言葉の使い方や意味などを深掘りしてご紹介いたします!

贈る言葉情報館

記号・マーク

「波線」記号の出し方!縦・横・上・下、全部表示できるの?

更新日:

 
文書を作成する上で欠かせないのが「記号」。

中でも「波線」記号は、結構な頻度で使います。
 
 
たとえば、「AからBまで」を表現する意味で、「A」と「B」の間に入れて使う場合や…。

サイトのURLに入ることもありますよね…。
 
 
種類もいくつかありますが、たとえば下のような記号です。

波線の記号

波線の記号

こういった、便利な「波線」記号なのですが…。
 
 
問題は、パソコンなどに表示させたい時…。

どのようにして表示させるの?
 
 
 
ということで、こういった記号の出し方を徹底的に調べてみました。

本記事では、「波線」記号をパソコンなどに表示させる方法について、わかりやすく解説していきます。

「URL用」「文書用」「上付き」「下付き」「縦型」全て紹介しますので、ご期待ください!
 

スポンサードリンク

 

1.「波線」記号の出し方!縦・横・上・下全部可?

「波線」記号にも色々あるのですが、①では「URL用」「上付き」「文書用」、②では「下付き」、③では「縦型」について説明します。
 

①「波線」記号の上付き横型は「チルダ」!

最初は「波線」記号の中でも、インターネットの「URL」などに使われる上付きのタイプから。
 
 
この上付きの「波線」記号の正式名称は、「チルダ」といいます。

出し方ですが、まずは下のキーボード画像をご覧ください。
 
パソコンキーボード
 
上の青いマークがある「半角/全角」キーで「半角」に設定した後、同じ青の「Shift」キーを押しながら、赤いマークがある平仮名の「へ」のキーを押します。

この操作で、半角の上付きチルダの表示が可能。
 
 
ちなみに、ワードなどで表示させると、上付きではなく中心部に出る場合がありますが…。

これは、URLとして使用する場合は何も問題ありません

そのように見えるだけで、URLとしては正しく認識されます。
 
 
どうしても、見た目も上付きにしたい場合は、フォントを「MSゴシック」「MS明朝」などに変更してみてください

これだけで、上付きになります。
 
 
他にも、上付きになるフォントはたくさんありますよ。

つまり、「チルダ」の上付きか中心かは、あくまでもフォントのデザインということ。
 
 
 
それから、「半角/全角」キーで「全角」に設定した場合は、全角の「波線」記号が出ます。

この全角の「波線」記号は、URLには使えませんし、上付きにはなりませんので注意してください。
 
 
ただし、文書用の文字として使う上では何も問題ありませんよ。

文書用として「波線」記号を使用する場合は、平仮名で「から」と打ち「変換」キーを押しても出すことができます。
 

スポンサードリンク

 

②「波線」記号の下付き横型の出し方!

「波線」記号の下付きは、キーボードの中には存在しません…。

また、変換でも出すことできません。
 
 
前項で表示させた「波線」記号に対し、フォント書式を「下付き」に設定し、無理やり下に移動させることではできます。
 
 
ですが…。

そんなことをしなくても、元々下に位置した「波線」記号があります。
 
 
出し方については、後半の「文字コード」の使い方に関する項で説明しますね。
 
波
 

③「波線」記号の縦型の出し方!

「波線」記号を縦のタイプにするには、文書全体をページ設定で「縦書き」にしてしまう方法がありますが…。

横書きの文書で、しかも縦型の「波線」記号を出したい時は「すうがく」と打ってから「変換」キーを押してください。
 
 
数多くの数学記号がずらりと並びますが、その中に下のような縦型の「波線」記号が候補に挙がります。

波線の記号

候補の数が多く、なかなか上の記号にたどり着きませんが、根気強く変換キーを押し続けてください
 
 
縦型の「波線」記号は、他にも種類がありますが…。

「変換」によって表示させることができるのは、このタイプだけ。

ただし、次項で解説する「文字コード」を使うことで、他の縦型のタイプも出すことができますよ。
 

スポンサードリンク

 

2.「波線」記号の文字コードによる出し方!

前項では、キーボードの中の「キー」と「変換」による出し方を説明しましたが…。
 
 
「キー」と「変換」では出せない記号については、「文字コード」を使うことで表示させることができます。

また、文字コードの使い方を覚えておくと、どうしても出せない「旧字」などを表示させたい時などに役立ちますよ。
 
 
 
ということで、文字コードの使い方を説明します。

まずは、それぞれの文字コードは以下のとおり。
 
 

【半角チルダ:007E】


半角チルダ

【全角波線:FF5E】


波線の記号

【下付き波線:02F7】


波線の記号

【縦型波線Aタイプ:2240】


波線の記号

【縦型波線Bタイプ:2307】


波線の記号

上付きにもなる半角チルダが「007E」

全角の「から」で変換できるタイプが「FF5E」

そして、キーや変換では出せない下付きタイプが「02F7」です。
 
 
さらに、縦型は2種類ありますが、「すうがく」で変換できる方が「2240」

キーや変換では出せない縦型タイプが「2307」です。
 
 
 
そして、このコードなのですが…。

たとえば半角チルダであれば、ワードなどに「007E」と打ち、そのままの状態でキーボードの「F5」キーを押すだけ
 
 
これだけで、半角チルダが表示されます。

アルファベットは、小文字で「007e」と打ってもかまいません。
 
 
 
ちなみに、「007E」と打った後に「エンター」キーを押してはいけません。

「007E」と打ってから、変換できる状態を保ったまま「F5」キーを押してください。
 
 
ですから、変換が不可能な「直接入力」ではなく、「全角英数」や「半角英数」といった設定で打ちましょう。
 
 
ローマ字変換に設定している場合は、「全角ひらがな」などの日本語入力でも大丈夫です。

たとえば、「全角ひらがな」で「007E」と打つと「007え」と表示されますが、そのまま「F5」キーを押せば半角チルダが表示されますよ。
 

スポンサードリンク

 

まとめ

以上が、「波線」記号をパソコンなどに表示させる方法についてでした。
 
 
「波線」記号のうち、半角チルダはキーボードの中の「へ」のキーを押すことで表示させることができます。

半角チルダを上付きで見せたい場合は、フォントを変更してください。
 
 
全角の「波線」記号は「から」で変換、縦型の記号は「すうがく」で変換すると表示できます。

下付きの「波線」記号は、文字コードを使ってください。
 

ところで、記号の出し方を説明させていただきましたが…。

他にも、簡単に表示させることができない文字の出し方を解説した記事がありますよ。
 
 
よかったら、下の記事も覗いてみてください。

「西」の漢字のまっすぐな型にパソコンで変換!フォントは?

「榊」の漢字の木へんに神が出ない?出す方法を解説するよ!

「角」の漢字の突き出るタイプをパソコンに表示させる方法!

「海」の中が「母」の漢字は変換できる?2つの方法を解説!

七が3つの漢字の出し方!変換方法も含めわかりやすく解説!

ぜひ、どうぞ。

 

関連記事と広告

-記号・マーク

Copyright© 贈る言葉情報館 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.