言葉の使い方や意味などを深掘りしてご紹介いたします!

贈る言葉情報館

文書

「公表」と「公開」の違いを解説!実は意外な差異があった!

更新日:

 
「公表」と「公開」。

ん…、何が違う…。
 
 
「情報を公表」

「情報を公開」

といったように、同じような意味の場合もあるようですが…。
 
 
実は「公表」と「公開」では、大きな違いがあるようです…。

ということで、この2つの言葉の意味を徹底的に分析してみましたよ!
 
 
本記事では、「公表」と「公開」の意味の違いと使い分けについて、具体例でわかりやすく解説していきます。

かなり深掘りしましたので、ご期待ください!
 

スポンサードリンク

 

1.「公表」と「公開」の意味の違い!

まずは、「公表」と「公開」の意味の違いを端的にお伝えします。

「公表」とは、広く世間に発表すること。

「公開」とは、広く世間に開放すること。

 
一言であらわすと、「発表」と「開放」の違いです。

それでは、さらに詳しく紐解いていきますね。
 

①「公表」の意味とは!

「公表」は、広く世間に発表すること。

つまり、発表して多くの人に知らせることです。
 
 
「広く世間」に対して発表することですので、多くは官公庁や企業が行います。

個人的に「公表」するというと、個人ブログくらいでしょうか。
 
 
 
官公庁や企業が「公表」するもの、具体的には。

選挙の結果や企業情報、あとは犯罪などの事件情報など、様々ですね。

そして「公表」される内容は、多くがこういった「これは、あえて知らせる必要があるでしょ!」といった案件。
 
 
最近では、「犯罪被害者の氏名を公表する必要があるのか」といったことが問題になったりしています。

警察
 

②「公開」の意味とは!

「公開」は、広く世間に開放すること。

「開放」は、「発表」とは異なります。

開放する「公開」は、ただ知らせることだけではありません。

入場・出席・傍聴・観覧・使用などを許可することも含まれるのです。
 
 
たとえば、「手づくり玩具展の一般公開」となれば、その会場の入場が可能となるわけですね。

これは、会場へ入場して玩具の実物を見たり、場合によっては触ったりすることも可能となります。

明らかに、「発表」するだけの「公表」とは違いますよね。
 
 
 
それから、「入場」「出席」「傍聴」「観覧」「使用」の中の「傍聴」を許可されたということであれば、「公開」された内容を聞くことができるということ。

この「傍聴」に限れば、「公表」と「公開」は似たような意味ということができます。
 
 
広く一般向けに、「入場」や「使用」など様々な行為が許可されること、これが「公開」。

「公表」とは全く違うということです。

けん玉
 

③「公表」と「公開」の違いを整理!

それでは、ここで一度「公表」と「公開」の違いを整理します。
 
 
広く世間に発表するのが「公表」。

広く世間に開放するのが「公開」。
 
 
どちらも、「広く世間に」対して行われます。

ただし、「公表」は「発表」ですので知らせること、「公開」は「開放」ですので入場・出席・傍聴・観覧・使用などを許可することです。
 

スポンサードリンク

 

2.「公表」と「公開」の辞書での意味!

続いて、辞書による「公表」と「公開」の意味がどうなっているのか確認していきます。
 

①「公表」の辞書での意味!

【公表】

・世間に発表すること。「―をはばかる」「調査結果を―する」

引用元:旺文社国語辞典

「発表すること」ですので、説明どおりです。
 

②「公開」の辞書での意味!

【公開】

・広く一般の人に入場・出席・傍聴・観覧・使用などを許すこと。「―捜査」「非―」「未―」

引用元:旺文社国語辞典

こちらも、説明どおりの内容ですね。

オープン
 

3.「公表」と「公開」の使い方!

次に、「公表」と「公開」の使い方を例文で紹介します。
 

①「公表」の使い方!

・法人企業統計調査結果の公表スケジュール。

・事件の実名公表の問題点とは。

・続発する企業の不祥事をすべて公表すべきか。

・太陽光発電の買い取り単価が公表される。
 

②「公開」の使い方!

・誤ってブログで個人情報を公開してしまった。

・日本の裁判は公開が原則ですので傍聴が可能です。

・ラジオ番組の公開収録に行ってきた。

・ユーチューブで公開討論会を行う。

ビデオカメラ
 

4.「公表」や「公開」には似た意味の言葉がたくさんある!

「公表」や「公開」には似た意味の言葉がたくさんありますよ。

下の関連記事も、覗いてみてください。

「公開」と「開示」の違いを解説!実は大きな差があったよ!

「上映」と「公開」の違い!意外な差を徹底解説するよ!

 
ぜひ、参考にしてみてくださいね。
 

スポンサードリンク

 

まとめ

以上が、「公表」と「公開」の意味の違いと使い分けについてでした。
 
 
「公表」は、広く世間に発表すること、つまり、多くの人に知らせることです。

「公開」は、広く世間に開放すること、つまり、入場・出席・傍聴・観覧・使用などを許可すること。
 
 
どちらも「広く世間に」対して行われますが、発表するだけの「公表」に比べ、「公開」の方がより開かれることになります。

関連記事と広告

-文書

Copyright© 贈る言葉情報館 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.