言葉の使い方や意味などを深掘りしてご紹介いたします!

贈る言葉情報館

文書

「結果」と「結局」の違い!例文でわかりやすく解説するよ!

更新日:

 
「結果」と「結局」。

普段は使い分けているつもりですが、なんとなく似ていますよね…。
 
 
たとえば、結果は勝利」といいますし、結局は勝利」でもおかしくないです…。

やはり、まぎらわしい…。
 
 
 
ということで、この2つの言葉の意味を徹底的に分析してみましたよ!

本記事では、「結果」と「結局」の意味の違いと使い分けについて、例文でわかりやすく解説していきます。

かなり深掘りしましたので、ご期待ください!
 

スポンサードリンク

 

1.「結果」と「結局」の意味の違い!

最初に、「結果」と「結局」の意味の違いを簡潔にお伝えします。

「結果」とは、あることがもとになって生じた結末のこと。

「結局」とは、いろいろな経過を経て落ち着いた結末のこと。

 
一言で表現すると、こういった違いです。

それでは、さらに詳細に紐解いていきますね。
 

①「結果」の意味とは!

「結果」は、あることがもとになって生じた結末のこと。
 
 
「あること」が最初にあり、そのことが元で「結末」に至るのですが、その「結末」のこと。

「あること」というのは「原因」です。

「原因」が元になって、「結果」に至るということですね。
 
 
 
ととえば、「激しい練習を重ねた結果、勝つことができた」といった使い方をします。

これは、激しい練習を重ねることが元になって、勝利という結末になったということ。

つまり、「激しい練習を重ねる」が「原因」、そして「勝利」が「結果」です。

野球
 

②「結局」の意味とは!

「結局」は、いろいろな経過を経て落ち着いた結末のこと。
 
 
「結局」も「結末」を指しているのですが、元となる「原因」があるわけではありません。

「寄り道したり」「立ち止まったり」「走ったり」といった、いろいろな経過を経て、ゴールとなる「結末」にたどり着いたということ。
 
 
 
たとえば、「練習したかと思えば、サボったり退部してみたり。でも、また入部して結局は勝利に導く原動力になるのだからすごい」といった使い方をします。

この例文も、「勝利」が「結末」。
 
 
ただし、「結局」の場合は、「原因」があって「結末」にたどり着くことではありません。

この場合、「練習」「サボる」「退部」「入部」といったいろいろな経過を経て、最後は「勝利」という結末になったということです。

ボール
 

③「結果」と「結局」の違いを整理!

それでは、ここで一度「結果」と「結局」の違いを整理します。
 
 
あることがもとになって生じた結末が「結果」。

いろいろな経過を経て落ち着いた結末が「結局」。
 
 
どちらも「結末」のことなのですが、必ず原因が前にあるのが「結果」の方です。

原因がない結末が「結局」ですね。
 

スポンサードリンク

 

2.「結果」と「結局」の辞書での意味!

続いて、辞書による「結果」と「結局」の意味がどうなっているのか確認していきます。
 

①「結果」の辞書での意味!

【結果】

・あることがもとになって生じた事態。「猛勉強の―合格する」↔原因

引用元:旺文社国語辞典

説明したとおりの内容です。
 

②「結局」の辞書での意味!

【結局】

①(名)終わり。最後。

②(副)つまるところ。結句。あげくの果て。「―だめだった」

引用元:旺文社国語辞典

まあ、説明どおりですね。

「名詞」としての使い方と、「副詞」としての使い方があります。

ゲームオーバー
 

3.「結果」と「結局」の使い方!

次に、「結果」と「結局」の使い方を例文で紹介します。
 

①「結果」の使い方!

・都議選の開票結果を受けて会見する。

・データの分析結果とジャーナリストのノウハウをうまく組み合わせる方法を確立。

・土木設計技士資格検定試験の結果を、本日発表しました。

・その「頭の使い方」を真似した結果、成績は急上昇し僕も合格することができた。
 

②「結局」の使い方!

・よい大家には、よい業者とよい借主がつくし、悪い大家は、結局その逆になる。

・競技を続けてきた中で、いいことばかりではなかったけど結局一番はホッケーが好き。

・しかし、結局有力な移籍先と目されていたトッテナムとの交渉は決裂。

・試合は結局スコアレスドローで幕を閉じ、初めての勝利を逃した。

野球場
 

4.「結果」や「結局」には似た意味の言葉がたくさんある!

「結果」や「結局」には似た意味の言葉がたくさんありますよ。

下の関連記事も、覗いてみてください。

「満了」と「終了」の違いを解説!実は確かな差があったよ!

「最終」と「最後」の違いを解説!実は確かな差があったよ!

 
ぜひ、参考にしてみてくださいね。
 

スポンサードリンク

 

まとめ

以上が、「結果」と「結局」の意味の違いと使い分けについてでした。
 
 
「結果」は、あることがもとになって生じた結末のこと。

「結局」は、いろいろな経過を経て落ち着いた結末のこと。
 
 
「結果」の対義語は「原因」です。

つまり、「原因」と「結果」は対になっているということです。

関連記事と広告

-文書

Copyright© 贈る言葉情報館 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.