言葉の使い方や意味などを深掘りしてご紹介いたします!

贈る言葉情報館

文書

「観覧」と「鑑賞」の違い!意外な差をわかりやすく徹底解説!

更新日:

 
「観覧」と「鑑賞」。

似ていますよね…。
 
 
「歌舞伎を観覧する」とも言いますし、「歌舞伎を鑑賞する」と言います…。

この場合、やることが違うのだろうか…。
 
 
…、このままではいけませんね。

ということで、この2つの言葉の意味を徹底的に分析してみましたよ!
 
 
本記事では、「観覧」と「鑑賞」の意味の違いと使い分けについて、わかりやすく解説していきます。

かなり深掘りしましたので、ご期待ください!
 

スポンサードリンク

 

1.「観覧」と「鑑賞」の意味の違い!

最初に、「観覧」と「鑑賞」の意味の違いを簡潔にお伝えします。

「観覧」とは、芸術作品や芝居、風景などをみて楽しむこと。

「鑑賞」とは、芸術作品に接して芸術的価値を味わうことです。

 
短く表現すると、こういった違いです。

それでは、さらに詳しく紐解いていきますね。
 

①「観覧」の意味!その目的とは!

「観覧」の方から詳細に解説していきます。
 
 
「観覧」は、芝居や風景、芸術作品などをみて楽しむことです。

「鑑賞」は芸術作品だけが対象ですが、「観覧」は対象物の幅が広くなります。

たとえば、「芝居」「風景」の他に、「絵画」「彫刻」などの「芸術作品」、「イベント」や「名所」など様々。
 
 
そして、ただ「みて楽しむ」という部分もポイントです。

深く芸術的価値を味わうというよりも、ただ単純に「みて楽しむ」のが「観覧」ですね。

コンサート
 

②「鑑賞」の意味!その目的とは!

「鑑賞」は、芸術作品に接して芸術的価値を味わうことです。

みる物の幅が広かった「観覧」に比べて、「鑑賞」はあくまでも「芸術作品」限定ということ。
 
 
そして、ただ単純にみて楽しむだけではありません。

その芸術的価値を味わうというのが、「鑑賞」ですね。

陶芸
 

③「観覧」と「鑑賞」の意味の違いを整理!

それでは、ここで一度「観覧」と「鑑賞」の意味の違いを整理します。
 
 
芝居や風景、芸術作品などをみて楽しむのが「観覧」

芸術作品に接して芸術的価値を味わうのが「鑑賞」です。
 
 
楽しむのが「観覧」、味わうのが「鑑賞」ですので、「鑑賞」の方が作品に深く入り込むイメージですね。
 

スポンサードリンク

 

2.「観覧」と「鑑賞」の辞書での意味!

続いて、辞書による「観覧」と「鑑賞」の意味がどうなっているのか確認していきます。
 

①「観覧」の辞書での意味!

【観覧】

・芝居・展示品・風景などを、見物すること。見物。「―席」「―車」

引用元:旺文社国語辞典

「見物すること」とあります。

「見物」は見て楽しむという意味。

説明どおりの内容です。
 

②「鑑賞」の辞書での意味!

【鑑賞】

・芸術作品などに接して、その芸術的価値を理解し味わうこと。「名画を―する」

引用元:旺文社国語辞典

「みる」ではなく「接する」となっています。

音楽など、みる以外の芸術作品も含まれるということ。

そして、芸術的価値を理解しながら味わうということですね。

レコード
 

3.「観覧」と「鑑賞」の使い方!

最後に、「観覧」と「鑑賞」の使い方を例文で紹介します。
 

①「観覧」の使い方!

・遊園地の観覧車に乗る。

・歌劇団の有料観覧席を予約した。

・花火大会の観覧は全席無料となっています。

・歌謡祭の観覧募集に応募する。
 

②「鑑賞」の使い方!

・クラシック音楽鑑賞ガイド。

・美術館鑑賞ツアーに参加する。

・作品を鑑賞し批評する。

・大学の映画鑑賞サークル。
 

スポンサードリンク

 

まとめ

以上が、「観覧」と「鑑賞」の意味の違いと使い分けについてでした。
 
 
「観覧」は、イベントや名所、芸術作品などをみて楽しむこと。

「鑑賞」は、芸術作品に接して芸術的価値を味わうこと。
 
 
芸術作品に限定されるのが「鑑賞」、芸術作品も含めイベントや風景などをみて楽しむのが「観覧」です。

「観覧」と「鑑賞」の意味の違いを説明しましたが、似た意味の言葉で「閲覧」があります。

「観覧」と「閲覧」の意味の違いを徹底的に調査した記事もありますよ!

もしよかったら、下の関連記事をご覧ください。

「閲覧」と「観覧」の違い!わかりやすく具体例で解説するよ!

 

関連記事と広告

-文書

Copyright© 贈る言葉情報館 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.