言葉の使い方や意味などを深掘りしてご紹介いたします!

贈る言葉情報館

文書

「ジャンボ」と「ビッグ」の違いを解説!実は微妙な差がある?

更新日:

 
「ジャンボ」と「ビッグ」。

あれ…、どちらも「大きい」イメージなのですが…。

こうして2つ並ぶと、まぎらわしいですよね…。
 
 
もしかして、この「大きさ」に違いがあるのだろうか?

それとも、同じ意味…???
 
 
 
ということで、この2つの言葉の意味を徹底的に分析してみましたよ!

やはり、「ジャンボ」と「ビッグ」には微妙なニュアンスの違いがありました!
 
 
本記事では、「ジャンボ」と「ビッグ」の意味の違いについて、わかりやすく解説していきます。

かなり深掘りしましたので、ご期待ください!
 

スポンサードリンク

 

1.「ジャンボ」と「ビッグ」の意味の違い!

まずは、「ジャンボ」と「ビッグ」の意味の違いを端的にお伝えします。

「ジャンボ(jumbo)」とは、巨大・超大型であるさま、つまり大きさを強調した表現。

「ビッグ(big)」とは、大きいさまのこと。

 
一言であらわすると、こういった違いです。

それでは、さらに詳しく紐解いていきますね。
 

①「ジャンボ」の意味と語源とは!

「ジャンボ(jumbo)」は、巨大・超大型であるさまのこと

大きさを強調した表現です。

ただ大きいということではなく、すごく大きいということ
 
 
「大きい」と「巨大」を比べれば、なんとなく「巨大」の方が更に大きいという感覚を得ると思いますが、「ジャンボ」はこの「巨大」の方ということですね。

もちろん「大きい」と「巨大」の境界が存在するわけではなく、あくまでも「言葉」の表現の違いということ。
 
 
 
この「ジャンボ」という言葉は、1800年代にイギリスで生まれた比較的新しい言葉です。

もともと、「ジャンボ」はロンドン動物園にいたアフリカゾウの名前で、飼育員によって名付けられました。
 
 
その後、そのゾウがサーカス団体に売られます。

サーカス団体では、「ジャンボ」という名前をサーカスショーの宣伝に使い、「巨大」という意味として認識されたのですね。
 
 
ちなみに、この「ジャンボ(jumbo)」はスワヒリ語で、挨拶を意味するとのこと。

「ハロー」とか「こんにちは」といった言葉でしょうか。
 
 
この「ジャンボ」はその後、アメリカの航空機メーカーであるボーイング社のジェット機の名称に使われました。

ボーイング747が「ジャンボ」です。

「ジャンボジェット機」と呼びますが、実はこのゾウが語源なのですね。
 
 
 
ですから、「ジャンボ」は形容動詞の「巨大なさま」という意味の他に名詞としての意味があるのです。

それが、この「ジャンボジェット機」の「ジャンボ」と、坑道削岩機という意味も持っています。

アフリカゾウ
 

②「ビッグ」の意味とは!

「ビッグ(big)」は、大きいさまのことです。

「巨大」とか「超大型」ではなく、ただ「大きい」ということ

「ビッグなプレゼントだ!」といった使い方をします。
 
 
 
「ジャンボ」の方は比較的「物体」のサイズ的な表現が多いのですが、「ビッグ」の方は物体のサイズはもちろん、その他にも様々な物事に使われる言葉。

たとえば、「ビッグマウス(big mouth)」という言葉がありますが、これはサイズの大きさではありません。
 
 
自慢話や大げさな話をする、また大口をたたくといった意味。

あとは、「必ずビッグになって帰って来る」というように、人の地位にも使います。

身長計測
 

③「ジャンボ」と「ビッグ」の違いを整理!

それでは、ここで一度「ジャンボ」と「ビッグ」の違いを整理します。
 
 
巨大であるさま、超大型であるさまが「ジャンボ(jumbo)」。

大きいさまが「ビッグ(big)」。
 
 
ただし、「ジャンボ」は航空機の名称、また、坑道削岩機の名称でもあります。

 

スポンサードリンク

 

2.「ジャンボ」と「ビッグ」の辞書での意味!

続いて、辞書による「ジャンボ」と「ビッグ」の意味がどうなっているのか確認していきます。
 

①「ジャンボ」の辞書での意味!

【ジャンボ(jumbo)】

(形動)
・巨大であるさま。超大型であるさま。「―な賞品」

(名)
①大型の坑道削岩機。ジャンボー。
②「ジャンボジェット」の略。

引用元:旺文社国語辞典

説明どおりですね。
 

②「ビッグ」の辞書での意味!

【ビッグ(big)】

(形動)
①大きいさま。「―バンド」「―チャンス」
②重要なさま。「―ゲーム」

引用元:旺文社国語辞典

説明したとおりの内容です。

サメ
 

3.「ジャンボ」と「ビッグ」の使い方!

次に、「ジャンボ」と「ビッグ」の使い方を例文で紹介します。
 

①「ジャンボ」の使い方!

・「年末ジャンボ宝くじ」の換金が始まっている。

・全長100メートルのジャンボ巻き寿司作りに挑戦しました。

・森永製菓は「チョコモナカジャンボ」などの生産体制を強化する。

・真弓監督がジャンボ絵馬へのサイン式を行いました。
 

②「ビッグ」の使い方!

ビッグゲームに臨む時があるとすれば、それは今だ

ビッグイベント目白押しで一気に注目が集まる。

・男子テニス界では多くの若手選手が「ビッグ3」の牙城を崩そうとしている。

・欧州ビッグクラブで経験を積んだ日本代表の先輩たちがエールを送っている。

サッカー
 

4.「ジャンボ」や「ビッグ」には似た意味の言葉がたくさんある!

「ジャンボ」や「ビッグ」には似た意味の言葉がたくさんありますよ。

下の関連記事も、覗いてみてください。

「ビッグ」と「ビック」の違い!どっちが正しい?徹底解説!

「大きい」と「大きな」の使い分け!やはりルールがあった!

「でかい」と「大きい」の違いを解説!意味を徹底的に深掘り!

 
ぜひ、参考にしてみてくださいね。
 

スポンサードリンク

 

まとめ

以上が、「ジャンボ」と「ビッグ」の意味の違いについてでした。
 
 
「ジャンボ(jumbo)」は巨大であるさまで、「ビッグ(big)」は大きいさま。

要するに、「ジャンボ」の方が大きさを強調した表現です。
 
 
もともと「ジャンボ」は、ゾウの名前だったのですね。

関連記事と広告

-文書

Copyright© 贈る言葉情報館 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.