言葉の使い方や意味などを深掘りしてご紹介いたします!

贈る言葉情報館

記号・マーク

「矢印」記号の出し方!変換とそれ以外の方法も解説するよ!

更新日:

 
文書をつくる上で欠かせないのが「記号」。

「、」「。」といった句読点は必須ですが…。
 
 
その他に、「矢印」記号も使います。

それが、下の記号。

矢印

矢印

こういった「矢印」記号は、上下左右とその間を指す斜め方法も含め、全部で8方向存在します。
 
 
ただし、問題はこういった記号をパソコン上に表示させたい時…。
 
 
キーボードでは、テンキーに「矢印」はあるもののそのキーを押しても表示されませんし、斜め方向の「矢印」は存在すらしません…。

では、どうやって出すの?
 
 
 
ということで、こういった記号の出し方を徹底的に調べてみました。

本記事では、「矢印」記号をパソコンなどに表示させる方法について、わかりやすく解説していきます。

かなり深掘りしましたので、ご期待ください!
 

スポンサードリンク

 

1.「矢印」記号の出し方!変換が簡単!

「矢印」記号は、変換して表示させる方法が簡単です。
 
 
具体的には、「やじるし」と打ってから「変換」キーを押してください。

この操作で、上下左右と斜めを含めた8方向の「矢印」記号が候補として挙がります。
 
 
ただし、この「やじるし」だと平仮名で4文字も打たなくてはいけませんし…。

しかも、候補となる記号が多すぎて、目的の記号までなかなかたどり着きません…。
 
 
 
ということで、おすすめが「うえ」「した」「ひだり」「みぎ」といった言葉での変換。
 
 
たとえば、「うえ」で変換すると上向きの「矢印」記号しか候補になりませんし、打ち込む平仮名もたった「2文字」に短縮されます。

同じように、「した」であれば下向き、「ひだり」「みぎ」もそれぞれ左右の向きの「矢印」記号が候補になりますよ。
 
 
前後左右の場合は前述のとおりですが、残すは「斜め方向」…。
 
 
「斜め方向」の場合は…、「ななめ」という言葉で変換が可能。

「ななめ」で、4方向全ての「矢印」記号が候補に挙がります。
 

スポンサードリンク

 

2.「矢印」記号の出し方!ショートカットキーで!

「矢印」記号は、平仮名の変換より素早く表示させる方法があります。

それは、「ショートカットキー」を使う方法。
 
 
ただし、このショートカットキーが使えるのが「Google日本語入力」のみ。

「Microsoft IME」「日本語IM」の場合は、下のサイトからのインストールが必要です。

Google日本語入力

ちなみに、そのショートカットキーは以下とおり。
 
 
zh:左向き
zj:下向き
zk:上向き
zl:右向き

 
 
たとえば、左向きの「矢印」記号であれば、ワードなどに「zh」と打ってから変換するだけ。

たった3箇所のキータッチで表示されます。
 
 
 
ですが、ショートカットキーで簡単に出せるのは「前後左右」だけで、「斜め」は無理…。

ということで、「8方向全ての『矢印』記号を素早く出したい」とか「Google日本語入力のインストールには抵抗がある」といった場合は…。

「単語登録」がおすすめです。
 
 
 
登録の手順は簡単!

ワードなどを開いた時に、下に出る「あ」「A」のアイコンを右クリックしてください。
 
単語登録
 
すると上のメニューが出ますので、その中の「単語の登録」をクリックします。

クリックで、下の「ダイアログボックス」が現われますので…。
 
単語登録
 
ダイアログボックスの、「単語」の空欄に目的の「矢印」記号を貼り付けます。
 
 
次に、その下の「よみ」の空欄に変換する言葉を入力してください。

自分の覚えやすい言葉で、しかも短い言葉がベストでしょう。
 
 
極端な話、「あ」でも「や」でもオッケーです。

「zh」など、ショートカットキーと同一にするというのもアリですが、この場合は「斜め方向」が存在しません…。
 
 
最後は、一番下にある「登録」ボタンをクリックして登録完了。

8方向の「矢印」記号の登録が必要ですので、この作業を全部で8回行います
 
 
「よみ」に入力する言葉は、8方向全て同じでもいいですし、方向別に全て異なる言葉を入れても構いません。

自分の好みで判断してください。
 
矢印
 

3.「矢印」記号の出し方!文字コードで!

「矢印」記号を出す方法として、「変換」と「ショートカットキー」について説明しましたが…。

実は、それ以外に「文字コード」を使った方法もあります。
 
 
ただし、この「文字コード」を使った方法は、コードをメモしておく必要がありますし、キータッチも少ないわけでもなく、実用的とはいえません…。

実用的ではないのですが、どうしても出すことできない「旧字」や「マーク」などに応用でますよ。
 
 
 
それでは、具体的な手順を説明します。

最初に、それぞれの文字コードから。
 
 
左向き:「2190」
上向き:「2191」
左向き:「2192」
下向き:「2193」
左右両方向:「2194」
上下両方向:「2195」
左斜め上:「2196」
右斜め上:「2197」
右斜め下:「2198」
左斜め下:「2199」

 
 
方向別に存在するこの文字コードですが…。

たとえば左向きであれば、ワードなどに「2190」と打ち、そのままの状態でキーボードの「F5」キーを押すだけです
 
 
この操作で、左向きの「矢印」記号が候補に挙がりますよ。
 
 
ちなみに、「2190」と打った後に「エンター」キーを押してはいけません。

「2190」と打ち、変換可能な状態を維持したまま「F5」キーを押してください。
 
 
ですから、変換不可能となる「直接入力」ではなく、「全角英数」か「半角英数」などの設定で打ちましょう。
 

スポンサードリンク

 

まとめ

以上が、「矢印」記号をパソコンなどに表示させる方法についてでした。
 
 
「矢印」記号は、「やじるし」「うえ」「した」「ひだり」「みぎ」「ななめ」で変換することができます。

「ショートカットキー」や「単語登録」を活用することで、さらに効率化できますよ。
 
 
それから、実用的とはいえませんが、「文字コード」を使った方法もありますのでぜひ覚えておいてください。
 

ところで、記号の出し方を説明させていただきましたが…。

他にも、簡単に表示させることができない文字の出し方を解説した記事がありますよ。
 
 
よかったら、下の記事も覗いてみてください。

「西」の漢字のまっすぐな型にパソコンで変換!フォントは?

「榊」の漢字の木へんに神が出ない?出す方法を解説するよ!

「角」の漢字の突き出るタイプをパソコンに表示させる方法!

「海」の中が「母」の漢字は変換できる?2つの方法を解説!

七が3つの漢字の出し方!変換方法も含めわかりやすく解説!

ぜひ、どうぞ。

 

関連記事と広告

-記号・マーク

Copyright© 贈る言葉情報館 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.