言葉の使い方や意味などを深掘りしてご紹介いたします!

贈る言葉情報館

記号・マーク

「コロン」記号の出し方!パソコンやスマホへの打ち方とは!

更新日:

 
日本語の文章には、「、」や「。」などの句読点が使われます。
 
 
英語にも、「カンマ」や「ピリオド」といった句読点がありますが…。

その他に、「コロン」や「セミコロン」があります。
 
 
それが下の記号。

コロン

セミコロン

2種類の「コロン」ということで、「ダブルコロン」といった噂があるようですが…。

正式名称が「ダブルコロン」かどうかはわかりません…。
 
 
ところで、「コロン」は「つまり」「すなわち」「たとえば」といった意味で使われますし、「セミコロン」の方は「そして」「または」的な意味合い。

また、よくサイトのURLなどにも使われます。
 
 
そこで問題となるのが、パソコンやスマホにこの記号を表示させたい時…。

どうやったら出るの??
 
 
 
ということで、こういった記号の出し方を徹底的に調べてみました。

本記事では、「コロン」記号をパソコンやスマホに表示させる方法について、わかりやすく解説していきます。

かなり深掘りしましたので、ご期待ください!
 

スポンサードリンク

 

1.「コロン」記号の出し方!キーボードで!

「コロン」「セミコロン」記号は英文の句読点。

したがって、日本語の「、」や「。」と同じで、「,(カンマ)」「.(ピリオド)」とともに頻繁に使われる記号です。
 
 
そういった頻繁に使う記号ですので、当然キーボードにないわけがありません。

その位置については、下の画像をご覧ください。
 
パソコンキーボード
 
平仮名の「け」のキーが「コロン」で、「れ」のキーが「セミコロン」
 
 
ローマ字入力設定であれば、半角/全角を指定してからそのまま押せば表示されます。

仮名入力設定の場合は、その前に英数を指定してから押してください。
 
 
 
スマホでも同様に、キーボード内に「コロン」「セミコロン」の該当キーが存在します。
 
 
Androidは、「数字」入力画面にある「2」のキーが「コロン」で、「9」のキーが「セミコロン」ですので、フリックして入力してください。

あと、「英字」入力画面の「@」のキーも「コロン」ですので、同じように入力が可能。
 
 
 
iPhoneの場合は、英字キーボードの「123」キーで「数字記号」入力画面にすると「コロン」「セミコロン」両方ともありますので、そのままタッチするだけでOKです。
 
 
日本語キーボードであれば、「123」キーで「数字記号」入力画面に切り替えたら「7」のキーを使ってください

「7」のキーをタッチし、フリックで「コロン」、そして変換候補に「セミコロン」が出てきます。
 

スポンサードリンク

 

2.「コロン」記号の出し方!パソコンもスマホも変換で!

「コロン」記号は、変換によって表示させることができます。
 
 
 
まずは、パソコンでの変換方法から。
 
 
パソコンであれば、「コロン」は「ころん」で、「セミコロン」の方は「せみころん」と打って「変換」キーを押すと半角も全角も候補になります。

記号の名称そのままですので、覚えやすいですね。
 
 
その他には、「きごう」という言葉でも変換が可能。

ただし、数多くの記号が候補になりますので、「コロン」や「セミコロン」の記号に到達するまで結構時間がかかります。
 
 
 
続いて、スマホでの変換方法
 
 
Androidであれば、パソコンと同様に「ころん」「せみころん」で変換できます。

また、「きごう」でも変換が可能。
 
 
iPhoneの方は、「きごう」で変換できます。

試してみてください。
 
セミコロン
 

3.「コロン」記号の出し方!パソコンは文字コードで!

「コロン」記号を表示させるには、キーボードや変換といった方法が簡単ですが、その他に「文字コード」を使う方法もあります。
 
 
この文字コードは、スマホには使えませんし、しかもややわずらわしく実用的とはいえません…。

ただし使い方を知っておくと、どうしても表示できない「旧字」などを出す時に活用できますので、後々役に立ちますよ。
 
 
 
それでは、文字コードの使用手順を説明します。

まずは、「コロン」「セミコロン」記号の文字コードは以下のとおり。
 
 

【全角コロン:FF1A】


コロン

【半角コロン:003A】


コロン

【全角セミコロン:FF1B】


セミコロン

【半角セミコロン:003B】


セミコロン

「コロン」記号の全角が「FF1A」で半角が「003A」

そして「セミコロン」記号の全角は「FF1B」、半角が「003B」です。
 
 
この文字コードをどうするのか、ですが…。

たとえば全角の「コロン」記号であれば、ワードやエクセルなどに「FF1A」と打ち込み、そのままの状態でキーボードの「F5」キーを押すだけ
 
 
これだけで、全角の「コロン」記号が表示されます。

アルファベットは、小文字で「ff1a」と打っても構いません。
 
 
 
ちなみに、「FF1A」の後に「エンター」キーを押してはいけません。

「FF1A」と打った後は、変換できる状態を保ったまま「F5」キーを押してください。
 
 
ですから、変換ができなくなる「直接入力」ではなく、「全角英数」の設定で打ちましょう。
 
 
ローマ字入力設定の場合は、「全角ひらがな」などの日本語入力でも大丈夫です。

たとえば、「全角ひらがな」で「FF1A」と打つと「ff1あ」と表示されますが、そのまま「F5」キーを押せば全角の「コロン」記号が表示されますよ。
 

スポンサードリンク

 

まとめ

以上が、「コロン」記号をパソコンやスマホに表示させる方法についてでした。
 
 
「コロン」記号は、キーボードの中の該当キーを押して表示させる方法が最も簡単。

これは、パソコンもスマホも同じ。
 
 
ですが、日本語をパチパチ打っている流れであれば、「変換」の方が速いかもしれません。

「ころん」「せみころん」「きごう」で変換を試してみてください。
 
 
それから、少しわずらわしいのですが、「文字コード」を使う方法もありますので覚えておいてください。
 

ところで…。

このような記号やマーク関係の記事を、一つにまとめた記事を新たに作りました!

「記号」「マーク」の出し方に関する記事まとめ【72記事】

様々な記号やマークがギッシリと詰まっていますよ!

他の記号の出し方でお悩みでしたら、ご覧ください。

 

関連記事と広告

-記号・マーク

Copyright© 贈る言葉情報館 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.