言葉の使い方や意味などを深掘りしてご紹介いたします!

贈る言葉情報館

記号・マーク

「円」記号の出し方!パソコンなどへの打ち方を明快に解説!

更新日:

 
文書を作成する上で、確実に使うのが「記号」。

「?」「!」なども使いますが、何より「句読点」も記号ですから。
 
 
そういった記号の中には、日本のお金の単位である「円」の記号もあります。

それが、下の記号。

円記号

よく目にするこの「マーク」といいますか、「記号」なのですが…。
 
 
パソコンのキーボードの中に存在していながら、正しく表示されないことがあります…。

なぜ、該当するキーを押していながら出せないのか??
 
 
 
ということで、こういった記号の様々な出し方を徹底的に調べてみました。

本記事では、「円」記号をパソコンなどに表示させる方法について、わかりやすく解説していきます。

かなり深掘りしましたので、ご期待ください!
 

スポンサードリンク

 

1.「円」記号の出し方!キーボードで直接!

「円」記号をパソコンに表示させる方法の中で…。

最も簡単な方法が、キーボードの中の該当キーによる直接入力です。
 
 
具体的には、下の画像の「Enter」キーの左斜め上のキー。
 
パソコンキーボード
 
「Backspace」キーの左となりですね。
 
 
「ローマ字入力」であればそのまま押すだけで出せますし、「かな入力」の場合は「英数」に設定してから押すことで出せます。

普通は、「半角」と「全角」どちらのタイプも出せますので、「半角/全角」キーを使うか表示後に「変換」キーを押すなどして切り替えてください。
 
 
 
ただし、この「円」記号のキーを押した時に、「\」の記号が表示されることがありますよね…。

これは「バックスラッシュ」という記号なのですが、実は「円」記号と同一に扱われることがある記号なのです…。
 
 
バックスラッシュが出てしまう場合は、「Shift」キーを押したまま「英数」キーを押して「CapsLock」 OFF状態してから、「円」記号のキーを押してみてください。
 
 
ちなみに、もう一度「Shift」を押したまま「英数」キーを押すことで、「CapsLock」がONになります。

「CapsLock」をOFFにしても正しく「円」記号が表示されない場合は…。

「半角/全角」キーで、「全角」を指定して打ってみてください。
 
 
パソコンキーボード
 
この項で紹介したキーの位置をお伝えする意味で、キーボードの画像を貼っておきます。

左側の上から下の順で「半角/全角」キー、「英数」キー、「Shift」キー、そして右側に「円」記号キー。
 
 
 
もし、「CapsLock」のOFFでも、「全角」指定でもうまくいかない…。

または、どうしても「半角」で表示させたいといった場合は、次項へ進んでください。
 

スポンサードリンク

 

2.「円」記号の出し方!変換で!

「円」記号は、その該当キーを押す以外に、変換によって表示させることができます。
 
 
具体的には、平仮名で「えん」と打ってから「変換」キーを押してください。

候補の漢字がずらりと並びますが、その中に「円」記号も候補として挙がります。
 
 
そして、候補となる「円」記号は、「全角の記号」「半角の記号」「環境依存」の3種類

ご自身の目的の記号を選択してください。
 
 
 
ちなみに、変換で出す「全角の記号」と「半角の記号」は、キーボードの該当キーで出す「円」記号と全く同じものです。
 
 
それから、前項の該当キーで「半角」が出せなかった場合は…。

変換で候補になった、「環境依存」の記号を選択するとうまく表示されます
 
 
「環境依存」の「円」記号は、該当キーで表示させる半角の「円」記号とサイズがほぼ同じ。

ただし、お互いに全く異なる文字ですよ。
 
パソコン
 

3.「円」記号の出し方!文字コードで!

該当キーもありますし、変換でも表示できる「円」記号なのですが…。
 
 
それ以外に、「文字コード」を使った表示方法もあります。

ただし、該当キーもあり変換も簡単ですので、文字コードは少し面倒なのですが…使い方を覚えておいて損はしませんよ。
 
 
 
それでは、文字コードの使い方を説明しますね。

「円」記号の文字コードは、「全角」「半角」「環境依存」の3種類ありそれぞれ異なります
 
 
「全角」の文字コードが「FFE5」

「半角」が「005C」

そして、「環境依存」が「00A5」です。
 
 
 
たとえば「全角」を出す時は、ワードなどに「FFE5」と打ち、そのままの状態でキーボードの「F5」キーを押すだけ
 
 
これだけで、全角の「円」記号が表示されます。

アルファベットは小文字で「ffe5」と打ってもかまいません。
 
 
 
ちなみに、「FFE5」と打った後に「エンター」キーを押してはいけません。

「FFE5」と打ったら、変換可能な状態を維持したまま「F5」キーを押してください。
 
 
ですから、変換不可能となる「直接入力」ではなく、「全角英数」か「半角英数」などの設定で打ちましょう。
 
 
ローマ字入力に設定している場合は、「全角ひらがな」などの日本語入力でも大丈夫です。

たとえば、「全角ひらがな」で「FFE5」と打つと「っふぇ5」と表示されますが、そのまま「F5」キーを押せば全角の「円」記号が表示されますよ。
 

スポンサードリンク

 

まとめ

以上が、「円」記号をパソコンなどに表示させる方法についてでした。
 
 
「円」記号は、キーボードの該当キーか、「えん」を変換して表示させる方法が簡単です。

うまく表示されない場合は、「CapsLock」のOFFや「全角」指定、もしくは変換で「環境依存」の記号を選択するなど、色々と試してみてください。
 
 
それから、実用的とはいえませんが「文字コード」を使った方法もありますので覚えておいてください。
 

ところで、記号の出し方を説明させていただきましたが…。

他にも、簡単に表示させることができない文字の出し方を解説した記事がありますよ。
 
 
よかったら、下の記事も覗いてみてください。

「西」の漢字のまっすぐな型にパソコンで変換!フォントは?

「榊」の漢字の木へんに神が出ない?出す方法を解説するよ!

「角」の漢字の突き出るタイプをパソコンに表示させる方法!

「海」の中が「母」の漢字は変換できる?2つの方法を解説!

七が3つの漢字の出し方!変換方法も含めわかりやすく解説!

ぜひ、どうぞ。

 

関連記事と広告

-記号・マーク

Copyright© 贈る言葉情報館 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.