言葉の使い方や意味などを深掘りしてご紹介いたします!

贈る言葉情報館

文書

「講話」と「講演」の違いを解説!実は意外な差があったよ!

更新日:

 
「講話」と「講演」。

これって、確かどちらも「話す」ことだったような…。

ということは、「講話」と「講演」は同じ意味…??
 
 
と思いきや、実は似ているようで違いがあるようです…。

ということで、この2つの言葉の意味を徹底的に分析してみましたよ!
 
 
本記事では、「講話」と「講演」の意味の違いと使い分けについて、わかりやすく解説していきます。

かなり深掘りしましたので、ご期待ください!
 

スポンサードリンク

 

1.「講話」と「講演」の意味の違い!

最初に、「講話」と「講演」の意味の違いを簡潔にお伝えします。

「講話」とは、たくさんの人に対しわかりやすく説明し聞かせること。

「講演」とは、たくさんの人に対しある題目について話をすること。

 
短く表現すると、こういった違いです。

それでは、さらにわかりやすく紐解いていきますね。
 

①「講話」の意味とは!

「講話」も「講演」も、どちらもたくさんの人に対し話すこと。

この部分は共通しています。
 
 
ただし、「講話」はただ話すだけではありません

わかりやすく説明するのです。

相手がよく理解できるように、わかりやすく話すこと、これが「説明」する「講話」の特徴。
 
 
そして「講話」は、ある「テーマ」について説明が行われます。

わかりやすく説明し、より多くの人に理解してもらうことが目的ですので、そのテーマはやや堅いものになる傾向があります。
 
 
たとえば、「安全」や「健康」、「法律」などといったもの。

そして、そういった「講話」の講師はその道の専門家が多くなります。

特許法
 

②「講演」の意味とは!

「講演」もたくさんの人に対し話すのですが、わかりやすく説明するというものではありません

講師のペースで話が展開されます。
 
 
というのも、それほど堅苦しいテーマではないことが多いことから、話しがスムーズに進んで行くのですね。

つまり、人の興味を引くテーマが多くなるということ。
 
 
講師は、その道の専門家の場合もありますが、多くが有名人です。

オリンピック出場経験がある元アスリートや作家、芸能人など。
 
 
たとえば、講師がバルセロナオリンピック金メダリストの「古賀稔彦氏」、テーマは「夢の実現へ向けて」といったもの。

たとえば、ですよ。

なんとなく、興味が湧きませんか?
 
 
ですから、「講話」と比較して、「ぜひ参加したい」という希望者が多く集まる傾向があります。

金メダル
 

③「講話」と「講演」の違いを整理!

それでは、ここで一度「講話」と「講演」の違いを整理します。
 
 
たくさんの人に対し、わかりやすく説明し聞かせるのが「講話」

たくさんの人に対し、ある題目について話をするのが「講演」
 
 
「説明する」と「話す」の違いです。
 

スポンサードリンク

 

2.「講話」と「講演」の辞書での意味!

続いて、辞書による「講話」と「講演」の意味がどうなっているのか確認していきます。
 

①「講話」の辞書での意味!

【講話】

・ある事柄について、聴衆にわかりやすく説明して聞かせること。また、その話。

引用元:旺文社国語辞典

「わかりやすく説明」とあります。

説明どおりの内容ですね。
 

②「講演」の辞書での意味!

【講演】

・ある題目について大勢の人に向かって話をすること。また、その話。「―会」

引用元:旺文社国語辞典

「説明する」ではなく、「話をする」です。

説明どおりですね。

講演会
 

3.「講話」と「講演」の使い方!

次に、「講話」と「講演」の使い方を例文で紹介します。
 

①「講話」の使い方!

・会社の産業医による衛生講話が行われる。

・10日は南高校で交通安全講話の予定。

・破産法に関する講話の講師を依頼する。

・医療に関する講話でテーマは看護についてです。
 

②「講演」の使い方!

・映画「ビリギャル」のモデル小林さやかさんの講演会に行く。

講演会のテーマはリーダーシップ、講師はスポーツジャーナリスト二宮清純さん。

・接客に特化した講演の講師を依頼する。

講演の謝礼の相場は人によって様々。

講演会
 

4.「講話」や「講演」には似た意味の言葉がたくさんある!

「講話」や「講演」には似た意味の言葉がたくさんありますよ。

下の関連記事も、覗いてみてください。

「公演」と「講演」の違い!意外な差異をわかりやすく解説!

「講演」と「講義」の違い!わかりやすく徹底解説するよ!

 
ぜひ、参考にしてみてくださいね。
 

スポンサードリンク

 

まとめ

以上が、「講話」と「講演」の意味の違いと使い分けについてでした。
 
 
「講話」はたくさんの人に対しわかりやすく説明し聞かせることで、「講演」はたくさんの人に対しある題目について話をすることです。

違いの最大のポイントは、「講話」は「説明」で「講演」は「話す」ということ。
 
 
「説明」の「講話」は、比較的堅苦しいものになる傾向があります。

関連記事と広告

-文書

Copyright© 贈る言葉情報館 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.