言葉の使い方や意味などを深掘りしてご紹介いたします!

贈る言葉情報館

記号・マーク

「はてな」記号のパソコンへの出し方!反対や四角付きも!

更新日:

 
パソコンで文書をつくる時に便利なのが「記号」。

「¥」「%」などはよく使いますが…。
 
 
同じように使用頻度の高い記号が「はてな」記号。

「疑問符」とも呼ばれますが、それが下の記号です。

はてな

はてな

はてな

はてな

このように、「はてな」記号にも色々と種類がありますが…。

全種類をパソコンに表示するとなると、簡単ではありません。
 
 
 
ということで、こういった記号の出し方を徹底的に調べてみました。

本記事では、「はてな」記号をパソコンなどに表示させる方法について、わかりやすく解説していきます。

かなり深掘りしましたので、ご期待ください!
 

スポンサードリンク

 

1.「はてな」記号をパソコンへ!変換できるよ!

冒頭で4種類の「はてな」記号を紹介しましたが、「普通」「反対」「2連」タイプについては該当キーか変換により表示させることができます
 
 
最初は、「該当キー」を使う方法から。

下の画像をご覧ください。
 
パソコンキーボード
 
赤い印がある平仮名の「め」のキーが「はてな」記号です。
 
 
ローマ字変換設定の場合は、青い印の「半角/全角」キーでどちらかを選択し、緑色の「Shift」キーを押しながら「め」のキーを押してください。

かな変換設定の場合は、最初に英数入力にしてから上記の操作をしましょう。
 
 
そして、「め」のキーで表示させた「はてな」記号は、その状態からカーソルを合わせて「変換」キーを押すことで、種類を切り替えることができます

この操作で、「普通」のタイプと「反対」のタイプを出すことができますよ。
 
 
 
続いて、言葉を打ってからの「変換」の方法。
 
 
具体的には、「はてな」と打ってから「変換」キーを押してください。

これで、「普通」「反対」「2連」タイプを出すことができます。
 
 
「はてな」以外では、「ぎもんふ」という言葉でも変換が可能。

もちろん、「ぎもんふ」で変換した場合も、3種類の「はてな」記号が候補になります。
 

スポンサードリンク

 

2.「はてな」記号をパソコンへ!四角付きは?

残念ながら変換することができない、「四角」付きの「はてな」記号
 
 
変換できない記号は、「文字コード」を使って出しましょう。

パソコンで表示される文字や記号には、全てにそれぞれの文字コードがついています。
 
 
そして、四角付きの「はてな」記号の文字コードは以下のとおり。
 
 

【2370】


はてな

せっかくですので、他の「はてな」記号の文字コードもお伝えしますね。
 
 

【003F】


はてな

【00BF】


はてな

【2047】


はてな

四角付きが「2370」で、普通のタイプが「003F」

反対向きのタイプが「00BF」で、2連タイプが「2047」となっています。
 
はてな
 
そして、この文字コードをどうするのか、ですが…。
 
 
たとえば四角付きの「はてな」記号であれば、ワードやエクセルなどに「2370」と打ち、そのままの状態でキーボードの「F5」のキーを押してください

この操作で、四角付きの「はてな」記号が候補になります。
 
 
 
ちなみに、「2370」と打った後は、「F5」を押す前に「Enter」キーを押してはいけません。

「2370」と打ったら、変換か可能な状態を保ったまま「F5」を押してください。
 
 
ですから、変換が不可能になる「直接入力」ではなく、「全角英数」などの設定で打ちましょう。
 

スポンサードリンク

 

まとめ

以上が、「はてな」記号をパソコンなどに表示させる方法についてでした。
 
 
「普通」「反対」「2連」タイプの「はてな」記号は、該当キーか「はてな」「ぎもんふ」という言葉で変換することができます。
 
 
「四角」付きの「はてな」記号は、変換が不可能ですので文字コードを使って出しましょう。

ちなみに、この文字コードですが、どうしても変換できない記号などに遭遇した際に、とても役立ちますよ。
 

記号の出し方についてでしたが、このような出し方に関する記事は他にも多くあります。

ということで、この記号・マークの出し方についての記事を集約しまとめ記事にしました!

「記号」「マーク」の出し方に関する記事まとめ【72記事】

記号・マークについて、出すことができない場合の参考にしていただければと思います。

必見ですよ!

 

関連記事と広告

-記号・マーク

Copyright© 贈る言葉情報館 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.