言葉の使い方や意味などを深掘りしてご紹介いたします!

贈る言葉情報館

記号・マーク

「注意」記号の出し方!パソコンのワードやエクセルへ表示!

更新日:

 
仕事で文書をつくる時に便利なのが「記号」。

中でも、「¥」「?」「!」などの記号はよく使います…。
 
 
ですが、時々どうしても「注意してほしい!」「注目してほしい!」といった時も…。

そんな場面でふさわしいのが下の記号。

注意

注意

注意

注意

これらは、特に重要な内容の場合に、とても重宝する記号なのですが…。

問題は、パソコンなどに表示させたい時に…。
 
 
どうやって出せばいいの…??
 
 
 
ということで、このような記号の出し方を徹底的に調べてみました。

本記事では、「注意」記号をパソコンなどに表示させる方法について、わかりやすく解説していきます。

かなり深掘りしましたので、ご期待ください!
 

スポンサードリンク

 

1.「注意」記号の出し方!変換できるの?

冒頭で紹介した「注意」記号は、全て変換によって簡単に表示されることができます。

それでは、一つ一つその変換のための「言葉」をお伝えしますね。
 
 
最初は、下の記号から。

注意

上の記号は、「こめ」「こめじるし」「ほし」で変換することができます。

「米」という漢字を傾けた形状から、「米印」というのが正式名称。
 
 
続いて、下の記号…。

注意

この記号は、「あすてりすく」「ほし」で変換できます。
 
 
一般的に「アスタリスク」と呼ばれますが、なぜか「アスタリスク」で変換しても出てきません…。

それには、理由があるのです!

実は、正式名称は「アステリスク」なのですよ。
 
 
ですから、「た」ではなく「て」「あすてりすく」で変換してください。
 
 
ちなみに「アステリスク」は、キーボードの中の「け」や、右側の数字が計算機のようになっている「テンキー」にもあります。

キーボードだとワンタッチですので、こっちの方が速いですね。

注意

上は、「きけん」で変換することで表示されます。

「警告」という名称の記号。
 
 
「きけん」という言葉で変換すると、「警告」以外に「放射能」「バイオハザード」「ドクロ」など、色々と出てきますので試してみてください。

注意

上は、「きんし」という言葉で変換することで出ます。
 
 
正式名称も、そのとおりの「禁止」。

「無断転載禁止」などを伝えたい時などに便利ですね。
 
 
 
ということで、4種類の「注意」記号の変換方法をお伝えしましたが…。
 
 
これらは、スマホでもほぼ同じキーワードで変換できます

ただし、スマホに限っては「ほし」で変換しても上の記号は出ません

また、「アステリスク」は、「あすたりすく」でなくては変換できませんでした
 
 
 
また、「米印」や「アステリスク」は、文字の「右上」に小さく表示させたい場合がありますよね…。

そういった場合は、まずその目的の「米印」や「アステリスク」をドラッグで選択してから…。
 
フォント書式
 
上のようにフォントの書式設定で、文字飾りの中の「上付き(P)」のところにチェックを入れると上付きになります。

これは、ワードでもエクセルでも操作は同じ。
 
 
 
あと余談ですが、紹介した4種類以外にも「注意」記号はあります。

たとえば、欧米などで「注意」を意味する記号の「ダガー(短剣符)」は、その名のとおり「だがー」で変換することが可能。
 
 
それから、論文などで使う「節」記号は「せくしょん」で変換することができます。

これは、「S」を2つ重ねたセクションマークのことですね。
 

スポンサードリンク

 

2.「注意」記号は文字コードで!

変換によって様々な「注意」記号を表示させることができますが、変換以外に「文字コード」を使った方法もあります。
 
 
ただし「文字コード」の場合、そのコード自体をメモしておく必要がありますので、変換に比べてやや面倒…。

ですがこの「文字コード」を使った方法、様々な出しにくい文字などに応用できますので、やり方を覚えておいて損はしませんよ。
 
注意標識
 
ということで、具体的な手順を説明します。

まずは、4種類ある「注意」記号の文字コードは以下のとおり。
 
 

【203B】


注意

【002A】


注意

【26A0】


注意

【1F6AB】


注意

ご覧のように、「米印」が「203B」で「アステリスク」が「002A」

そして、「警告」が「26A0」で「禁止」が「1F6AB」です。
 
 
このコードですが、たとえば「禁止」を出したい時は…。

ワードやエクセルなどに「1F6AB」と打ち、そのままの状態でキーボードの「F5」のボタンを押すだけ
 
 
これだけで、「警告」の記号が表示されます。

アルファベットは、小文字で「1f6ab」と打ってもかまいません。
 
 
 
ちなみに、「1F6AB」の後に「エンター」を押してはいけません。

「1F6AB」と打った後は、変換可能な状態を保ったまま「F5」を押してください。
 
 
ですから、変換ができない「直接入力」ではなく、「全角英数」か「半角英数」などの設定で打ちましょう。
 
 
ローマ字変換に設定している場合は、「全角ひらがな」などの日本語入力でも大丈夫です。

たとえば、「全角ひらがな」で「1F6AB」と打つと「1f6あb」と表示されますが、そのまま「F5」を押せば「警告」の記号が表示されますよ。
 

スポンサードリンク

 

まとめ

以上が、「注意」記号をパソコンなどに表示させる方法についてでした。
 
 
「注意」記号は、「こめ」「あすてりすく」「きけん」「きんし」といったキーワードで変換することができます。

試してみてください。
 
 
それから、「文字コード」を使った表示方法もありますので、頭の片隅にでも置いておいてください。
 

ところで、記号の出し方を説明させていただきましたが…。

他にも、簡単に表示させることができない文字の出し方を解説した記事がありますよ。
 
 
よかったら、下の記事も覗いてみてください。

「西」の漢字のまっすぐな型にパソコンで変換!フォントは?

「榊」の漢字の木へんに神が出ない?出す方法を解説するよ!

「角」の漢字の突き出るタイプをパソコンに表示させる方法!

「海」の中が「母」の漢字は変換できる?2つの方法を解説!

七が3つの漢字の出し方!変換方法も含めわかりやすく解説!

ぜひ、どうぞ。

 

関連記事と広告

-記号・マーク

Copyright© 贈る言葉情報館 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.