言葉の使い方や意味などを深掘りしてご紹介いたします!

贈る言葉情報館

文書

「逆」と「反対」の違いを解説!実は意外な差があったよ!

更新日:

 
「逆」と「反対」。

ほぼ同じ意味だと思っていたのですが…。
 
 
よく考えると、反対車線」といいますが、車線」とはいいません。

また、走」とはいいますが、反対走」とはいいませんよね。

ということは、「逆」と「反対」には違いがあるということか…??
 
 
 
そんなわけで、この2つの言葉の意味を徹底的に分析してみましたよ!

実は、「逆」と「反対」には微妙な違いがありました!!
 
 
本記事では、「逆」と「反対」の意味の違いと使い分けについて、具体例でわかりやすく解説していきます。

かなり深掘りしましたので、ご期待ください!
 

スポンサードリンク

 

1.「逆」と「反対」の意味の違い!

最初に、「逆」と「反対」の意味の違いを簡潔にお伝えします。

「逆」とは、本来の位置・順序・方向・あり方とは違う方のこと。

「反対」とは、位置・順序・方向・あり方などが、さかさまの関係にあること。

 
一言で表現すると、こういった違いです。

それでは、さらに詳細に紐解いていきますね。
 

①「逆」と「反対」の違いをわかりやすく!

「逆」と「反対」は、どちらも位置・順序・方向・あり方などがさかさまの関係にあることなのですが。
 
 
違いは、「本来」の位置・順序・方向・あり方であるかどうか。

つまりは、「本来のものに逆らっている」のか、「本来のものがなく、逆らっていない」のかということがポイントになります。
 
 
 
「逆」は、本来の位置・順序・方向・あり方ではありませんので、「本来のものに逆らっている」ということになります。

たとえば流」「走」といいますが、どちらも逆らっていますよね。
 
 
「反対」はただ単に、位置・順序・方向・あり方の、片方のことであり「本来のものがなく、逆らっていません」。

具体的には反対語」「反対車線」といいますが、どちらも逆らっていません。
 
 
次項では、実際の例文を紹介しますね。

逆走
 

②「逆」と「反対」の使い方!

「逆」と「反対」の実際の使い方を見ていただくと、違いがよくわかりますよ。

【位置】

置き場所が定まっている場合(本来のものに逆らっている)

「観葉植物が、今日はの位置になっているね」

置き場所が定まっていない場合(本来のものがなく、逆らっていない)

「今日は観葉植物を反対の位置に置きましょう」

 

【順序】

発表順が定まっている場合(本来のものに逆らっている)

「間違っていませんか?順序がですよ」

発表順が定まっていない場合(本来のものがなく、逆らっていない)

「今日はいつもとは反対に、後ろの番号の人から発表してもらいます」

 

【方向】

ゴルフボールを風に逆らって飛ばしたい場合

風なので、飛距離は期待できない」

逆らっていない場合

「風向きが反対になる」

 

【あり方】

正しい物事が確定している場合(本来のものに逆らっている)

「正論を言ったのに、に怒られた」

正しい物事が不明な場合(本来のものがなく、逆らっていない)

「お互いに反対の意見のために対立する」

 
ちなみに、「逆」と「反対」を置き換えることで、全ての文章が成立しないということはでありません。

「逆」と「反対」は微妙な違いはあるものの、おおよそは同じ意味。

したがって、紹介した例文に限らず「逆」「反対」双方とも当てはまる文章は多々あります。
 

スポンサードリンク

 

2.「逆」と「反対」の辞書での意味!

続いて、辞書による「逆」と「反対」の意味がどうなっているのか確認していきます。
 

①「逆」の辞書での意味!

【逆】

①順序や方向が反対であること。さかさま。

②「逆手」の略。「―を取る」

③数学の定理や論理学上のある命題の仮説と終結を入れかえたもの。「―もまた真なり」

引用元:旺文社国語辞典

正確には、3つの種類があります。

この説明だと、「反対」との違いはよくわかりません。
 

②「反対」の辞書での意味!

【反対】

①方向・位置・順序などが逆であること。あべこべ。さかさま。「―の方向」

②対になっているものの一方。「かばんを―の手に持ちかえる」

③ある物事・意見などに逆らうこと。「法案に―する」↔賛成

引用元:旺文社国語辞典

「反対」も、正確には意味が3つ。

意味③で「意見などに逆らうこと」となっているので、これだと混乱しますね…。

「意見などが対立する」と覚える方がよいのかもしれません。

成功の反対
 

3.「逆」や「反対」には似た意味の言葉がたくさんある!

「逆」や「反対」には似た意味の言葉がたくさんありますよ。

下の関連記事も、覗いてみてください。

「反転」と「逆転」の意味の違い!わかりやすく解説するよ!

「反射」と「反応」の違い!わかりやすく具体例で解説するよ!

 
ぜひ、参考にしてみてくださいね。
 

スポンサードリンク

 

まとめ

以上が、「逆」と「反対」の意味の違いと使い分けについてでした。
 
 
「逆」は、本来の位置・順序・方向・あり方とは違う方のこと。

「反対」は、位置・順序・方向・あり方などが、さかさまの関係にあること。
 
 
大きくは、「本来のものに逆らっている」のが「逆」、「本来のものがなく、逆らっていない」のが「反対」です。

関連記事と広告

-文書

Copyright© 贈る言葉情報館 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.