言葉の使い方や意味などを深掘りしてご紹介いたします!

贈る言葉情報館

記号・マーク

「m m」記号の出し方!変換でパソコンなどに表示できる?

更新日:

 
長さを表す記号はたくさんあります。
 
 
その記号の中でも、「メートル」であれば「m」の一文字で表現できますが…。

これが、「ミリメートル」になると「m m」になって二文字でなんとなくスッキリしません…。
 
 
でも、この二文字をスッキリしてくれるのが下の記号。

ミリメートル

文字の大きさが一文字分にまとまって、見た目もいいですね。
 
 
スッキリとまとまるのはいいのですが…、問題はこの記号をパソコンなどに表示させたい時…。

「m m」記号…どうやって出すの…?
 
 
 
ということで、こういった記号の出し方を徹底的に調べてみました。

本記事では、「m m」記号をパソコンなどに表示させる方法について、わかりやすく解説していきます。

かなり深掘りしましたので、ご期待ください!
 

スポンサードリンク

 

1.「m m」記号の出し方!変換できる!

「m m」記号は、変換によって出すことができます。
 
 
キータッチが最も少なくて済むのが、ローマ字の「M」キーを2度打ってから「変換」キーを押す、です。

「M」→「M」→「変換」だけですので簡単ですね。
 
 
その他には、「みり」「みりめーとる」でも変換が可能。
 
 
あとは、「きごう」「たんい」でも変換できますが…。

「きごう」や「たんい」で変換すると、対象となる記号の数が多すぎて…「m m」記号にたどり着くまでかなり大変です…。
 
 
 
ちなみに、「M」→「M」→「変換」を「C」→「M」→「変換」にすると「c m」記号に。

そして、「みり」や「みりめーとる」を「せんち」や「せんちめーとる」で変換すると、同じように「c m」記号になります。
 
 
もちろん、「c m」記号は「きごう」「たんい」で変換しても出てきますよ。
 

スポンサードリンク

 

2.「m m」記号の出し方!文字コードで!

変換だけで出すことができる「m m」記号ですが、それ以外に「文字コード」を使う表示方法もあります。
 
 
ただ、文字コードはメモしておく必要もあって、ややわずらわしく実用的とはいえません…。

ですが、この「文字コード」、様々な出しにくい「漢字」「旧字」「記号」などに応用できますので、覚えておくと後々役立ちますよ。
 
メジャー
 
ということで、その手順を説明します。

「m m」記号の文字コードは「339C」
 
 
このコードなのですが…。

ワードやエクセルなどに「339C」と打ってから、そのままの状態でキーボードの「F5」のキーを押すだけ
 
 
これだけで、「m m」記号が表示されます。

アルファベットは小文字で、「339c」と打っても大丈夫ですよ。
 
 
 
ちなみに、「339C」と打った後、「エンター」キーを押してはいけません。

「339C」と打ち、変換が可能な状態を維持したまま「F5」キーを押してください。
 
 
ですから、変換不可能となる「直接入力」ではなく、「全角英数」か「半角英数」などの設定で打ちましょう。
 
 
ローマ字変換に設定している場合は、「全角ひらがな」や「半角カタカナ」などの日本語入力でも大丈夫です。
 

スポンサードリンク

 

まとめ

以上が、「m m」記号をパソコンなどに表示させる方法についてでした。
 
 
「m m」記号は、「MM」「みり」「みりめーとる」「きごう」「たんい」といった言葉を変換すると表示されます。
 
 
最も素早く表示させるには、「M」2回の変換でしょうか。

自分のお好みで選択してください。
 
 
それから、「文字コード」を使う方法もあります。

文字コードは実用的とはいえませんが、覚えておくと後々役立ちますよ。
 

ところで、記号の出し方を説明させていただきましたが…。

他にも、簡単に表示させることができない文字の出し方を解説した記事がありますよ。
 
 
よかったら、下の記事も覗いてみてください。

「西」の漢字のまっすぐな型にパソコンで変換!フォントは?

「榊」の漢字の木へんに神が出ない?出す方法を解説するよ!

「角」の漢字の突き出るタイプをパソコンに表示させる方法!

「海」の中が「母」の漢字は変換できる?2つの方法を解説!

七が3つの漢字の出し方!変換方法も含めわかりやすく解説!

ぜひ、どうぞ。

 

関連記事と広告

-記号・マーク

Copyright© 贈る言葉情報館 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.