言葉の使い方や意味などを深掘りしてご紹介いたします!

贈る言葉情報館

文書

「ヴ」のパソコンでの打ち方!ひらがなでも入力できるの?

更新日:

 
楽器に「violin」があります…。
 
 
言葉を耳で聞き取ると、「バイオリン」ですが…。

文字としてカタカナで表記する時は、「バ」ではなく「ヴァ」で、「ヴァイオリン」って書きますよね…。
 
 
これ…、昔は「バ」だったらしいのですが、1990年代くらいから「ウ」に濁点で「ヴァ」が使われるようになったらしい…。

ヴ

ヴ

まあ、どちらでも間違いではないのでしょうが…。
 
 
ところで、この「ウ」に濁点がついた「ヴ」…。

パソコンのキーボードで、どのように打ったらいいのか…。
 
 
 
ということで、「ヴ」の打ち方を徹底的に調べてみました。

本記事では、パソコンなどにおける「ヴ」の打ち方を、わかりやすく解説していきます。

様々な設定に対応した方法を説明していますので、ご期待ください!
 

スポンサードリンク

 

1.「ヴ」のパソコンでの打ち方!

最初は、カタカナの「ヴ」の打ち方から説明します。
 

①ローマ字変換での「ヴ」の打ち方!

まずは、ローマ字変換に設定したパソコンから。
 
 
この場合は、キーボードの「V」を押してから「U」を押してください。

「V」→「U」の順にキーを押すことで、カタカナの「ヴ」が出ます
 
 
 
ちなみに、「ブ」の場合は「B」「U」と押しますが、この時の「B」を「V」に置き換えると「ブ」ではなく「ヴ」になるということ。
 
 
同じように「バ」は「B」「A」、「ビ」は「B」「I」、「ベ」は「B」「E」、「ボ」は「B」「O」と押しますが…。

この時の「B」を「V」に置き換えると、「ヴァ」「ヴィ」「ヴェ」「ヴォ」を表示させることができます。
 
 
「ヴァ」→「V」「A」

「ヴィ」→「V」「I」

「ヴ」→「V」「U」

「ヴェ」→「V」「E」

「ヴォ」→「V」「O」
 
 
ちなみに、たとえば「V」「A」の場合は、「ヴぁ」と「ヴァ」の2通りが候補になります

つまり、小さい「ぁ」と「ァ」、「ひらがな」と「カタカナ」が候補になりますので、カタカナの方を選択してください。
 

スポンサードリンク

 

②かな変換での「ヴ」の打ち方!

次は、かな変換に設定したパソコンの場合。
 
 
かな変換の時は、キーボードの「う」を押してから、濁点の「゛」を押してください。

「う」→「゛」の順にキー押すと、自動的にカタカナの「ヴ」が出ます
 
 
 
また、「ヴ」以外の「ヴァ」「ヴィ」「ヴェ」「ヴォ」を出す場合には…。

最初に、「ひらがな」入力モードから「カタカナ」入力モードに変更してください。
 
 
その後、「ヴァ」であれば、「う」「゛」と押して「Shift」キーを押しながら「あ」を押します

「Shift」キーを押しながら「あ」を押すことで、小さい「ぁ」になるということ。

「ヴィ」「ヴェ」「ヴォ」も同じ要領です。
 
 
ちなみに、最初の段階で「カタカナ」入力モードではなく、「ひらがな」入力モードになっている場合は、「ヴァ」ではなく「ヴぁ」になってしまいますので、気をつけてください。
 
 
まとめると、以下のとおり。
 
 
「ヴァ」→「う」「゛」「Shift」+「あ」

「ヴィ」→「う」「゛」「Shift」+「い」

「ヴ」→「う」「゛」

「ヴェ」→「う」「゛」「Shift」+「え」

「ヴォ」→「う」「゛」「Shift」+「お」
 

スポンサードリンク

 

2.「ヴ」をパソコンに「ひらがな」で表示!

続いて、ひらがなの「ゔ」の打ち方を説明します。
 
 
ひらがなの「ゔ」を表示させるには、最初に前項の方法で一度カタカナの「ヴ」を表示させてください

カタカナの「ヴ」を表示させてからの操作がポイントですので、ローマ字変換設定で変換しても、かな変換設定で変換してもどちらでも大丈夫。
 
 
そして、表示させたカタカナの「ヴ」にカーソルを合わせて、「変換」キーを押します

この操作で「ヴ」が変換されて、ひらがなの「ゔ」が候補になりますよ。
 
 
 
このひらがなの「ゔ」なのですが…。

注意点があります。
 
 
それは、ひらがなの「ゔ」は「環境依存文字」であるということ。

環境依存文字の場合、機種などの環境によっては文字化けする可能性があります。

古い機種の場合は、気をつけてください。
 
 
 
それから、「ヴァ」「ヴィ」「ヴェ」「ヴォ」に関しては残念ながら変換してもひらがなにはなりません…。
 
 
ですが、前の項目で説明したとおり「ヴぁ」「ヴぃ」「ヴぇ」「ヴぉ」といった、小さい部分だけひらがなバージョンは表示できますので…。

たとえば、「ゔぇ」であれば、一度「ヴぇ」を出してから「ヴ」と「ぇ」をスペースキーで分割し…。

「ヴ」の部分だけ再度変換して、「ゔ」に置き換えてください。
 
 
ただ…、この方法は面倒ですよね…。

ということで、次項では「ゔぁ」「ゔぃ」「ゔぇ」「ゔぉ」の出し方を効率化する方法を説明します。
 
パソコン
 

3.「ゔぁ」「ゔぃ」「ゔぇ」「ゔぉ」を単語登録で効率化!

表示させるのが面倒な「ゔぁ」「ゔぃ」「ゔぇ」「ゔぉ」は、単語登録で効率化をはかりましょう。

一度単語登録してしまえば、それ以降は一発変換で表示されるようになりますよ
 
 
 
ということで、登録の手順を説明します。

単語登録は一文字ずつ行いますので、ここでは「ゔぁ」の登録を例に説明しますね。
 
 
ワードやエクセルなどを開いた時に、パソコンの下の方に「あ」「A」のアイコンが出てきますので…。

この、「あ」「A」のアイコンを右クリックしてください。
 
単語登録
 
すると上のメニューが展開されますので、この中の「単語の登録」を左クリックしましょう。

左クリックで、下の「ウインドウ」が表示されます。
 
単語登録
 
このウインドウの、「単語」の部分に一度表示させた「ゔぁ」を貼り付けてください。
 
 
続いて、「単語」の下の「よみ」の部分に「読み方」を打ちましょう。

読み方は何でも構いませんが、忘れないようにするためには「ヴぁ」と打つのが無難です。
 
 
最後は、一番下の「登録」のボタンをクリックして終了。

残ったウインドウは、「閉じる」をクリックして消しましょう。
 
 
 
一応、正しく登録されているか、ワードなどで変換を試してみてください。

「ヴぁ」と打ってから変換して、「ゔぁ」が候補になれば成功です。
 

スポンサードリンク

 

まとめ

以上が、パソコンにおける「ヴ」の打ち方についてでした。
 
 
ローマ字変換設定の場合は、「ブ」は「B」「U」ですが、「ヴ」は「V」「U」と打ちます。

つまり、「B」を「V」に置き換えるということ。
 
 
かな変換設定の場合は、「う」に濁点を加えることで「ヴ」を表示させることができます。
 
 
それから、単語登録をぜひ活用してください。
 

本記事では、「ヴ」の出し方を解説させていただきましたが…。

普段のパソコン操作時に、ローマ字入力のスペルがわからなくなることがないですか?
 
 
下の関連記事では「ウォ」の出し方を説明していますが、それ以外に全てのローマ字入力時のスペルを素早く確認する方法も紹介していますので、ぜひご覧ください。

「ウォ」のローマ字入力での打ち方!パソコンへの出し方は?

スペル確認は意外に簡単ですよ。

 

関連記事と広告

-文書

Copyright© 贈る言葉情報館 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.