言葉の使い方や意味などを深掘りしてご紹介いたします!

贈る言葉情報館

文書

「自分」と「自身」の使い分けを解説!意外な違いがあったよ!

更新日:

 
「自分」と「自身」。

パッと見ると同じ意味に思えてしまいます。

しかし、「自分がやります」と言いますが、「自身がやります」と言いませんよね…。
 
 
「自分」と「自身」には、微妙な意味の違いがあって使い分けが必要ということなのでしょうか…??

ということで、この2つの言葉の意味を徹底的に分析してみましたよ!
 
 
本記事では、「自分」と「自身」の意味の違いと使い分けについて、わかりやすく解説していきます。

かなり深掘りしましたので、ご期待ください!
 

スポンサードリンク

 

1.「自分」と「自身」の意味の違いと使い分け!

最初に、「自分」と「自身」の意味の違いを簡潔にお伝えします。

「自分」と「自身」は、どちらも同じ「おのれ」「自己」という意味。
 
 
ただし、「自分」はその意味の他に、話し手が話し手本人のことを指す意味、「私」「僕」と同じ意味として使うことがあります。

「自分は違うと思います」など。
 
 
また「自身」は、「おのれ」「自己」の意味の他に、「そのもの」「自体」という意味もあり、特に強める時に使います。

「彼女自身の考えで決めるべき」といった使い方。

 
短くあらわすと、こういった違いです。

それでは、さらにわかりやすく紐解いていきますね。
 

①「自分」と「自身」の共通の意味とは!

「自分」と「自身」の使い分け方法に入る前に、双方は同じ意味があることを覚えておいてくださいね。

「自分」と「自身」は、どちらも同じ「おのれ」「自己」のこと。
 
 
この使い方は、以下のとおりです。

「ご自分で決めてください」

「ご自身で決めてください」
 
 
ただし、「自分」と「自身」にはその他の意味もあります。

自分
 

②「自分」の特有の意味とは!

「自分」には、「おのれ」「自己」という意味の他に、話し手が話し手本人を指し示す意味もあります。

「話し手」と書きましたが、これは「書き手」のことでもありますよ。
 
 
話し手が、話し手本人のことを「私」や「僕」と言いますよね。

「私には…」「僕は…」といった使い方をする、この「私」「僕」と同じ意味ということ。

自分は違うと思います」

自分はウナギが大好きです」

といった使い方をします。
 
 
この使い方は、「自身」にはありません。

自身は違うと思います」

自身はウナギが大好きです」

これだと、違和感がありますよね。

うな重
 

③「自身」の特有の意味とは!

「自身」には、「おのれ」「自己」という意味の他に、「そのもの」「自体」という意味もあります。

そして、使い方としては「そのもの」「自体」の前を強調する時。

多くの場合「自身」の前に代名詞が入るのですが、その代名詞を強調するということです。
 
 
使い方は、以下のとおり。

「その仕事は彼の仕事なのだから、彼自身がやるべきだよ」

この場合は「自身」の前に「彼」が入って、「彼自身」になっていますよね。

この「彼」に、「自身」が加わることで強調されるということ。
 
 
上の例文で「自身」が抜けると、下のようになります

「その仕事は彼の仕事なのだから、彼がやるべきだよ」

少しゆるくなったような気がしませんか?
 
 
 
ちなみに、「自分」には「そのもの」「自体」といった意味はありません。

ですから、「その仕事は彼の仕事なのだから、彼自分がやるべきだよ」となるとおかしいですよね。
 
 
また、「自身」の前に代名詞が入ることが多いのですが、この代名詞は「自分」のこともありますよ。

「自分自身」ですね。

たとえば、以下のとおり。

「その仕事は自分の仕事なのだから、自分自身がやるべきだと思います」

仕事
 

④「自分」と「自身」の意味の違いを整理!

それでは、ここで一度「自分」と「自身」の意味の違いを整理します。
 
 
「自分」と「自身」は、どちらも「おのれ」「自己」という同じ意味
 
 
ただし、「自分」は「私」「僕」といった、話し手が話し手本人のことを指す意味もあります。

また「自身」は、「そのもの」「自体」という意味もあります。
 
 
「自分」には「そのもの」「自体」の意味はありませんし、「自身」には「私」「僕」と同じ意味はありません。
 

スポンサードリンク

 

2.「自分」と「自身」の辞書での意味!

続いて、辞書による「自分」と「自身」の意味がどうなっているのか確認していきます。
 

①「自分」の辞書での意味!

【自分】

①その人自身。おのれ。自己。

②自称の人代名詞。わたくし。「―は東北の出身です」

引用元:旺文社国語辞典

意味が2つあります。

説明どおりの内容ですね。

私
 

②「自身」の辞書での意味!

【自身】

①自分。

②そのもの。自体。「彼―の問題」

引用元:旺文社国語辞典

「自身」にも2つの意味がありますね。

前の項目で説明したとおりの内容です。
 

スポンサードリンク

 

3.「自分」と「自身」の使い方!

最後に、「自分」と「自身」の使い方を例文で紹介します。
 

①「自分」の使い方!

自分で何を感じ取れるかがポイント。(おのれ)

自分の平均睡眠時間を記入してください。(おのれ)

自分はまだ東京より西側には行ったことがありません。(私)

・もしよかったら自分がお手伝いしますよ。(私)

・すみません、それ自分が置き忘れました。(私)
 

②「自身」の使い方!

・それはご自身で判断してください。(おのれ)

・カメの赤ちゃんは自身の力で卵の殻を破った。(おのれ)

・彼女自身がそう思っているみたいです。(そのもの)

・ゴミは自分自身で分別してから出してください。(自分→おのれ・自身→そのもの)

自分自身の考えを申し上げます。(自分→私・自身→そのもの)
 

スポンサードリンク

 

まとめ

以上が、「自分」と「自身」の意味の違いと使い分けについてでした。
 
 
「自分」と「自身」は、どちらも「おのれ」「自己」という意味で同じ。
 
 
ただし、「自分」は話し手が話し手本人のことを指す意味もあります。

「私」「僕」と同じ意味ですね。
 
 
また「自身」は、「そのもの」「自体」という意味もあります。

「彼自身」「自分自身」といったように、前に付いた「彼」「自分」を強調する時の使い方。

「自分自身」の「自分」は、「おのれ」の意味でも「私」の意味でも使えますよ。

「自分」と「自身」の意味の違いを説明しましたが、似た意味の言葉で「自己」があります。

「自分」と「自己」の意味を徹底的に分析した記事もありますよ!

もしよかったら、下の関連記事をご覧ください。

「自分」と「自己」の違い!意外な差異を徹底解説するよ!

 

関連記事と広告

-文書

Copyright© 贈る言葉情報館 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.