言葉の使い方や意味などを深掘りしてご紹介いたします!

贈る言葉情報館

文書

「同じ」と「一緒」の違い!わかりやすく例文で解説するよ!

更新日:

 
「同じ」と「一緒」。

なんとなく違いを認識しているつもりでも、まぎらわしいですよね…。

たとえば、一緒に映画に行きませんか?」とはいいますが同じに映画に行きませんか?」とはいいません…。

この違いは、うっすらとわかっていましたが…。
 
 
「映画の好みはあなたと同じだ」といいますし、「映画の好みはあなたと一緒だ」ともいいます…。

こうなると、意味に違いはないか…??

でも違いがないと思いきや…、「毎日同じ靴で外出する」とはいいますが、「毎日一緒の靴で外出する」となるとお揃いの靴という別の意味のような…。
 
 
…違いがあるのか?ないのか…??

これは、言葉の意味をしっかりと調べる必要がありますね…。
 
 
 
ということで、この2つの言葉の意味を徹底的に分析してみましたよ!

やはり、「同じ」と「一緒」には明確な違いがありました!
 
 
本記事では、「同じ」と「一緒」の意味の違いと使い分けについて、具体例でわかりやすく解説していきます。

かなり深掘りしましたので、ご期待ください!
 

スポンサードリンク

 

1.「同じ」と「一緒」の意味の違い!

最初に、「同じ」と「一緒」の意味の違いを簡潔にお伝えします。

「同じ」とは、複数の物事の間に差異がなく等しいこと、また、別のものではなくそのものという意味。

「一緒」とは、複数の物事の間に差異がなく等しいことで、別のものではなくそのものという意味はありません。

また、「一緒」にはその他に、「まとめる」「ともに等しい行動をする」「同時」という意味があります。

 
一言で表現すると、こういった違いです。

それでは、さらに詳細に紐解いていきますね。
 

①「同じ」の意味とは!

「同じ」の意味は2つ。

複数の物事の間に差異がなく等しいという意味と、別のものではなくそのものという意味。
 
 
 
一つ目の「同じ」の意味である、複数の物事の間に差異がなく等しいということとは…。

要するに、Aという物とBという物を比べた時に、どちらも全く差がないということです。
 
 
この場合、「AとBは同じ大きさだ」いいますがその「同じ」のこと。

具体的には、「あなたの映画の好みは、私と同じだ」といった使い方をします。
 
 
 
二つ目の「同じ」の意味は、別のものではなくそのもののこと

この場合は、「AとB」といった複数ではなく、「A」だけしか登場しません。
 
 
たとえば、「毎日同じ靴を履いて外出する」といった使い方をします。

この靴は、「A」という一つの靴のこと。
 
 
 
一つ目の意味は「一緒」と共通する意味ですが、二つ目の「そのもの」という意味は「一緒」にはありません。

革靴
 

②「一緒」の意味とは!

「一緒」には4種類の意味があります。
 
 
(a)複数の物事の間に差異がなく等しいこと

(b)まとめる

(c)ともに等しい行動をする

(d)同時
 
 
 
一つ目の「(a)複数の物事の間に差異がなく等しいこと」は、前の項目でも説明したとおり「同じ」と共通の意味です。

ですから、前の項目の例文「あなたの映画の好みは、私と同じだ」の「同じ」を「一緒」へ置き換えが可能。

「あなたの映画の好みは、私と一緒だ」でも、全く違和感はありません。
 
 
二つ目の「(b)まとめる」とは、「全ての商品を、袋に一緒に入れてもよろしいでしょうか?」の「一緒」。

コンビニで買い物すると、店員さんに聞かれることがありますよね。
 
 
三つ目の「(c)ともに等しい行動をする」とは、一緒に映画に行きませんか?」の「一緒」。

その他には、一緒に遊ぶ」「一緒に暮らす」といった使い方をしますが、すべて「ともに」の「とも」へ置き換えが可能です。
 
 
四つ目の「(d)同時」とは、「クリスマスと誕生日を一緒にお祝いする」の「一緒」。

これは、「(b)まとめる」に似ていますが、微妙に違います。

「同時」のほうは、あくまでも「時間軸」「タイミング」のことであり、「まとめる」ことではありません。

バースデーケーキ
 

③「同じ」と「一緒」の違いを整理!

それでは、ここで一度「同じ」と「一緒」の違いを整理します。
 
 
複数の物事の間に差異がなく等しいという意味は、「同じ」と「一緒」の共通の意味。
 
 
ですが「同じ」には、別のものではなくそのものという独自の意味があります。

また「一緒」には、まとめる・ともに等しい行動をする・同時、という独自の意味があります。
 

スポンサードリンク

 

2.「同じ」と「一緒」の辞書での意味!

続いて、辞書による「同じ」と「一緒」の意味がどうなっているのか確認していきます。
 

①「同じ」の辞書での意味!

【同じ】

①別のものではなくそのものである。「毎日―服を着る」

②比べる物事の間に差がない。等しい。いっしょである。一つである。「これはあれと―だ」

引用元:旺文社国語辞典

意味が2つあり、内容も説明どおりです。

双子
 

②「一緒」の辞書での意味!

【一緒】

①ひとまとめにすること。「全部―に入れる」

②同じであること。同一。「ぼくの意見も君と―だ」

③ともに同じ行動をすること。「―に出かける」

④同時。「盆と正月が―に来たような忙しさ」

引用元:旺文社国語辞典

「一緒」の意味も4つ、内容も説明したとおりです。

ちなみに、意味②の「同一」には「そのもの」と「等しい」という2つの意味がありますが、この場合は「等しい」の方です。
 

スポンサードリンク

 

3.「同じ」と「一緒」の使い方!

次に、「同じ」と「一緒」の使い方を例文で紹介します。
 

①「同じ」の使い方!

・F1新規則により全マシンが同じ形状になる?(等しい)

・素材は同じだけれど味が異なる不思議なキャンディー。(等しい)

同じ穴のムジナの「ムジナ」とは、タヌキやアナグマなどのこと。(そのもの)

同じクルマに乗り続けて走行距離25万キロを超える。(そのもの)
 

②「一緒」の使い方!

・結婚において、相手と価値観が一緒かどうかはすごく大切なこと。(等しい)

・自転車ごとテントの中に一緒に入れることができる大きさ。(まとめる)

・お兄さんお姉さんたちと一緒に歌う。(ともに)

・大きな花火がそろって一緒に打ち上げられる。(同時)

花火
 

4.「同じ」や「一緒」には似た意味の言葉がたくさんある!

「同じ」や「一緒」には似た意味の言葉がたくさんありますよ。

下の関連記事も、覗いてみてください。

「相互」と「交互」の違い!意味を徹底的に深掘りしてみた!

「共に」と「一緒に」の違いを解説!実は意外な差があった!

「同一」と「同様」の違い!意味を徹底的に深掘りしてみた!

 
ぜひ、参考にしてみてくださいね。
 

スポンサードリンク

 

まとめ

以上が、「同じ」と「一緒」の意味の違いと使い分けについてでした。
 
 
「同じ」

・複数の物事の間に差異がなく等しいこと。

・別のものではなくそのもののこと。
 
 
「一緒」

・複数の物事の間に差異がなく等しいこと。

・まとめること。

・ともに等しい行動をすること。

・同時。
 
 
「同じ」と「一緒」は共通の部分もありますが、それぞれ独自の意味もあります。

関連記事と広告

-文書

Copyright© 贈る言葉情報館 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.