言葉の使い方や意味などを深掘りしてご紹介いたします!

贈る言葉情報館

文書

「訓練」と「練習」の違いを解説!実は驚きの差があったよ!

更新日:

 
「訓練」と「練習」。

「脱出の訓練」といった場合、「脱出の練習」にすると意味に違いはあるのだろうか?

なんとなく、同じ意味に思えてしまう…。
 
 
ですが、実は似ているようで全く意味が違うらしい…。

ということで、この2つの言葉の意味を徹底的に分析してみましたよ!
 
 
本記事では、「訓練」と「練習」の意味の違いと使い分けについて、わかりやすく解説していきます。

かなり深掘りしましたので、ご期待ください!
 

スポンサードリンク

 

1.「訓練」と「練習」の意味の違い!

最初に、「訓練」と「練習」の意味の違いを簡潔にお伝えします。

「訓練」とは、本人が、別の人に技術などを繰り返して身につけさせること。

「練習」とは、本人が技術などを繰り返して身につけること。

 
一言にまとめると、こういった違いです。

それでは、さらに詳細に紐解いていきますね。
 

①「訓練」はどちら側の言葉?

「訓練」も「練習」も、技術などを繰り返し身につける、という部分は共通しています。

ただし、「訓練」の方は「身につける側」の言葉ではありません。
 
 
「訓練」は、「させる側」の言葉なのです。

つまり、「やりなさい」「やってください」と言う側。

身につける側とは違う、別の立場に立った言葉ということですね。
 
 
 
たとえば、「訓練を実施する」といった場合、自分が行うことではありません。

「訓練を実施する」とは、「他人に身につけさせる」という意味ですよ。

使い方には注意が必要です。
 
 
「避難訓練」という言葉がありますが、これは自発的に行うという意味ではなく、他の人にやらせるという意味なのですね。

火災報知器
 

②「練習」はどちら側の言葉?

「練習」も、技術などを繰り返し身につけること。

そして「練習」は、「身につける側」の言葉です。
 
 
ですから、「私は、今日は思いっきり練習します」といった場合は自分が身につけるということ。
 
 
ちなみに、別の人が誰かに身につけさせる場合は「練習させる」といいます。

「訓練」の場合は「訓練」の一言で相手にさせるという意味ですが、「練習」を別の人にさせる場合は「練習させる」ということで「させる」が必要になるのですね。

リフティング
 

③「訓練」と「練習」の違いを整理!

それでは、ここで一度「訓練」と「練習」の違いを整理します。
 
 
「訓練」は技術などを身につけさせること、「練習」は技術などを身につけること

「訓練」が「させる」ことで、「練習」が「する」こと
 
 
立ち位置が、真逆であるということです。
 

スポンサードリンク

 

2.「訓練」と「練習」の辞書での意味!

続いて、辞書による「訓練」と「練習」の意味がどうなっているのか確認していきます。
 

①「訓練」の辞書での意味!

【訓練】

・ある能力・技術などが見につくように、実際に練習させて教えること。「避難―」

引用元:旺文社国語辞典

「身につくように練習させる」「教える」とありますので、「させる側」の言葉ですね。
 

②「練習」の辞書での意味!

【練習】

・学問・技芸などをくりかえし習うこと。けいこ。「ピアノの―」「毎日―する」

引用元:旺文社国語辞典

「習う」とは、「教わる」「繰り返し身につける」という意味です。

する側の言葉ですね。

サッカー
 

3.「訓練」と「練習」の使い方!

次に、「訓練」と「練習」の使い方を例文で紹介します。
 

①「訓練」の使い方!

・パイロットの飛行訓練装置。

・公共職業訓練のご案内。

・消防訓練礼式の基準。

・消火訓練用放射器を購入。

・防災訓練計画書を作成する。
 

②「練習」の使い方!

・疲れて練習に行きたくない。

・カラオケボックスで歌の練習に励む。

練習した効果があった。

・自分が練習台になる。

・具体的な練習計画書を作成する。

スケジュール
 

4.「訓練」や「練習」には似た意味の言葉がたくさんある!

「訓練」や「練習」には似た意味の言葉がたくさんありますよ。

下の関連記事も、覗いてみてください。

「稽古」と「練習」の違いは?徹底的に意味を深掘りしてみた!

「演習」と「練習」の違いを解説!この2つ全くの別物ですよ!

「教育」と「訓練」の違い!微妙な差異を徹底解説するよ!

「研修」と「訓練」の違いを解説!意外に大きな差があった!

 
ぜひ、参考にしてみてくださいね。
 

スポンサードリンク

 

まとめ

以上が、「訓練」と「練習」の意味の違いと使い分けについてでした。
 
 
「訓練」は技術などを身につけさせることで「させる側」の言葉、「練習」は技術などを身につけることで「する側」の言葉です。

立ち位置に違いがあることを覚えておきましょう。
 
 
「盲導犬訓練士」とは、技術を「犬に身につけさせる」資格のこと。

まさに、「させる」人のことですね。

関連記事と広告

-文書

Copyright© 贈る言葉情報館 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.