言葉の使い方や意味などを深掘りしてご紹介いたします!

贈る言葉情報館

記号・マーク

「上ハイフン」の出し方!パソコンなどのキーボードにある?

更新日:

 
文書を作成する上で、欠かせないのがハイフンなどの「横棒」の数々…。

引き算の「マイナス」、言葉を伸ばす「あーっ!」の記号、アドレスに使われる「ハイフン」など、色々とあります。
 
 
その他に、下に位置する横棒や、上に位置する横棒も…。

下に位置する横棒は、「アンダーバー」「アンダースコア」という名称。

そして、上に位置する横棒なのですが、ちまたは「上ハイフン」と呼ばれていますが…実は「オーバーライン(強調線)」「マクロン(長音符号)」が正式名称です。
 
 
 
ところで、「アンダーバー」「アンダースコア」の方は、キーボードの「ろ」のキーと一緒になっていますので出し方は簡単なのですが…。
 
 
ところが、「オーバーライン」や「マクロン」の方は、キーボードの中に存在しません…。

キーボードに存在しない「オーバーライン」と「マクロン」…これ、どうやって出すの?
 
 
 
ということで、こういった記号の出し方を徹底的に調べてみました。

本記事では、「オーバーライン」「マクロン」をパソコンなどに表示させる方法について、わかりやすく解説していきます。

かなり深掘りしましたので、ご期待ください!
 

スポンサードリンク

 

1.キーボードでの「上ハイフン」の出し方!

通称「上ハイフン」の中の、長音符号である「マクロン」に限ってはキーボードで表示させることができます。

ただし、全角の「マクロン」だけで、半角は不可能…
 
 
ちなみに、「マクロン」はローマ字などの音をのばす時に使う記号。

たとえば、「Tokyo」の「o」の上に表示させるのが本来の使い方です。
 
 
 
そして「マクロン」のキーボードの場所ですが、ひらがなの「へ」のキーに「~」がありますよね。

「shift」キーを押しながら、この「~」キーを押してみてください
 
 
これで、パソコンに「~」が表示されますので、そのままの状態で「変換」キーを何度か押すと全角の「マクロン」になります
 
 
 
残念ながら、半角の「マクロン」や「オーバーライン」はキーボードの中にはありません。
 
 
あと余談ですが、「~」は「から」という言葉で変換しても表示できますが…。

だからといって、「から」で変換しても「マクロン」にはなりません。
 
tokyo
 

2.変換による「上ハイフン」の出し方!

それから、漢字変換の要領で「オーバーライン(強調線)」と「マクロン(長音符号)」を表示させることができます
 
 
文字を強調する時に使う「オーバーライン」の方は、「おーばー」で変換してください。

全角の「マクロン」と凄く似ていますが、異なる記号ですよ。
 
 
そして、半角の「マクロン」は、そのまま「まくろん」で変換すると表示できます。

あと、全角の「マクロン」は「きごう」で変換してください。
 
 
ただし、「きごう」だと候補の記号が多すぎて、なかなか全角の「マクロン」に到達しません…。

キーボードの「~」の方が早いです。
 
 
この方法はおすすめできませんが…。

「きごう」で変換すると、様々な記号が表示されますので、他の出しにくい記号を出す時に活用できますよ。
 
 
 
あと、スマホの場合は「おーばー」「まくろん」共に変換できません。

ただし、全角の「マクロン」に限っては「きごう」で変換することで、候補に表示されます。

残念ながら、スマホに半角の「マクロン」や「オーバーライン」は表示できませんでした…。
 

スポンサードリンク

 

3.文字コードによる「上ハイフン」の出し方!

最後は、「文字コード」を使った表示方法。
 
 
キーボードや変換の方が簡単ですので、この文字コードは実用的ではありませんが…。

様々な「記号」や「マーク」などを出す時に応用できますので、頭の片隅にでも置いておくといざという時に役立ちますよ。
 
 
 
それでは、文字コードの使い方を説明します。
 
 
まずは、「オーバーライン」の文字コードが「203E」

全角「マクロン」の文字コードが「FFE3」

そして、半角「マクロン」の文字コードが「00AF」と「02C9」の2種類です。
 
 
 
コードの使い方は、「オーバーライン」であればワードなどに「203E」と打ち、そのままの状態でキーボードの「F5」のキーを押すだけ
 
 
アルファベットは小文字で「203e」と打っても大丈夫です。

これだけで、「オーバーライン」が表示されますよ。
 
 
ちなみに、「203E」の後に「エンター」キーを押してはいけません。

「203E」と打ち、変換可能な状態を保ったまま「F5」のキーを押してください。
 
 
ですから、変換不可能となる「直接入力」ではなく、「全角英数」か「半角英数」などの設定で打ちましょう。
 
 
ローマ字変換のパソコンであれば、「全角ひらがな」などの日本語入力でも大丈夫です。

たとえば、「全角ひらがな」で「203E」と打つと「203え」と表示されますが、そのまま「F5」キーを押せば「オーバーライン」が表示されますよ。
 

スポンサードリンク

 

まとめ

以上が、通称「上ハイフン」である「オーバーライン」や「マクロン」をパソコンに表示させる方法についてでした。
 
 
「オーバーライン」や「マクロン」は、「キーボード」「変換」「文字コード」を使った方法で表示させることができます。

「オーバーライン」も「マクロン」も見た目は同じですが、記号として使う場合は気をつけて使い分けてください。
 
 
 
ちなみに、「オーバーライン」や「マクロン」を文字と合わせて使う場合は、それぞれに文字コードがあります。
 
 
全ては紹介できませんが、「マクロン」では「A」が「0100」で、「a」が「0101」。

この文字コードと「F5」キーで出ます。
 

ところで、記号の出し方を説明させていただきましたが…。

他にも、簡単に表示させることができない文字の出し方を解説した記事がありますよ。
 
 
よかったら、下の記事も覗いてみてください。

「西」の漢字のまっすぐな型にパソコンで変換!フォントは?

「榊」の漢字の木へんに神が出ない?出す方法を解説するよ!

「角」の漢字の突き出るタイプをパソコンに表示させる方法!

「海」の中が「母」の漢字は変換できる?2つの方法を解説!

七が3つの漢字の出し方!変換方法も含めわかりやすく解説!

ぜひ、どうぞ。

 

関連記事と広告

-記号・マーク

Copyright© 贈る言葉情報館 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.