言葉の使い方や意味などを深掘りしてご紹介いたします!

贈る言葉情報館

文書

「事件」と「事案」の違い!その差異を徹底的に解説するよ!

更新日:

 
「事件」と「事案」。

「事件」の方は、よくテレビなどで紹介されますので、わかっているつもりなのですが…。
 
 
ですが、「事案」の方も気をつけて聞いていると結構でてきます…。

この、「事件」と「事案」の境界はいったい…。
 
 
 
いやいや、このままにするわけにはいけませんね。

ということで、この2つの言葉の意味を徹底的に分析してみましたよ!
 
 
本記事では、「事件」と「事案」の意味の違いと使い分けについて、わかりやすく解説していきます。

かなり深掘りしましたので、ご期待ください!
 

スポンサードリンク

 

1.「事件」と「事案」の意味の違い!

最初に、「事件」と「事案」の意味の違いを簡潔にお伝えします。

「事件」とは、世の中で話題になっているような出来事のこと。

「事案」とは、問題になっている事柄のこと。

 
一言で表現すると、こういった違いです。

それでは、さらに詳細に紐解いていきますね。
 

①「事件」の意味とは!

「事件」は、世の中で話題になっているような出来事のこと。

要するに、新聞やテレビなどで、取り上げられるような出来事のことです。
 
 
 
たとえば、「犯罪」。

具体的には、「強盗事件」や「誘拐事件」などがありますね。

そして、「事件」は犯罪に限ったものではありませんよ。

「交通事故」や「火事」も「事件」。
 
 
また、遺産相続などの争いごとも、有名人の場合はニュースになったりしますよね。

こういった、「争いごと」も「事件」といえるのです。
 
 
世の中で、話題になれば「事件」であるということ。

パトカー
 

②「事案」の意味とは!

「事案」は、問題になっている事柄のこと。
 
 
たとえば、毎朝の交通渋滞がひどくなり、社会的な問題になったとします。

問題となったこの「毎朝の交通渋滞」が、「事案」ということですね。
 
 
 
そして、この交通渋滞が原因となって、交通事故が発生したとします。

この交通事故が発生した段階で「事件」となるわけですね。

これはつまり、「事案」は「事件」の手前の段階であるということもできます。

「事案」が「事件」につながるということ。
 
 
 
それから、政治の世界でも「事案」という言葉はよく使われます。

たとえば、「輸出管理を強化したのは不適切な事案があったため」といった使い方。

これは、「不適切な問題が発覚した」ということです。
 
 
つまり、「問題がある事柄」という意味の使い方ですね。

国会議事堂
 

③「事件」と「事案」の違いを整理!

それでは、ここで一度「事件」と「事案」の違いを整理します。
 
 
世の中で話題になっているような出来事が「事件」。

問題になっている事柄が「事案」。
 
 
「事案」は「事件」の一歩手前ともいえます。

つまり、「事案」は「事件」につながるような事柄といった見方もできるということ。
 

スポンサードリンク

 

2.「事件」と「事案」の辞書での意味!

続いて、辞書による「事件」と「事案」の意味がどうなっているのか確認していきます。
 

①「事件」の辞書での意味!

【事件】

①世間の話題になるようなできごと。「強盗―」

②訴訟が行われている事柄。訴訟事件。「刑事―」

引用元:旺文社国語辞典

意味①は説明どおりです。

意味②は訴訟が行われれば全て「事件」であるということ。
 
 
意味②は説明しませんでしたが、裁判沙汰になればそれは全て「事件」であるということも覚えておいてください。
 

②「事案」の辞書での意味!

【事案】

・問題になっている事柄。

引用元:旺文社国語辞典

こちらは、説明したとおりですね。

会議
 

3.「事件」と「事案」の使い方!

次に、「事件」と「事案」の使い方を例文で紹介します。
 

①「事件」の使い方!

・信じられないような事件が発生した。

・民事事件に関する裁判が行われた。

・これは大きく報道されているとおり重大な事件だ。

事件の推移を説明する。
 

②「事案」の使い方!

・この事案は早急に解決が必要だ。

・懲戒請求事案に関し異議の申し出をする。

・○○議員の件は捜査中の事案なのでコメントは控える。

・産地偽装といった疑惑に関する事案

謝罪会見
 

4.「事件」や「事案」には似た意味の言葉がたくさんある!

「事件」や「事案」には似た意味の言葉がたくさんありますよ。

下の関連記事も、覗いてみてください。

「事案」と「案件」の違いは?意味を徹底的に深掘りしてみた!

「案件」と「物件」の違い!具体例でわかりやすく解説するよ!

「案件」と「要件」の違い!例文でわかりやすく徹底解説!

「事例」と「事案」の使い分けを徹底解説!実は意外な違いが!

 
ぜひ、参考にしてみてくださいね。
 

スポンサードリンク

 

まとめ

以上が、「事件」と「事案」の意味の違いと使い分けについてでした。
 
 
「事件」は、「強盗事件」「交通事故」「紛争」など、世の中で話題になっているような出来事のこと。

「事案」は、「不適切な問題」や「社内問題」など、問題になっている事柄のこと。
 
 
「事案」は、「事件」につながる可能性があるものということもできます。

関連記事と広告

-文書

Copyright© 贈る言葉情報館 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.