言葉の使い方や意味などを深掘りしてご紹介いたします!

贈る言葉情報館

記号・マーク

「偏微分」記号の打ち方!変換でワードなどへ入力できるの?

更新日:

 
数学で関数を使いますが…。

その関数とともに使うのが「偏微分」です。
 
 
そして、この「偏微分」の記号が「デル」または「ラウンド」という記号。

他にも、「ラウンドディー」「ラウンドデルタ」とも呼ばれます。
 
 
それが、下の記号。

偏微分

ローマ字の「A」の小文字の「a」に似ています。
 
 
ところで、この記号を手書きする時はいいとして…、問題はパソコンなどに打ちたい時…。

キーボードにないし…、どうやって出すの?
 
 
 
ということで、こういった記号の出し方を徹底的に調べてみました。

本記事では、「偏微分」記号をパソコンなどに表示させる方法について、わかりやすく解説していきます。

かなり深掘りしましたので、ご期待ください!
 

スポンサードリンク

 

1.「偏微分」記号の打ち方!変換できるよ!

「偏微分」記号は、変換によって表示させるのが最も簡単です。
 
 
具体的には、「偏微分」の記号の名称である「でる」で変換してください。

これだけで、「偏微分」記号が候補となります。
 
 
ちなみに、その他の名称である「ラウンド」「ラウンドディー」「ラウンドデルタ」で変換しても、「偏微分」記号は候補になりません…。
 
 
 
「でる」以外では、「きごう」「すうがく」でも出すことが可能。
 
 
ただし、「きごう」や「すうがく」で変換すると、大量の記号が候補となります。

ですから、目的の「偏微分」記号にたどり着くまで、結構な時間を要します…。
 
 
時間に余裕がある時にでも、試してみてください。
 

スポンサードリンク

 

2.「偏微分」記号の打ち方!文字コードで!

「偏微分」記号は変換できますが、それ以外に「文字コード」を使った出し方もあります。
 
 
ただ変換の方が簡単ですので、実践的な方法とはいえませんが…。

「文字コード」の使い方を知っておくと、どうしても出せない旧字などを出したい時に役に立ちますよ。
 
計算式
 
ということで、使い方の手順を説明しますね。

「偏微分」記号の文字コードは「81DD」です。
 
 
このコードなのですが…。

ワードやエクセルなどに「81DD」と打ち、そのままの状態でキーボードの「F5」キーを押すだけ
 
 
これだけで、「偏微分」記号が表示されます。

アルファベットは小文字で、「81dd」と打ってもかまいません。
 
 
 
ちなみに、「81DD」と打った後に「エンター」キーを押してはいけません。

「81DD」と打ち、変換できる状態を維持したまま「F5」キーを押してください。
 
 
ですから、変換不可能となる「直接入力」ではなく、「全角英数」などの設定で打ちましょう。
 
 
ローマ字変換の場合は、「全角ひらがな」「全角カタカナ」「半角カタカナ」といった日本語入力でも大丈夫ですよ。
 

スポンサードリンク

 

まとめ

以上が、「偏微分」記号をパソコンなどに表示させる方法についてでした。
 
 
「偏微分」記号は、「でる」「きごう」「すうがく」という言葉で変換できます。

中でも、打ち込む文字数が少なく、しかも候補も少ない「でる」がおすすめ。
 
 
それから、実践的な方法とはいえませんが、「文字コード」を使う方法もありますので覚えておいてください。
 

ちなみに、別にお望みの「記号」「マーク」はありますでしょうか?

そういった出し方をお探し方におすすめなのが、下のリンクです!

「記号」「マーク」の出し方に関する記事まとめ【72記事】

多種多様な「記号」「マーク」の出し方が揃った、中身が充実したまとめ記事です!

必見!

 

関連記事と広告

-記号・マーク

Copyright© 贈る言葉情報館 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.