言葉の使い方や意味などを深掘りしてご紹介いたします!

贈る言葉情報館

文書

「案件」と「物件」の違い!具体例でわかりやすく解説するよ!

更新日:

 
「案件」と「物件」。

ビジネス上で使われる言葉です。

そして、どちらも「件」があり、そこが共通点。
 
 
意外に、意味がまぎらわしいです…。

これは、違いをハッキリしないといけませんね。

ということで、この2つの言葉の意味を徹底的に分析してみましたよ!
 
 
本記事では、「案件」と「物件」の意味の違いと使い分けについて、わかりやすく解説していきます。

かなり深掘りしましたので、ご期待ください!
 

スポンサードリンク

 

1.「案件」と「物件」の意味の違い!

まずは、「案件」と「物件」の意味の違いを端的にお伝えします。

「案件」とは、問題になっている事柄のこと。

「物件」とは、もの、品物のことですが、主に動産・不動産に対し多く使われます。

 
一言であらわすと、こういった「事」と「物」の違いです。

それでは、さらに詳しく紐解いていきますね。
 

①「案件」の意味を詳しく!

「案件」は、問題になっている事柄のこと。

問題になっている事柄ですので、ビジネスシーンでよく使われます。
 
 
たとえば、以下の会話。

「先日相談した案件は、どうなりましたか?」

「すみません。その案件についてはまだ…」

といった、使い方をします。

つまり、ある「事」のことですね。
 
 
 
ただし、辞書によっては「問題になっている事柄」の他に「問題になっている事柄、また、解決すべき事柄」といった記載もあります。

だいたい同じことですが、微妙に違いますので、覚えておいてください。
 
 
 
また、「案件」には「訴訟事件」という意味もあります。

「訴訟事件」とは、裁判に訴えをおこされている事件のこと。

民事訴訟も刑事事件も、どちらも訴訟事件です。
 
 
 
ということで、「案件」には3種類の意味があります。

①問題になっている事柄。

②問題になっている事柄で、解決すべき事柄。

③訴訟事件。

 
問題点
 

②「物件」の意味を詳しく!

「物件」は、もの、品物のこと。

品物でも、財産となる動産や不動産に対し多く使われます。

ですが、正確な「物件」の意味としては、不動産も含めた「物」のこと。

「案件」は「事」で、「物件」は「物」です。
 
 
 
具体的には、以下の会話。

「不動産のことだけど、あの物件は売れましたか?」

「すみません。その物件はすでに…」

といった、使い方をします。
 
 
その他には、「事件の証拠物件」といった使い方も。

これが「物件」ですね。

警察
 

③「案件」と「物件」の違いを整理!

それでは、ここで一度「案件」と「物件」の違いを整理します。
 
 
「案件」は、問題になっている事柄のこと。

ただし、問題になっていて解決すべき事柄という意味と、訴訟事件の意味もありますので気をつけてください。
 
 
「物件」は、品物のこと。

基本的に「事」が「案件」、「物」が「物件」ということです。
 

スポンサードリンク

 

2.「案件」と「物件」の辞書での意味!

続いて、辞書による「案件」と「物件」の意味がどうなっているのか確認していきます。
 

①「案件」の辞書での意味!

【案件】

①問題になっている事柄。「重要な―」

②訴訟事件。

引用元:旺文社国語辞典

説明どおりですが、この辞書には「解決すべき事柄」といった記載はありません。
 

②「物件」の辞書での意味!

【物件】

・もの。物品。法律や契約の対象としての、動産や不動産。「証拠―」「安い―がある」

引用元:旺文社国語辞典

「もの」ですので、説明どおりですね。

不動産
 

3.「案件」と「物件」の使い方!

次に、「案件」と「物件」の使い方を例文で紹介します。
 

①「案件」の使い方!

・本日は3つの案件について審議していきたいと思います。

・本日のテーマの中に別の案件を追加できませんか?

・社員の不祥事に関する案件が報道された。

・簡易裁判所で隣家の紛争に関する案件が審議された。
 

②「物件」の使い方!

・ロフト付きの賃貸物件をさがす。

・全国の物件情報を網羅しています。

・重要な証拠物件を紛失してしまった。

・これほどの優良物件は他にないと思います。

家
 

4.「案件」や「物件」には似た意味の言葉がたくさんある!

「案件」や「物件」には似た意味の言葉がたくさんありますよ。

下の関連記事も、覗いてみてください。

「事案」と「案件」の違いは?意味を徹底的に深掘りしてみた!

「案件」と「要件」の違い!例文でわかりやすく徹底解説!

「事件」と「事案」の違い!その差異を徹底的に解説するよ!

「事例」と「事案」の使い分けを徹底解説!実は意外な違いが!

 
ぜひ、参考にしてみてくださいね。
 

スポンサードリンク

 

まとめ

以上が、「案件」と「物件」の意味の違いと使い分けについてでした。
 
 
問題になっている事柄が「案件」で、品物が「物件」です。

「こと」と「もの」の違いですね。
 
 
「そういったことは問題だ!」が「案件」、「そこにあるものを売って欲しい」が「物件」。

関連記事と広告

-文書

Copyright© 贈る言葉情報館 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.