな違いがありました!
 
 
本記事では、「送信」と「配信」の意味の違いと使い分けについて、わかりやすく解説していきます。

かなり深掘りしましたので、ご期待ください!
 

スポンサードリンク

 

1.「送信」と「配信」の意味の違い!

まずは、「送信」と「配信」の意味の違いを端的にお伝えします。

「送信」とは、特定の相手に対し通信のための信号などを送ること。

「配信」とは、報道機関や企業などが特定の相手に対し情報などを送ること。

 
一言であらわすと、こういった違いです。

それでは、さらに詳しく紐解いていきますね。
 

①「送信」の意味とは!

「送信」は、特定の相手に対し通信のための信号などを送ること。

ポイントとなるのが「通信のため」と「信号」という部分。
 
 
 
1つめのポイントである「通信」とは、意思を伝達するということです。

たとえば、「電子メールで仕事を依頼する」というのが「通信」。

これは、自分から相手に対し「仕事をお願いしたい」という意志を伝達しています。

ですから、この場合は「仕事依頼の電子メールを送信した」といった言い方になりますね。
 
 
 
2つのめのポイントが「信号」

「信号」とは、相手に伝達するための「サイン」や「シグナル」のこと

その手段には、「音」「光」「電波」「電話回線」「インターネット回線」などがあります。
 
 
たとえば、「ファックスを送信する」といった場合は電話回線を利用して意思を伝達します。

「ラインでメッセージを送信する」といった場合は携帯電話回線なので、電波ですね。

そして、「電子メール」の場合はインターネット回線。
 
 
 
ですから、「手紙」や「伝書バト」の場合は、信号ではありませんので「送信」とはいいません。

つまり、「手紙を送信する」とは言わないのですね。

手紙
 

②「配信」の意味とは!

「配信」は、報道機関や企業などが特定の相手に対し情報などを送ること。

ポイントは「報道機関や企業」という部分

「送信」の方は、「誰が」という定義がありませんので、この部分が最大の違いです。
 
 
 
基本的に、「配信」する側は「通信社」「新聞社」「放送局」といった報道機関。

その報道機関から、別の報道機関や企業に対してニュースや情報などを送ること、これが「配信」です。
 
 
また、送る側が報道機関ではなく、企業の場合もありますよ。

企業から別の企業へ、また同一の企業でも本社から支社へ送ること、これも「配信」です。

そして、「配信」する対象となるものは、意思の伝達というよりは「ニュース」「情報」といったものが多くなります。
 
 
 
それから、企業からメールマガジンや映像・音楽などを特定の人物に対して送ることも「配信」といいます。

この場合は、「ネット配信」といいますね。

パソコン
 

③「送信」と「配信」の違いを整理!

それでは、ここで一度「送信」と「配信」の違いを整理します。
 
 
特定の相手に対し、通信のための信号などを送ることが「送信」。

報道機関や企業などが、特定の相手に対し情報などを送ることが「配信」。
 
 
「送信」は送る側の定義はありませんが、「配信」は報道機関や企業などが送ります。

 

スポンサードリンク

 

2.「送信」と「配信」の辞書での意味!

続いて、辞書による「送信」と「配信」の意味がどうなっているのか確認していきます。
 

①「送信」の辞書での意味!

【送信】

・電信や電話などで、通信のための信号を送り出すこと。「―機」↔受信

引用元:旺文社国語辞典

説明どおりの内容ですね。
 

②「配信」の辞書での意味!

【配信】

・通信社などが新聞社・放送局などの報道機関にニュースや情報を供給すること。

引用元:旺文社国語辞典

「通信社などが」とありますので、説明したとおりです。

カメラマン
 

3.「送信」と「配信」の使い方!

次に、「送信」と「配信」の使い方を例文で紹介します。
 

①「送信」の使い方!

・内容はクルマの運転支援システムに送信され、安全性能の向上に大きく貢献する。

・伝達事項を固定カメラで撮影した映像とともに海保本庁に送信した。

・スタッフへの連絡メールにおいて誤送信が発生しメールアドレスが流出した。

・入力内容は暗号化され送信されます。
 

②「配信」の使い方!

・記事を集めて配信する「巨人」プラットフォーマー。

・メールニュース配信停止をもって退会となります。

・メディアや一般企業などへの情報配信事業に力を注いでいます。

・ホテル会員向けLINE配信システムを構築。

スマホ
 

4.「送信」や「配信」には似た意味の言葉がたくさんある!

「送信」や「配信」には似た意味の言葉がたくさんありますよ。

下の関連記事も、覗いてみてください。

「発信」と「配信」の違いを解説!やはり明確な差があったよ!

「放送」と「放映」の違いを解説!実は意外な差があったよ!

「報道」と「放送」の違い!わかりやすく徹底解説するよ!

 
ぜひ、参考にしてみてくださいね。
 

スポンサードリンク

 

まとめ

以上が、「送信」と「配信」の意味の違いと使い分けについてでした。
 
 
「送信」は、特定の相手に対し通信のための信号などを送ること。

「配信」は、報道機関や企業などが特定の相手に対し情報などを送ること。
 
 
一般的に報道機関や企業が送る場合は「配信」、誰でも送ることができるのが「送信」です。

関連記事と広告

-文書

Copyright© 贈る言葉情報館 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.