言葉の使い方や意味などを深掘りしてご紹介いたします!

贈る言葉情報館

記号・マーク

「無限」マークの出し方!変換でパソコンなどに表示できる?

更新日:

 
仕事などで文書をつくる時、便利なのが「マーク」。

文字数が節約できる上に、凄く映えますよね。
 
 
ただし、「@」や「?」といったマークは簡単にパソコンなどに表示できますが…。

下の「無限」のマークとなると…簡単ではありません。

無限

正式名称は「無限大」というこのマーク、パソコンのキーボードの中には存在しません。

では、どのようにして表示させるの?
 
 
 
ということで、こういったマークの出し方を徹底的に調べてみました。

本記事では、「無限」マークをパソコンなどに表示させる方法について、わかりやすく解説していきます。

かなり深掘りしましたので、ご期待ください!
 

スポンサードリンク

 

1.「無限」マークの出し方!変換できるの?

「無限」マークは、変換することで表示させることができます。
 
 
「むげん」「むげんだい」で、変換を試してみてください。

これで、「無限」マークが候補となって出てきます。
 
 
その他に、「きごう」でも表示できますが…、候補の記号が多すぎて目的の記号にたどり着くまで時間が…。

ですから、パソコンの場合は「きごう」での変換はあまりおすすめできません。
 
 
また、スマホにおいても、同じように「むげん」「むげんだい」「きごう」で変換することが可能。
 
 
この「無限」のマークなのですが、「限りなく大きい」という意味で正式名称は「無限大」です。

「無限」だけだと、「限りなく小さい」という意味の「無限小」との区別がつきませんので、本来は「無限大」というように「大」をつけなくてはいけません。
 
 
 
余談ですが、「無限」マークと似ているために、間違われるマークもありますので一応紹介します。
 
 

【①無限大】


無限

【②比例】


比例

【③相似】


相似

真ん中の②は、「ひれい」で変換できる「比例記号」。

「比例記号」は、「x」と「y」の間に配置することで、「xとyは比例している」という意味になります。
 
 
 
そして、③が「そうじ」で変換できる「相似記号」。

「相似」とは、「形は同じですが、大きさが違う」という意味です。
 
 
つまり、図形の角度はそれぞれ同じでありながら、辺の長さが違うということ。

たとえば、「図形a」と「図形b」の間に「相似記号」を配置すると、「図形aと図形bは、形は同じですが大きさが違う」という意味になります。
 

スポンサードリンク

 

2.「無限」マークは文字コードで!

変換で表示できる「無限」マークですが、実は変換以外に「文字コード」で表示させる方法もあります。
 
 
文字コードを使った方法は、変換にくらべて実用的ではないのですが…。

使い方を覚えておくと、出しにくい「マーク」や「旧字」などに応用できますので、覚えておくと便利ですよ。
 
無限
 
それでは、使い方の手順を説明します。
 
 
「無限」マークの文字コードは「221E」

この「221E」をワードやエクセルなどに打ち、そのままの状態でキーボードの「F5」キーを押すだけです
 
 
アルファベットは小文字で「221e」と打ってもかまいません。

これだけの操作で、「無限」マークが表示されます。
 
 
 
ちなみに、「221E」と打った後に「エンター」キーを押してはいけません。

「221E」と打ったら、変換可能な状態を保ったまま「F5」キーを押してください。
 
 
ですから、変換不可能となる「直接入力」ではなく、「全角英数」などの設定で打ちましょう。
 
 
ローマ字変換に設定している場合は、「全角ひらがな」などの日本語入力でも大丈夫です。

たとえば、「全角ひらがな」で「221E」と打つと「221え」と表示されますが、そのまま「F5」キーを押せば「無限」マークが表示されますよ。
 

スポンサードリンク

 

まとめ

以上が、「無限」マークをパソコンなどに表示させる方法についてでした。
 
 
「無限」マークは、「むげん」「むげんだい」「きごう」で変換することで表示させることができます。

これは、スマホも同じ。
 
 
それから、実用的ではありませんが「文字コード」を使った方法もありますので頭の片隅にでも置いておいてください。
 

「記号」「マーク」の表示方法についてのまとめ記事を作りました!

「記号」「マーク」の出し方に関する記事まとめ【72記事】

仮に、他の記号・マークの出し方をお探しならば、ぜひご覧になってください。

探しやすいよう、50音順に並べています。

 

関連記事と広告

-記号・マーク

Copyright© 贈る言葉情報館 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.