言葉の使い方や意味などを深掘りしてご紹介いたします!

贈る言葉情報館

記号・マーク

「積分」記号のパソコンへの出し方!変換だけで表示できる?

更新日:

 
ある関数を使って描かれた面積。

それが「積分」。
 
 
「積分」は紀元前から使われていたそうですが、現在使われている「S」を変形させた「積分」記号は17世紀頃に発表されました。

それが、下の記号。

積分

積分

積分

上から、「積分」記号、「2重積分」記号、「周回積分」記号。

これは、一部の記号であって他にもまだ種類があります。
 
 
ですが…、問題はこういった記号をパソコンなどに表示させたい時…。

どうやって出すの??
 
 
 
ということで、こういった記号の出し方を徹底的に調べてみました。

本記事では、「積分」記号をパソコンなどに表示させる方法について、わかりやすく解説していきます。

かなり深掘りしましたので、ご期待ください!
 

スポンサードリンク

 

1.「積分」記号のパソコンへの出し方!変換できる?

「積分」記号は、変換によって表示させることができます。
 
 
具体的には、「せきぶん」という言葉で変換してください。

これだけで、「積分」記号が候補に挙がります。
 
 
その他には、「いんてぐらる」でも変換が可能。

積分は、英語で「Integral(インテグラル)」ですので、そのままですね。
 
計算式
 
あとは、「すうがく」「きごう」という言葉でも変換できます。

ただし、「すうがく」や「きごう」で変換した場合、候補となる記号が多すぎてなかなか「積分」記号までたどり着きません…。
 
 
ですが、「すうがく」「きごう」での変換は、他の様々な記号を表示させたい時に応用できますよ。

ぜひ、試してみてください。
 

スポンサードリンク

 

2.「積分」記号のパソコンへの出し方!文字コードで!

変換によって簡単に表示できる「積分」記号なのですが、その他に「文字コード」を使った出し方もあります。
 
 
変換の方が速いですので、文字コードは実用的ではありません…。

ただしこの方法は、出しにくい「旧字」や「記号」などを表示させたい時に応用できますので、覚えておくと便利ですよ。
 
 
 
ということで、文字コードの使い方を説明します。

まず、それぞれの「積分」記号の文字コードは以下のとおり。
 

「積分」記号→「222B」

「2重積分」記号→「222C」

「3重積分」記号→「222D」

「周回積分」記号→「222E」

「閉閉鎖積分」記号→「222F」

「閉体積積分」記号→「2230」

「時計回り積分」記号→「2231」

「時計回り周回積分」記号→「2232」

「反時計回り周回積分」記号→「2233」

 
 
そして、このコードなのですが…。

たとえば「周回積分」記号であれば、ワードなどに「222E」と打ってから、そのままの状態でキーボードの「F5」のボタンを押すだけ
 
 
この操作で、「周回積分」記号が表示されます。

アルファベットは、小文字で「222e」と打ってもかまいません。
 
 
 
ちなみに、「222E」と打ってから「エンター」を押してはいけません。

「222E」と打ち、変換できる状態を保ったまま「F5」を押してください。
 
 
ですから、変換ができなくなる「直接入力」ではなく、「全角英数」か「半角英数」などの設定で打ちましょう。
 
 
ローマ字変換に設定しているパソコンは、「全角ひらがな」「全角カタカナ」「半角カタカナ」などの日本語入力でも大丈夫です。

たとえば、「全角ひらがな」で「222E」と打つと「222え」と表示されますが、そのまま「F5」を押せば「周回積分」記号が表示されますよ。
 

スポンサードリンク

 

まとめ

以上が、「積分」記号をパソコンなどに表示させる方法についてでした。
 
 
「積分」記号は、「せきぶん」や「いんてぐらる」という言葉で変換することができます。

その他にも、「すうがく」や「きごう」でも変換が可能。
 
 
それから、少し面倒ですが「文字コード」を使った方法もあります。

文字コードを使った方法は、色々と応用できますのでぜひ覚えておいてください。
 

ところで、記号の出し方を説明させていただきましたが…。

他にも、簡単に表示させることができない文字の出し方を解説した記事がありますよ。
 
 
よかったら、下の記事も覗いてみてください。

「西」の漢字のまっすぐな型にパソコンで変換!フォントは?

「榊」の漢字の木へんに神が出ない?出す方法を解説するよ!

「角」の漢字の突き出るタイプをパソコンに表示させる方法!

「海」の中が「母」の漢字は変換できる?2つの方法を解説!

七が3つの漢字の出し方!変換方法も含めわかりやすく解説!

ぜひ、どうぞ。

 

関連記事と広告

-記号・マーク

Copyright© 贈る言葉情報館 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.