言葉の使い方や意味などを深掘りしてご紹介いたします!

贈る言葉情報館

記号・マーク

「windows」マークを入力!特殊文字や記号の中にロゴは?

更新日:

 
文書を作成する時に便利なのが「記号」や「特殊文字」。

言葉よりも映えますし、視界に飛び込みますよね…。
 
 
そして、時々使うのが「windows」のロゴマーク。

それが、下のマークです。

windows

ところで、この「windows」ロゴマークなのですが…。

普通の漢字などのように、平仮名で変換しても出てきません…。
 
 
では、どのようにしてパソコンなどに表示させるのか??
 
 
 
ということで、こういったマークの出し方を徹底的に調べてみました。

本記事では、「windows」マークをパソコンなどに表示させる方法について、わかりやすく解説していきます。

かなり深掘りしましたので、ご期待ください!
 

スポンサードリンク

 

1.「windows」マークを入力するには!

「windows」マークを表示させるには、2つの方法があります。

それでは、それぞれの方法について、詳しく説明していきますね。
 

①「windows」マークを文字コードで入力!

最初は、「文字コード」を使った方法から。
 
 
パソコン上の漢字や記号・マークなどには、全てに「文字コード」というものがあります。

そして、「windows」マークの文字コードが「00ff(ゼロゼロエフエフ)」
 
 
コードの使い方は、ワードやエクセルなどで「00ff」と打ち、そのままの状態でキーボードの「F5」キーを押すと「y」の上に点が2つある文字が表示されます。

この、「y」の上に点が2つある文字を選択してから、フォントの種類を「Wingdings」に変更してください。
 
 
これで、「windows」マークが表示されます。

ちなみに、「00ff」の「f」は、大文字の「F」で打っても大丈夫。
 
 
 
あと、「00ff」と打った後に「エンター」キーを押してはいけません。

「00ff」と打った後は、変換可能な状態を保ったまま「F5」キーを押してください。
 
 
ですから、変換不可能となる「直接入力」ではなく、「全角英数」「半角英数」といった設定で打ちましょう。

ローマ字変換設定の場合は、「全角ひらがな」「全角カタカナ」「半角カタカナ」などの日本語入力設定でも大丈夫です。
 
windows
 

②「windows」マークを記号と特殊文字で入力!

ワードやエクセルなどに備わった「記号と特殊文字」という機能を使うことでも、表示させることができます。
 
 
では、その手順を説明しますね。

まず、ワードやエクセルなどのメニューバーにある「挿入」をクリックしててください。

そして、「挿入」の中のツールバーにある「記号と特殊文字」をクリックしましょう。
 
 
クリックで、その下の方に「その他の記号(M)…」が表示されますので、そこをクリックします。
 
特殊文字
 
すると、上のダイアログボックスが表示されます。

このダイアログボックスの上の方にある「フォント(F)」「(現在選択されているフォント)」になっていますので、そこを「Wingdings」に変更してください。
 
 
続いて、様々なマークがずらりと並んだ部分を一番下までスクロールすると、最後の方に「windows」マークがありますので、そのマークをクリックして選択しましょう。

スクロール以外では、「文字コード(C)」の部分に、「0255」または「255」と打つと自動的に「windows」マークが選択されます。
 
 
「windows」マークを選択したら、あとは下の「挿入(I)」ボタンをクリックすれば完了。

これで、ワードやエクセルなどに「windows」マークが表示されます。
 
 
最後に、このダイアログボックスは「挿入(I)」を押すことで、「キャンセル」ボタンが「閉じる」ボタンに変わりますので、「閉じる」をクリックして閉じましょう。
 

スポンサードリンク

 

2.「windows」マークを一発変換で表示するには!

「windows」マークを表示させるには、「文字コード」や「記号と特殊文字」機能を使わなくてはいけません。
 
 
でも、この方法って少し面倒ですよね…。

「文字コード」をメモしておくのもわずらわしいし…。
 
 
ということで、「windows」マークを一発変換できるように「単語登録」をしましょう。

登録する作業が必要ですが、一度「単語登録」さえしてしまえば、それ以降は一発変換で簡単に表示させることが可能になりますよ
 
 
 
それでは、登録の手順を説明します。

ワードやエクセルなどを開くと、パソコンの下に「あ」「A」のアイコンが出てきますが…。

この、「あ」「A」のアイコンを右クリックしましょう。
 
単語登録
 
右クリックで、上のメニューが表示されますので、この中の「単語の登録(O)」をクリックしてください。

クリックすると、下のダイアログボックスが現われます。
 
単語登録
 
このダイアログボックスの「単語(D)」のところに、一度表示させた「windows」マークを貼り付けます。
 
 
続いて、「単語」の下の「よみ(R)」のところに「読み方」を打ってください。

読み方は、「ういんどうず」「ういん」「う」「まーく」など、なんでもかまいません。

ご自分で覚えやすい「言葉」にしましょう。
 
 
最後は、一番下の「登録(A)」ボタンをクリックして登録は完了です。

ダイアログボックスは、「閉じる」ボタンをクリックして消してください。
 
 
 
続いて、ワードやエクセルなどで「よみ」に入れた言葉で変換し、「y」の上に点が2つある文字を表示させます。

この「y」の上に点が2つある文字を、選択してからフォントの種類を「Wingdings」に変更してください。

これで、「windows」マークが表示されます。
 
 
その都度フォントの変更は必要ですが、前項の表示方法よりは作業時間が短縮しますよ。

文字コードも、覚えておく必要がなくなります。
 

スポンサードリンク

 

まとめ

以上が、「windows」マークをパソコンなどに表示させる方法についてでした。
 
 
「windows」マークは、「文字コード」や「記号と特殊文字」機能を使うことで表示させることができます。

それぞれ試してみてください。
 
 
あと、一度表示させた「windows」マークは、単語登録しておくことをおすすめします。
 

ところで、マークの出し方を説明させていただきましたが…。

他にも、簡単に表示させることができない文字の出し方を解説した記事がありますよ。
 
 
よかったら、下の記事も覗いてみてください。

「西」の漢字のまっすぐな型にパソコンで変換!フォントは?

「榊」の漢字の木へんに神が出ない?出す方法を解説するよ!

「角」の漢字の突き出るタイプをパソコンに表示させる方法!

「海」の中が「母」の漢字は変換できる?2つの方法を解説!

七が3つの漢字の出し方!変換方法も含めわかりやすく解説!

ぜひ、どうぞ。

 

関連記事と広告

-記号・マーク

Copyright© 贈る言葉情報館 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.