言葉の使い方や意味などを深掘りしてご紹介いたします!

贈る言葉情報館

文書

「字体」と「書体」の違いを解説!実が意外な差があったよ!

更新日:

 
「字体」と「書体」。

意味が今一つハッキリしないのですが、「体」という字を使っているので、字の姿のこと??

ということは、パソコンで変更できるあれのことなのか…、でも双方の違いがよくわかりません…。
 
 
なんとなく、似ている「字体」と「書体」なのですが、実は微妙に違いがあるらしい…。

ということで、この2つの言葉の意味を徹底的に分析してみましたよ!
 
 
本記事では、「字体」と「書体」の意味の違いと使い分けについて、わかりやすく解説していきます。

かなり深掘りしましたので、ご期待ください!
 

スポンサードリンク

 

1.「字体」と「書体」の意味の違い!

最初に、「字体」と「書体」の意味の違いを簡潔にお伝えします。

「字体」とは、旧字や俗字などといった、点と線の組み合わせから成る文字の形のこと。

「書体」とは、文字の書きぶりのことで、主に毛筆で書いたもの。また、書風こと。

ただし、「字体」と「書体」は楷書体や行書体、明朝体やゴシック体などといった文字の書き方といった共通の意味もあります。

 
一言で表現すると、こういった違いです。

それでは、さらに詳細に紐解いていきますね。
 

①「字体」の意味とは!

「字体」は、文字の形のことです。

形といっても、正字や俗字、旧字といった点と線から成る文字の形のこと。
 
 
たとえば、「館」という漢字がありますが、この字が正字です。

この「館」の俗字が「舘」

この「舘」は、正字ではないのですが、世の中に広がり普通に使われるようになった漢字です。
 
 
そして、この「館」の旧字が「館」

旧字は、第二次世界大戦後に公布された「当用漢字」の前に使われていた漢字です。

当時は、基本的に旧字は使えなかったのですが、現在は「常用漢字」が公布されましたので、使用に関する決まりはゆるくなりました。
 
 
ということで、「館」が正字、「舘」が俗字、「館」が旧字というように、意味も読み方も同じでありながら形が違います。

この形が「字体」です。


 

②「書体」の意味とは!

「書体」は、主に毛筆で書いた文字の書きぶりのこと。

書風ともいいます。
 
 
たとえば、力強い書風・美しい書風・ダイナミックな書風などといった書風のこと。

具体的には以下のとおりです。

書風

同じ「風」という漢字ですが、雰囲気が違いますよね。

これが「書体」の違いということです。
 

③「字体」と「書体」は共通する意味もある!

「字体」と「書体」には、楷書体や行書体、明朝体やゴシック体などといった文字の書き方といった共通の意味もあります。

たとえば、楷書は以下のとおり。

楷書

そして、行書。

行書

最後は草書です。

草書

そして、明朝体とゴシック体の違い以下のとおり。

ゴシック

こいったものは、「字体の違い」ともいいますし「書体の違い」ともいいます。
 

④「字体」と「書体」の意味の違いを整理!

それでは、ここで一度「字体」と「書体」の意味の違いを整理します。
 
 
旧字や俗字などといった、点と線の組み合わせから成る文字の形が「字体」

主に毛筆で書いた文字の書きぶりが「書体」
 
 
ただし、「字体」と「書体」はどちらも、楷書体や行書体、明朝体やゴシック体などの文字の書き方という共通の意味もあります。
 

スポンサードリンク

 

2.「字体」と「書体」の辞書での意味!

続いて、辞書による「字体」と「書体」の意味がどうなっているのか確認していきます。
 

①「字体」の辞書での意味!

【字体】

①文字の形。「旧―」

②書体。楷書・行書・草書・篆書・隷書など。

③活字体。明朝・ゴシックなど。

引用元:旺文社国語辞典

意味①は、正字や旧字などの形のこと。

意味②と意味③は楷書やゴシックなどの書き方のこと、全て説明どおりの内容ですね。
 

②「書体」の辞書での意味!

【書体】

①文字の書きぶり。書風。「独特の―」

②文字のいろいろな書き方。筆記体では楷書・行書・草書など。活字体では明朝体・宋朝体・ゴシック体・イタリック体など。

引用元:旺文社国語辞典

意味①が書きぶりで、意味②がゴシックなどの書き方のこと。

こちらも、前の項目で説明したとおりの内容です。

書道
 

3.「字体」と「書体」の使い方!

最後に、「字体」と「書体」の使い方を例文で紹介します。
 

①「字体」の使い方!

・この漢字は旧字体だよ。

・旧字や俗字など字体が違うことを異体字といいます。

・文書の字体は明朝体に統一します。
 

②「書体」の使い方!

・まさに荒々しい書体で書かれている。

・筆の違いで書体にも違いがあらわれる。

・文書の書体は明朝体に統一します。
 

スポンサードリンク

 

まとめ

以上が、「字体」と「書体」の意味の違いと使い分けについてでした。
 
 
「字体」は、点と線の組み合わせから成る文字の形のことで、正字や旧字などがあります。

「書体」は、主に毛筆で書いた文字の書きぶりのこと。

この「書体」は書風ともいいます。
 
 
ただし、楷書体や行書体、明朝体やゴシック体などといった文字の書き方のことを、「字体」ともいいますし、「書体」ともいいます。

この部分は共通する意味ですね。

「字体」と「書体」の意味の違いを説明しましたが、似た意味の言葉で「字形」があります。

この「字形」について、詳しく解説した記事がありますよ!

もしよかったら、下の関連記事をご覧ください。

「字体」と「字形」の違い!わかりやすく徹底解説するよ!

 

関連記事と広告

-文書

Copyright© 贈る言葉情報館 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.