言葉の使い方や意味などを深掘りしてご紹介いたします!

贈る言葉情報館

記号・マーク

「ドル」記号の入力!キーボードを使った出し方を徹底解説!

更新日:

 
文書で、金額を表す時に便利なのが「記号」。

「¥」の記号を付けるだけで、金額を指していることが一目で理解できますよね…。
 
 
そして、この金額がアメリカの「ドル」となると、また異なる記号が使われます。

それが、下の記号。

ドル

ドル

ドル

一番下は日本語で「ドル」と小さく表しているだけですが、一般的にはローマ字の「S」に縦の線が加わった記号が使われます。
 
 
ちなみに、この縦の線は二本線の場合もあれば、パソコンでは一本線…。

この「二本線」と「一本線」、どちらも正しい表記であることは確かなのですが、どちらが元祖なのかはよくわかってないようです…。
 
 
ところでこの「ドル」記号、パソコンでどのようにして入力するのが簡単なのか…。
 
 
 
ということで、こういった記号の様々な出し方を徹底的に調べてみました。

本記事では、「ドル」記号をパソコンなどに表示させる方法について、わかりやすく解説していきます。

かなり深掘りしましたので、ご期待ください!
 

スポンサードリンク

 

1.「ドル」記号の入力!キーボードで!

「ドル」記号を入力するには…。

キーボードの中の、「ドル」記号のキーを押す方法がわかりやすいです
 
 
その「ドル」記号のキーの位置は下のとおり。
 
 
パソコンキーボード
 
画像の赤い部分に位置する、数字の「4」ひらがなの「う」と一緒になったキーですね。

キーの左上が「ドル」記号になっています。
 
 
ただし、このキーをそのまま押すと…。

ローマ字変換設定の場合は「4」、かな変換設定の場合は「う」が入力されます。
 
 
そうならないように、ローマ字変換設定の場合は、青い部分の「Shift」キーを押しながら赤い部分の「ドル」記号のキーを押してください

かな変換設定の場合は「Shift」の上の「英数」キーを押した後に、「Shift」キーを押しながら「ドル」記号キーを押すと正しく入力できます
 
 
 
ちなみに、冒頭で「ドル」記号を3種類紹介しましたが…。

実は、この方法で入力できる「ドル」記号は、紹介したうちの一番上の最もメジャーな記号だけ。
 
 
それ以外の記号を出す方法については、次項へ進んでください。
 

スポンサードリンク

 

2.「ドル」記号の入力!変換できる?

「ドル」記号は、前項のように該当するキーを押すだけで簡単に入力できますが…。

ローマ字変換だと「Shift」キー、かな変換だと「英数」キーを押した後に「Shift」キーを押すわずらわしさがあります。
 
 
そういった、わずらわしさを効率化してくれるのが「変換」による入力。

具体的には、「どる」と打ってから「変換」キーを押してください。
 
 
「どる」で変換すると、冒頭で紹介した3種類の記号、全て入力することができます

ちなみに、「せんと」で変換すると、「セント」記号が出ますよ。
 
 
 
日本語でパチパチと文字を入力しながらの流れで、そのまま「どる」と打つだけですので…。

「shift」キーや「英数」キーを織り交ぜる方法に比べたら、人によってはこの方法が手っ取り早いのかもしれません。
 
 
どちらも試してみて、自分にとって使いやすい方を選択してください。
 
ドル紙幣
 

3.「ドル」記号の入力!文字コードで!

ということで、2とおりの「ドル」記号の入力方法を説明しましたが…。

その他に、「文字コード」を使った入力方法もあります。
 
 
ただし、コードをメモしておく必要があって、やや面倒…。

ですが、様々な出しにくい「マーク」や「旧字」などに応用できますので、使い方を覚えておいて損はしませんよ。
 
 
 
それでは、その手順を説明します。

まずは、3種類ある「ドル」記号の文字コードは以下のとおり。
 
 

【0024】


ドル

【1F4B2】


ドル

【3326】


ドル

上から、標準的なタイプが「0024」で、絵文字風が「1F4B2」、日本語タイプが「3326」です。
 
 
そして、このコードですが…。

たとえば一番上の記号であれば、ワードなどに「0024」と打ち、そのままの状態でキーボードの「F5」キーを押すだけ
 
 
これだけで、一番上の「ドル」記号が表示されます。

アルファベットを含むコードの場合は、大文字と小文字はどちらでも大丈夫。
 
 
 
ちなみに、「0024」の後に「エンター」キーを押してはいけません。

「0024」と打ち、変換可能な状態を保ったまま「F5」キーを押してください。
 
 
ですから、変換不可能となる「直接入力」ではなく、「全角英数」か「半角英数」などの設定で打ちましょう。

ローマ字変換の場合は、「全角ひらがな」などの日本語入力でも大丈夫ですよ。
 

スポンサードリンク

 

まとめ

以上が、「ドル」記号をパソコンなどに表示させる方法についてでした。
 
 
「ドル」記号は、キーボードの該当キーを押すか、「どる」の変換で表示させることができます。

どちらも試してみてください。
 
 
それから、少し面倒ですが「文字コード」を使った入力方法もありますので覚えておいてください。
 

ところで、記号の出し方を説明させていただきましたが…。

他にも、簡単に表示させることができない文字の出し方を解説した記事がありますよ。
 
 
よかったら、下の記事も覗いてみてください。

「西」の漢字のまっすぐな型にパソコンで変換!フォントは?

「榊」の漢字の木へんに神が出ない?出す方法を解説するよ!

「角」の漢字の突き出るタイプをパソコンに表示させる方法!

「海」の中が「母」の漢字は変換できる?2つの方法を解説!

七が3つの漢字の出し方!変換方法も含めわかりやすく解説!

ぜひ、どうぞ。

 

関連記事と広告

-記号・マーク

Copyright© 贈る言葉情報館 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.