言葉の使い方や意味などを深掘りしてご紹介いたします!

贈る言葉情報館

文書

「園児」と「児童」の違い!わかりやすく詳しく解説するよ!

更新日:

 
「園児」と「児童」。

意味がまぎらわしいです…。
 
 
「園児」は「園」という漢字を使っているので、想像はできますが…。

「児童公園」や「児童福祉」といった言葉がありますが、そうなるともしかして「園児」と意味が重なる?

ということで、この2つの言葉の意味を徹底的に分析してみましたよ!
 
 
本記事では、「園児」と「児童」の意味の違いと使い分けについて、わかりやすく解説していきます。

かなり深掘りしましたので、ご期待ください!
 

スポンサードリンク

 

1.「園児」と「児童」の意味の違い!

最初に、「園児」と「児童」の意味の違いを簡潔にお伝えします。

「園児」とは、幼稚園や保育園などに通っている子供のこと。

「児童」とは、子供のことですが主に小学生のことです。

 
一言にまとめると、こういった違いです。

ですが、特に「児童」の持つ意味は奥が深いので、さらに詳しく紐解いていきますね。
 

①「園児」の意味は限定的!

「園児」は、子供のことなのですが、その中でも幼稚園や保育園などに通っている子供に限定されます。
 
 
幼稚園や保育園に通っていない未就園児は「園児」とはいいません。

また、幼稚園や保育園を卒園した子供も、当然ですが「園児」ではありませんよ。

保育園
 

②「児童」の意味は様々!

「児童」の意味は大きく分割すると4種類です。
 

a.「児童」は子供、子供の中でも主に「小学生」!

「児童」の意味は子供です。

ただし、「子供」の意味は幅が広いですよね。
 
 
こういった広い意味で使われるのが「児童会館」「児童センター」といったもの。

この「児童」は「子供」という広い意味で使われています。
 
 
ですが、一般的には「児童」は子供の中でも「小学生」を指します。

つまり、小学校に入学してから卒業するまでの子供のことですね。
 

b.小学校入学前でも「児童」が使われるケースとは!

小学校に入学する前でありながら、「児童」と呼ばれる場合があります。
 
 
それは、保育園などの保育施設に入所できない子供のこと。

こういった子供を「待機児童」と呼びます。
 
 
この子供は小学生ではありませんが「児童」なのですね。

赤ちゃん
 

c.学校教育法による「児童」とは!

法律でもキチンと「児童」が定義されています。

まずは、「学校教育法」。
 
 
学校教育法では、小学校の課程に在籍して、初等教育を受けている人が「児童」ということ。

年齢はだいたい6歳から12歳までとされています。

この場合は「a.」で解説した内容と合致しますね。
 
 
ただし、高い年齢で特別支援教育を受けている場合ありますので、12歳を超える年齢でも「児童」となる場合があります。
 

d.児童福祉法による「児童」とは!

「児童福祉法」になると、「児童」の定義が18歳未満となります。

つまり、生まれたばかりの0歳から17歳までということですね。
 
 
これは「児童福祉法」の他に、「児童扶養手当法」や「児童虐待防止法」なども共通の定義となります。

国会議事堂
 

③「園児」と「児童」の違いを整理!

それでは、ここで一度「園児」と「児童」の違いを整理します。
 
 
幼稚園や保育園などに通っている子供が「園児」
 
 
子供の中で主に小学生が「児童」です。

ただし、法律によっては0歳から17歳の子供が「児童」となる場合があります。
 

スポンサードリンク

 

2.「園児」と「児童」の辞書での意味!

続いて、辞書による「園児」と「児童」の意味がどうなっているのか確認していきます。
 

①「園児」の辞書での意味!

【園児】

・幼稚園や保育園などに通う子供。

引用元:旺文社国語辞典

説明どおりの内容ですね。
 

②「児童」の辞書での意味!

【児童】

①子供。「―公園」

②小学生。[参考]児童福祉法では満一八歳未満の者を児童といい、学校教育法では満六歳から一二歳までを学齢児童という。

引用元:旺文社国語辞典

意味①が子供のことなので、広い意味があります。

中でも主に意味②の小学生が児童ということですね。

教室
 

3.「園児」と「児童」の使い方!

次に、「園児」と「児童」の使い方を例文で紹介します。
 

①「園児」の使い方!

園児教育費助成金

園児総合補償制度

園児

園児見守りロボット
 

②「児童」の使い方!

児童相談所

児童養護施設

児童手当拠出金

児童医療費助成制度

医者
 

4.「園児」や「児童」には似た意味の言葉がたくさんある!

「園児」や「児童」には似た意味の言葉がたくさんありますよ。

下の関連記事も、覗いてみてください。

「小児」と「児童」の違い!意味を徹底的に深掘りしてみた!

「幼児」と「園児」の違いを解説!実は意外な差異があるよ!

「子」と「子供」の違いは?意外な事実をわかりやすく解説!

 
ぜひ、参考にしてみてくださいね。
 

スポンサードリンク

 

まとめ

以上が、「園児」と「児童」の意味の違いと使い分けについてでした。
 
 
「園児」は、幼稚園や保育園などに通っている子供のことです。

「児童」は、子供のことですが一般的には小学生のこと。
 
 
しかし、保育園などに入所できない子供は「待機児童」といいますし、法律によっては0歳から17歳までが「児童」となる場合もあります。

関連記事と広告

-文書

Copyright© 贈る言葉情報館 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.