言葉の使い方や意味などを深掘りしてご紹介いたします!

贈る言葉情報館

文書

「字体」と「字形」の違い!わかりやすく徹底解説するよ!

更新日:

 
「字体」と「字形」。

「字体」は「体」なので、字の姿のことか?

「字形」は「形」なので、字の形のこと?
 
 
ではでは…、「姿」と「形」の違いは??

なんだか、ますます意味がわからなくなります…。

ということで、この2つの言葉の意味を徹底的に分析してみましたよ!
 
 
本記事では、「字体」と「字形」の意味の違いと使い分けについて、わかりやすく解説していきます。

かなり深掘りしましたので、ご期待ください!
 

スポンサードリンク

 

1.「字体」と「字形」の意味の違い!

最初に、「字体」と「字形」の意味の違いを簡潔にお伝えします。

「字体」とは、正字体や旧字体といった字の形の意味と、楷書体や草書体、明朝体やゴシック体など字の書き方という2つの意味があります。

「字形」とは、人間が視覚的にとらえる字の形のこと。

 
一言であらわすと、こういった違いです。

それでは、さらに詳しく紐解いていきますね。
 

①「字体」には2つの意味が!

「字体」という言葉には主に2種類の意味があります。
 
 
その1つが、「正字体」や「旧字体」といった字の形のこと。

たとえば、「慶応大学」。

この「慶応」は、「慶應」と表記されることもありますよね。
 
 
実は、「応」は正字体であり「應」は旧字体なのです。

どちらかが誤りというものではなく、新しい字が「応」で古い字が「應」ということ。

この「応」と「應」の違いが、「字体」の違いということです。
 
 
また、「俗字体」というものもあります。

たとえば、「峰」は正字体で「峯」は俗字体。

俗字体とは、もともとは正しい字ではなかったものの、世間一般に広がって普通に使われるようになった字のことです。
 
 
いつのまにか、市民権を得てしまった字ということですね。

正字体と俗字体の違いも、「字体」の違いということ。
 
 
 
それから、もう1の意味が「楷書体」や「草書体」、「明朝体」や「ゴシック体」などの書き方のこと。

たとえば、楷書体が下です。

楷書

そして、下が草書体。

草書

ゴシック体や明朝体は以下のとおり。

ゴシック

こういった、書き方も「字体」といいます。
 

②「字形」の意味とは!

「字形」は、人の目に入る字の形のことです。
 
 
たとえば、字が上手な大人と、字を覚えたばかりの子供が、同じ漢字を書いたとしましょう。

当然ですが、大人の字は形が整っていて読みやすく、子供の字はどうしてもバランスが悪くなりますよね。

この形が「字形」です。
 
 
 
また、前項で説明した「字体」の違いも、見た目の字の形が違いますよね。

「応」と「應」では、まるで字の形が違うわけで。

つまり、この「字体の違い」も「字形が違う」ということができるのです。
 
 
これは、「楷書体」と「草書体」の違いや「明朝体」と「ゴシック体」の違いも同じことがいえます。

人の目に入る字の形が「字形」ということ。

字の練習
 

③「字体」と「字形」の意味の違いを整理!

それでは、ここで一度「字体」と「字形」の意味の違いを整理します。
 
 
正字体や旧字体といった字の形が「字体」

楷書体や草書体、明朝体やゴシック体など字の書き方も「字体」です。
 
 
人間が視覚的にとらえる字の形が「字形」
 
 
大きな「字形」とい意味があり、その中に「字体」が存在します。
 

スポンサードリンク

 

2.「字体」と「字形」の辞書での意味!

続いて、辞書による「字体」と「字形」の意味がどうなっているのか確認していきます。
 

①「字体」の辞書での意味!

【字体】

①文字の形。「旧―」

②書体。楷書・行書・草書・篆書・隷書など。

③活字体。明朝・ゴシックなど。

引用元:旺文社国語辞典

意味が3種類になっていますが、意味②と意味③を合わせて説明しました。

内容は、説明したとおりです。
 

②「字形」の辞書での意味!

【字形】

・文字の形。「縦長の―」

引用元:旺文社国語辞典

こちらも、説明どおりの内容ですね。

例文にもありますが、「縦長の字形」の「字形」ということ。

履歴書
 

3.「字体」と「字形」の使い方!

最後に、「字体」と「字形」の使い方を例文で紹介します。
 

①「字体」の使い方!

・この字体は俗字であり実は正字ではない。

・エクセルの文字の字体はゴシック体でお願いします。

字体が草書体になっているが読みにくいですね。
 

②「字形」の使い方!

・自分はなぜか字形のバランスがよくならない。

・子供時代の作文が出てきたが字形が全く違う。

・毛筆で書いたこの字形は美しい。
 

スポンサードリンク

 

まとめ

以上が、「字体」と「字形」の意味の違いと使い分けについてでした。
 
 
「字体」は、正字体や旧字体といった字の形のこと。

また、楷書体や草書体、明朝体やゴシック体など字の書き方という意味もあります。
 
 
「字形」は、人の目に映る字の形のこと。

「字体」と「字形」の意味の違いを説明しましたが、似た意味の言葉で「書体」があります。

「字体」と「書体」も、同じようで実は微妙に違いますよ!

もしよかったら、下の関連記事をご覧ください。

「字体」と「書体」の違いを解説!実が意外な差があったよ!

 

関連記事と広告

-文書

Copyright© 贈る言葉情報館 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.