言葉の使い方や意味などを深掘りしてご紹介いたします!

贈る言葉情報館

文書

「公演」と「講演」の違い!意外な差異をわかりやすく解説!

更新日:

 
「公演」と「講演」。

漢字の読み方は、どちらも「こうえん」です。

まぎらわしですよね…。
 
 
日本語は、「科学」と「化学」のように、こういった言葉が多いです…。

そして、この「公演」と「講演」では実は全く意味が違うようで…。

ということで、この2つの言葉の意味を徹底的に分析してみましたよ!
 
 
本記事では、「公演」と「講演」の意味の違いと使い分けについて、わかりやすく解説していきます。

かなり深掘りしましたので、ご期待ください!
 

スポンサードリンク

 

1.「公演」と「講演」の意味の違い!

最初に、「公演」と「講演」の意味の違いを簡潔にお伝えします。

「公演」とは、多くの観客の前で劇や音楽などを演じること。

「講演」とは、多くの観客に向かってある題目についての話をすること。

 
一言であらわすと、こういった違いです。

それでは、微妙な部分を含めさらに詳しく紐解いていきますね。
 

①「公演」の意味とは!

「公演」も「講演」も、どちらも多くの観客に向かって行うということは共通の部分。
 
 
しかし、「公演」で行うことは「演じる」です。

「演じる」というのは、「芝居」「音楽」「舞踏」などをやって見せること
 
 
たとえば、「コンサート」や「サーカス」「バレエ」などがあります。

そして、実際にやって見せるという部分がポイント。
 
 
 
ですから、「映画」の場合は「公演」ではありませんよ。

確かに「映画」は、俳優が演じます。

ただし、演じたものを撮影し、そして収録したものを後日観客に見せますよね。
 
 
この場合は、直接やって見せるというものではありません。

ですから、「映画」の場合は「公演」ではなく「上映」となります。

コンサート
 

②「講演」の意味とは!

「講演」も、多くの観客に向かって行います。

ただし、「講演」ですることはあるテーマに関するお話

「演じる」のではなく、「話す」のです。
 
 
たとえば、「経済評論家の○○氏講演会、テーマは『リフレ政策の必要性』」といったもの。

必ず「テーマ」が存在します。

そして、ただ「話す」のではありません。

「話す」ことで、多くの観客が「知識」や「見聞」を広げるものでなくてはならないのです。
 
 
 
ですから、「漫才」や「落語」「講談」も話すことではありますが、これは「講演」とはいいません。

「漫才」も「落語」「講談」も、観客を楽しませるための「芸」であり、知識や見聞を広げる目的のものではありません。

つまり、「落語」も「漫才」も「公演」ということになります。

学会
 

③「公演」と「講演」の違いを整理!

それでは、ここで一度「公演」と「講演」の違いを整理します。
 
 
多くの観客の前で劇や音楽などを演じるのが「公演」

直接やって見せることなので、「映画」は「公演」とはいいません。
 
 
多くの観客に向かってある題目についての話をするのが「講演」

「漫才」や「落語」は話すことですが、知識や見聞を広げるためのものではありませんので、「講演」ではなく「公演」です。
 

スポンサードリンク

 

2.「公演」と「講演」の辞書での意味!

続いて、辞書による「公演」と「講演」の意味がどうなっているのか確認していきます。
 

①「公演」の辞書での意味!

【公演】

・多数の観客の前で劇・音楽・舞踏などを演じること。「追加―」

引用元:旺文社国語辞典

「演じる」とあります。

説明どおりの内容ですね。
 

②「講演」の辞書での意味!

【講演】

・ある題目について大勢の人に向かって話をすること。また、その話。「―会」

引用元:旺文社国語辞典

その目的までは記載されていませんが、前の項目で説明したとおりの内容です。

講演会場
 

3.「公演」と「講演」の使い方!

次に、「公演」と「講演」の使い方を例文で紹介します。
 

①「公演」の使い方!

・宝塚歌劇団の公演スケジュールを確認する。

・歌舞伎座の公演チケットを購入した。

・ヴァイオリンリサイタルの公演情報。

・「シカゴ」のニューヨーク公演の日程。
 

②「講演」の使い方!

講演会の講師に対し謝礼をお渡しする。

・スケジュールの都合で講演依頼をお断りする。

講演会の司会進行役をつとめる。

・育児をテーマにした講演の講師適任者をさがす。

赤ちゃん
 

4.「公演」や「講演」には似た意味の言葉がたくさんある!

「公演」や「講演」には似た意味の言葉がたくさんありますよ。

下の関連記事も、覗いてみてください。

「講話」と「講演」の違いを解説!実は意外な差があったよ!

「講演」と「講義」の違い!わかりやすく徹底解説するよ!

 
ぜひ、参考にしてみてくださいね。
 

スポンサードリンク

 

まとめ

以上が、「公演」と「講演」の意味の違いと使い分けについてでした。
 
 
「公演」は多くの観客の前で劇や音楽などを演じることで、「講演」は多くの観客に向かってある題目についての話をすること。

「演じる」と「話す」の違いです。
 
 
ただし、「漫才」も話すことに違いないのですが、「漫才」は「話芸」ですので「演じる」「公演」が当てはまります。

ただし、「漫才師」や「落語家」が話芸を披露するのではなく、自分の人生経験についての話をするのは「公演」ではなく「講演」ですよ。

関連記事と広告

-文書

Copyright© 贈る言葉情報館 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.