言葉の使い方や意味などを深掘りしてご紹介いたします!

贈る言葉情報館

文書

「公開」と「開示」の違いを解説!実は大きな差があったよ!

更新日:

 
「公開」と「開示」。

まぎらわしいですよね…。
 
 
「公開」されても、「開示」されても、どちらも見ることができるようになる…と思うのですが…。

ということは、この2つの言葉は同じ意味??
 
 
いやいや…、実は「公開」と「開示」には決定的な違いがあるようです。

ということで、この2つの言葉の意味を徹底的に分析してみましたよ!
 
 
本記事では、「公開」と「開示」の意味の違いと使い分けについて、わかりやすく解説していきます。

かなり深掘りしましたので、ご期待ください!
 

スポンサードリンク

 

1.「公開」と「開示」の意味の違い!

最初に、「公開」と「開示」の意味の違いを簡潔にお伝えします。

「公開」とは、広く一般の方々に対し開放すること。

「開示」とは、内容を明らかに示すこと。

 
一言で表現すると、こういった違いです。

それでは、さらに詳細に紐解いていきますね。
 

①「公開」と「開示」の微妙な違いとは!

「公開」は広く一般の方々に対し開放することで、「開示」は内容を明らかに示すこと。

「開放」は「ありのままに見せる」ことで、「示す」は「伝わるように見せる」ことです。

この部分、「開放」と「示す」だけで比べると似たような意味ですよね…。
 
 
 
しかし、「公開」と「開示」の違いのポイントは「誰に対して」という部分です。

「公開」は、誰に対して行うのかというと、「広く一般の方々」。

そして、「開示」の方は「広く」や「世間に」という定義がありません。

つまり、見せる相手が限られるということです。
 
 
通常「開示」は、「その内容を見せてください」と希望した人に対して行われるのが一般的。

ですから、希望した人以外は、その内容を見ることができません。
 
 
 
広く制限なく開放するのが「公開」、限られた人に対して示すのが「開示」です。

個人情報保護法
 

②「公開」は見せるだけではない!

「公開」は、一般の方々に開放することです。

実はこの「開放」するということは、ただ単純に見せることだけではありません。
 
 
「開放する」ということは、「入場」「出席」「傍聴」「観覧」「使用」などを制限しないという意味でもあります。

この部分も、「示す」意味の「開示」との違いです。
 
 
たとえば、「テレビスタジオの一般公開」というと、テレビ局のスタジオへの入場が許可されるということ。

つまり、テレビ局側が「公開」することで、スタジオへの出入りが自由に出来るようになるということですね。
 
 
「公開」には、「見せる」以外に、「入場」「出席」「傍聴」「観覧」「使用」が自由にできるようになるという意味があることも覚えておいてください。

テレビカメラ
 

③「公開」と「開示」の違いを整理!

それでは、ここで一度「公開」と「開示」の違いを整理します。
 
 
広く一般の方々に対し開放するのが「公開」。

「公開」には、ただ見せるだけではなく、出入りや使用を許すという意味もあります。
 
 
そして、内容を明らかに示すのが「開示」。

「開示」は見せることですが、広く世間に見せるのではなく、見せる相手は限定されます。
 

スポンサードリンク

 

2.「公開」と「開示」の辞書での意味!

続いて、辞書による「公開」と「開示」の意味がどうなっているのか確認していきます。
 

①「公開」の辞書での意味!

【公開】

・広く一般の人に入場・出席・傍聴・観覧・使用などを許すこと。「―捜査」「非―」「未―」

引用元:旺文社国語辞典

説明どおりですね。
 

②「開示」の辞書での意味!

【開示】

・外部に対し内容を明らかに示すこと。また、教えさとすこと。開示(かいし)。「勾留理由の―」

引用元:旺文社国語辞典

こちらも、前の項目で説明したとおりの内容です。

秘密
 

3.「公開」と「開示」の使い方!

次に、「公開」と「開示」の使い方を例文で紹介します。
 

①「公開」の使い方!

・私の住所はさすがに非公開とします。

・事件に関わる資料を公開することとした。

・移動通信システムに関する公開ヒアリングが行われた。

・新たなニュースリーダーアプリを公開した。
 

②「開示」の使い方!

開示請求書の記載例。

・全面的な証拠の開示を求めます。

・科学的根拠に基づいたデータの開示

・請求すれば全ての情報を開示できるというものでもない。

セキュリティー
 

4.「公開」や「開示」には似た意味の言葉がたくさんある!

「公開」や「開示」には似た意味の言葉がたくさんありますよ。

下の関連記事も、覗いてみてください。

「公表」と「公開」の違いを解説!実は意外な差異があった!

「上映」と「公開」の違い!意外な差を徹底解説するよ!

 
ぜひ、参考にしてみてくださいね。
 

スポンサードリンク

 

まとめ

以上が、「公開」と「開示」の意味の違いと使い分けについてでした。
 
 
「公開」は、広く一般の方々に対し開放すること。

開放することですので、見せるだけではなく入場や使用を許可するという意味もあります。
 
 
「開示」は、内容を明らかに示すことですが、見せる相手が限定的。

しかも、見せるだけで、何かの使用や出入りを許すといったものではありません。

関連記事と広告

-文書

Copyright© 贈る言葉情報館 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.