言葉の使い方や意味などを深掘りしてご紹介いたします!

贈る言葉情報館

文書

「可決」と「承認」の違い!意味を徹底的に深掘りしてみた!

更新日:

 
「可決」と「承認」。

国会や地方議会に関するニュースで出てくる言葉です。

でも、よく考えてみると、「可決」と「承認」って似ていますよね…。
 
 
 
そんなわけで、この2つの言葉の意味を徹底的に分析してみましたよ!

やはり、「可決」と「承認」では言葉の意味が違いました!
 
 
本記事では、「可決」と「承認」の意味の違いと使い分けについて、わかりやすく解説していきます。

かなり深掘りしましたので、ご期待ください!
 

スポンサードリンク

 

1.「可決」と「承認」の意味の違い!

最初に、「可決」と「承認」の意味の違いを簡潔にお伝えします。

「可決」とは、提出された議案をよいと認めて決めること。

「承認」とは、よいと認めること。

 
一言で表現すると、こういった違いです。

それでは、さらに詳細に紐解いていきますね。
 

①会議における「可決」と「承認」の違い!

「可決」と「承認」は、会議などでよく使われる言葉です。

特に、「可決」の方は会議や議会だけに使われる言葉。

ということで、会議における「可決」と「承認」の意味の違いから解説していきます。
 
 
 
まず「承認」は、よいと認めること

そして「可決」は、議案をよいと認めて決めることです。

要するに、議案をよいと認める「承認」を経て、決める「可決」といった流れとなるわけですね。
 
 
 
決めるという行為の多くは、多数決となります。

この多数決を行う際に、会議のメンバーが賛成するか反対するかを判断するわけですが。

この時に、「賛成しよう」と思うこと、これが「承認」です。

つまり、よいと認めたから「賛成しよう」と思ったのですね。
 
 
 
そして、最終的な多数決が行われ、賛成多数となること、これが「可決」です。

会議で、多数決によって決まったということですね。
 
 
 
議会などによっては、「可決」と「承認」は同じ意味で使われることがあります。

たとえば、決める議案によって「可決」と「承認」を使い分けるということ。

ですから、多数決で決めたことを、「承認された」といういい方をする場合もあるということです。

議会
 

②会議以外の「承認」の意味とは!

「可決」は会議や議会だけで使われる言葉ですが、「承認」は違います。

ということで、「承認」の意味をさらに掘り下げていきますね。

「承認」の意味は3つあります。
 
 
 
1つ目が、正当であると認めて許すこと。

これは、たとえば「活動計画が承認される」といった使い方をします。

つまり、計画が認められて、活動することを許されるということ。
 
 
「晴れて計画が認められた!来月から活動だ!」ということですね。

この意味は、前の項目で説明した「会議」などで使う「承認」です。
 
 
 
2つ目が、承知すること。

これは、聞き入れる、また、受け入れるということです。

たとえば、「変更の申請が承認された」といった使い方をします。

これは、変更の申請をしていたのですが、それが受け入れられたということですね。
 
 
 
3つ目が、国家などに対して、国際法上の地位を認めること。

これは、「認める」ことなのですが、対象が「国」です。

国家間同士で、その国の地位を認めること、これが「承認」です。

世界地図
 

③「可決」と「承認」の違いを整理!

それでは、ここで一度「可決」と「承認」の違いを整理します。
 
 
提出された議案をよいと認めて決めるのが「可決」。

議案をよいと認めるのが「承認」。
 
 
「承認」は会議以外でも、「認めて許す」「承知する」「国の地位を認める」という意味があります。

 

スポンサードリンク

 

2.「可決」と「承認」の辞書での意味!

続いて、辞書による「可決」と「承認」の意味がどうなっているのか確認していきます。
 

①「可決」の辞書での意味!

【可決】

・会議で、提出された議案をよいと認めて決めること。「予算案を―する」↔否決

引用元:旺文社国語辞典

説明したとおりの内容です。
 

②「承認」の辞書での意味!

【承認】

①正当であると認めて許すこと。「理事会の―を得る」

②申し出に同意すること。承知すること。「入会を―する」

③[法]国家などに対して、国際法上の資格を認めること。「新政権を―する」

引用元:旺文社国語辞典

説明どおりですね。

オッケー
 

3.「可決」と「承認」の使い方!

次に、「可決」と「承認」の使い方を例文で紹介します。
 

①「可決」の使い方!

・法案を賛成407、反対1の圧倒的多数で可決した。

・衆院本会議で可決し、参院に送付される見込み。

・11人の取締役の選任案も可決された。

・自治会の総会で可決されれば、いつでも解散できる。
 

②「承認」の使い方!

・取締役会が全会一致で購入を承認した。

・自転車競技の会場として、富士スピードウェイが承認された。

・理事会などの承認を経ないまま事業を進めた。

・バスケットボール大会の概要について承認されました。

バスケットボール
 

4.「可決」や「承認」には似た意味の言葉がたくさんある!

「可決」や「承認」には似た意味の言葉がたくさんありますよ。

下の関連記事も、覗いてみてください。

「承認」と「確認」の違い!わかりやすく具体例で解説するよ!

「チェック」と「確認」の違いを解説!確かな差があったよ!

 
ぜひ、参考にしてみてくださいね。
 

スポンサードリンク

 

まとめ

以上が、「可決」と「承認」の意味の違いと使い分けについてでした。
 
 
「可決」は、提出された議案をよいと認めて決めること。

「承認」は、よいと認めること。
 
 
提出された議案は、よいと認められる「承認」を経て、多数決により「可決」されます。

関連記事と広告

-文書

Copyright© 贈る言葉情報館 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.