言葉の使い方や意味などを深掘りしてご紹介いたします!

贈る言葉情報館

記号・マーク

「同じ」の記号のパソコンへの出し方!向きが違うのも可能?

更新日:

 
出席者名簿や一覧表などで活躍するのが「上に同じ」を表す記号。

所属などが同じ場合は、いちいち書かなくても「ちょんちょん」とするだけで済みます。
 
 
これは、手書き以外のパソコンなどの表でも同様。

それが、下の記号です。

同じの記号

それから、上の「ちょんちょん」とは向きが違うタイプが下の記号。

同じの記号

こういった便利な記号…。
 
 
手で書く時は何も問題ないのですが…。

問題となるのが、パソコンに表示させたい時になかなか出てこないとうこと…。

どうやったら出てくるの??
 
 
 
ということで、こういった記号の出し方を徹底的に調べてみました。

本記事では、「同じ」の記号をパソコンなどに表示させる方法について、わかりやすく解説していきます。

また、「同じ」記号の向きはどっちが正しいのかも調べましたので、ご期待ください!
 

スポンサードリンク

 

1.「同じ」の記号のパソコンへの出し方!違う「向き」も変換!

「同じ」の記号は、変換することができます。
 
 
まずは、「向き」が右上から左下へ下がるタイプから。

下の画像のタイプです。

同じの記号

これは、「おなじ」という言葉で変換してみてください。

「おなじ」以外では、「どう」「くりかえし」でも変換できます。
 
 
ただし、「どう」は候補の漢字が多すぎて出にくいですし、「くりかえし」は5文字も打たなくてはいけませんので…。

一番簡単なのは、やはり「おなじ」でしょうか。
 
 
ちなみに、この記号の正式名称は「ノノ点」といいます。

カタカナの「ノ」が二つで「ノノ点」ですね。
 
 
 
それから、「向き」が違う下のタイプ。

同じの記号

左上から右下に下がるタイプですが…。

こちらの方は、「かっこ」で変換してください。

または、「いんようふ」でも出すことができます。
 
 
「かっこ」も「いんようふ」も、様々なタイプの「ちょんちょん」が候補になりますので、お好みで選択してください。

ちなみに、こちらの記号の正式名称は「ちょんちょん」「ちょんちょんかっこ」「ダブルミュート」「ダブルクォーテーションマーク」「ダブル引用符」など、それぞれの種類によって異なります。
 
体温計
 
ところで…。

右上から左下へ下がるタイプは、「おなじ」で変換できますが…。

左上から右下に下がるタイプが変換できるのは、「かっこ」や「いんようふ」のように、「同じ」という意味とは関係ない言葉です。
 
 
つまり、左上から右下に下がるタイプの「ちょんちょん」は、「同じ」という意味の記号ではありません

ということで、パソコン上で「同じ」という意味の記号の向きは、右上から左下へ下がる「ちょんちょん」が主流
 
 
 
ですが、パソコンが普及する前の時代は、多くの人が左上から右下に下がるタイプを手書きしており、このタイプが主流でした。

したがって、左上から右下に下がるタイプを「同じ」意味で使うのが誤りということではありません。
 
 
もちろん、これは手書き、パソコン共にです。
 

スポンサードリンク

 

2.「同じ」の記号は文字コードで!

変換で表示できる「同じ」の記号なのですが、その他に「文字コード」を使った表示方法もあります。
 
 
ただし、変換の方が簡単なので、この方法は実用的ではありませんが…。

この方法は、出しにくい「記号」「マーク」「旧字」などを表示する際に応用できますので、頭の片隅にでも置いておいてください。
 
 
そして、「同じ」の記号の文字コードは以下のとおり。
 
 

【3003】


同じの記号

【301D】


同じの記号

【301F】


同じの記号

「おなじ」で変換できるタイプが、「3003」

それから、左上から右下に下がるタイプは、「右上方」に位置する「301D」と「左下方」に位置する「301F」の2通りのタイプがあります。
 
 
 
文字コードの使い方は、ワードやエクセルなどに「3003」を打ち込み、そのままの状態でキーボードの「F5」ボタンを押すだけ

アルファベットは、大文字でも小文字でもどちらでもかまいません。

これだけで、「同じ」の記号が表示されます。
 
 
ちなみに、「3003」の後に「エンター」を押してはいけません。

「3003」と打ち、変換可能な状態を維持したまま「F5」ボタンを押してください。
 
 
ですから、変換不可能となる「直接入力」ではなく、「全角英数」「半角英数」といった設定で打ちましょう。

ローマ字変換設定にしている場合は、「全角ひらがな」などの日本語入力でも大丈夫です。
 

スポンサードリンク

 

まとめ

以上が、「同じ」の記号をパソコンに表示させる方法についてでした。
 
 
「同じ」の記号の右上から左下へ下がるタイプは、「おなじ」「どう」「くりかえし」といった言葉で変換することができます。

また、向きが真逆の左上から右下に下がるタイプは、「かっこ」「いんようふ」で変換することで表示可能。
 
 
それから、「文字コード」を使った方法もありますので、覚えておいてください。
 

ところで、記号の出し方を説明させていただきましたが…。

他にも、簡単に表示させることができない文字の出し方を解説した記事がありますよ。
 
 
よかったら、下の記事も覗いてみてください。

「西」の漢字のまっすぐな型にパソコンで変換!フォントは?

「榊」の漢字の木へんに神が出ない?出す方法を解説するよ!

「角」の漢字の突き出るタイプをパソコンに表示させる方法!

「海」の中が「母」の漢字は変換できる?2つの方法を解説!

七が3つの漢字の出し方!変換方法も含めわかりやすく解説!

ぜひ、どうぞ。

 

関連記事と広告

-記号・マーク

Copyright© 贈る言葉情報館 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.