言葉の使い方や意味などを深掘りしてご紹介いたします!

贈る言葉情報館

記号・マーク

「かつ」記号を入力する方法!パソコンなどへの出し方とは!

更新日:

 
数学では色々な「記号」を使いますが…。

中には、「かつ」と「または」という意味を持つ記号もあります。
 
 
「AかつB」であれば、「AとBの共通部分」という意味で…。

「AまたはB」であれば、「AとBの少なくともどちらか一方に属する要素全体の集合」という意味。
 
 
その時に、「A」と「B」の間に表示させるのが下の記号。

かつの記号

またはの記号

上段の方が「かつ」記号で、下段の方が「または」記号。

お互いに向きは異なりますが、底が丸みのあるコップのような形をしています。
 
 
ただ、問題となるのが…この記号がパソコンなどのキーボードに存在しないこと…。

どうやって入力するの??
 
 
 
ということで、こういった記号の出し方を徹底的に調べてみました。

本記事では、「かつ」「または」記号をパソコンなどに表示させる方法について、わかりやすく解説していきます。

かなり深掘りしましたので、ご期待ください!
 

スポンサードリンク

 

1.「かつ」「または」記号を入力!変換できる?

「かつ」「または」記号は、変換して入力できます。

「かつ」記号は帽子のような形状ですので「キャップ」、「または」記号はコップのような形状なので「カップ」といった呼び方もあります。
 
 
ですから、「かつ」記号は、その名称である「きゃっぷ」で変換できますし…。

「または」記号は、同じように「かっぷ」で変換が可能。
 
 
それから、「かつ」記号と「または」記号には、冒頭で紹介した形状の記号以外に、先端が尖っているタイプもあります。

それが、下の記号。

かつの記号

またはの記号

上が、「かつ」記号で下が「または」記号です。

そして、この尖ったタイプを出すには、「かつ」記号は「かつ」で、「または」記号は「または」で変換が可能。
 
 
 
その他には、「きごう」「すうがく」「しゅうごう」という言葉でも変換ができます。

この場合は、丸まったタイプと尖ったタイプ、両方とも出てきますよ。
 
 
ただし、候補になるの記号の数が多過ぎて、目的の記号に到達するまで結構な時間を要します…。
 
 
 
ちなみに、スマホの場合は…。
 
 
iPhoneであれば、「きごう」「すうがく」という言葉で変換できますし…。

Androidの方は、「きごう」で変換ができます。
 

スポンサードリンク

 

2.「かつ」「または」記号を入力!文字コードで!

「かつ」「または」記号は変換で出せますが、変換以外に「文字コード」を使うことでも出すことができます。
 
 
ですが、文字コードはスマホでは使えない他、コードをメモする必要があるため今一つ面倒…。

そんな文字コードですが、「どうしても出せない!」といった、いざという時に役に立ちますので知っておいて損はしませんよ。
 
黒板
 
ということで、この文字コードの使用方法を説明します。

まずは、それぞれの記号の文字コードは以下のとおり。
 
 

【かつ:2229】


かつの記号

【または:222A】


またはの記号

【かつ:2227】


かつの記号

【または:2228】


またはの記号

底が丸まったタイプの「かつ」記号が「2229」で、「または」記号が「222A」

そして、尖ったタイプの「かつ」記号が「2227」で、「または」記号が「2228」です。
 
 
 
この文字コードなのですが…。

たとえば底が丸まったタイプの「または」記号であれば、ワードやエクセルなどに「222A」と打ち、そのままの状態でキーボードの「F5」のボタンを押すだけ
 
 
この操作で、底が丸まった「または」記号が表示されます。

アルファベットは、小文字で「222a」と打っても構いません。
 
 
 
ちなみに、「222A」と打ってから、「F5」の前に「エンター」を押してはいけません。

「222A」と打ったら、変換できる状態を維持したまま「F5」を押してください。
 
 
したがって、変換できなくなる「直接入力」ではなく、「全角英数」の設定で打ちましょう。
 
 
ローマ字変換の場合は、「全角ひらがな」などの日本語入力でも大丈夫です。

たとえば、「全角ひらがな」で「222A」と打つと「222あ」と表示されますが、そのまま「F5」を押せば底が丸まった「または」記号が表示されますよ。
 

スポンサードリンク

 

まとめ

以上が、「かつ」「または」記号をパソコンに表示させる方法についてでした。
 
 
底が丸まったタイプの「かつ」記号は「きゃっぷ」で、「または」記号は「かっぷ」で変換できます。

尖ったタイプの「かつ」記号は「かつ」で、「または」記号は「または」で変換が可能。
 
 
それから、双方のタイプを出せるのが「きごう」「すうがく」「しゅうごう」での変換です。

スマホの場合は、iPhoneでは「きごう」「すうがく」で、Androidは「きごう」で変換が可能。
 
 
あと、「文字コード」を使う方法もありますので、ぜひ覚えておいてください。
 

話は変わりますが…。

こういった、「記号」「マーク」に関する記事を集約した記事をつくりました!

「記号」「マーク」の出し方に関する記事まとめ【72記事】

多くの「記号」「マーク」が掲載されており、内容の濃い記事ですよ!

他の記号などを探している方は必見です!

 

関連記事と広告

-記号・マーク

Copyright© 贈る言葉情報館 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.