言葉の使い方や意味などを深掘りしてご紹介いたします!

贈る言葉情報館

文書

「補修」と「修復」の違いを解説!実は確かな差があったよ!

更新日:

 
「補修」と「修復」。

似ている…。

というよりは、同じ意味では?と思ってしまいます…。
 
 
「補修工事」といいますし、「修復工事」ともいいます…。

やはり、同じ意味なのだろうか???
 
 
 
ですが、よくよく調べてみたら「補修」と「修復」には決定的な違いがありました!

この2つの言葉は、意味が全く違いますよ!
 
 
本記事では、「補修」と「修復」の意味の違いと使い分けについて、具体例でわかりやすく解説していきます。

かなり深掘りしましたので、ご期待ください!
 

スポンサードリンク

 

1.「補修」と「修復」の意味の違い!

最初に、「補修」と「修復」の意味の違いを簡潔にお伝えします。

「補修」とは、壊れたところを補って直すことで、「必ず元どおりにする」という定義はありません。

「修復」とは、壊れたところを元どおりに直すこと。

 
一言で表現すると、こういった違いです。

それでは、さらに詳細に紐解いていきますね。
 

①「補修」の意味とは!

「補修」は、壊れたところを補って直すことで、「必ず元どおりにする」という定義はありません。

完全に元どおりにするというよりは、他の部品で補ってとりあえず使えるようにするということ

「補う」ことなので、穴埋め的に直すことといった言い方もできます。
 
 
 
たとえば、床に足がスッポリと入るような穴が開いたとしますね。

このままにしておくのは当然危険。

とりあえず、40センチ四方の板があったので、その板を穴の部分に打ち付けてふさぎました。
 
 
別の板で「補って」直すこと、これが「補修」です。

しかも、床は元どおりではありません。

穴の部分には明らかに別の板が打ち付けられていて、パっと見ただけで「補った」ことがすぐにわかってしまいます。
 
 
「補う」ことと、「必ずしも元どおりではない」ということがポイントですね。

電動ドライバー
 

②「修復」の意味とは!

「修復」は、壊れたところを元どおりに直すこと。

「元どおり」に直すということがポイントです。
 
 
 
たとえば、床に足がスッポリと入るような穴が開いた場合。

40センチ四方の板でふさいだだけでは、元どおりにはなりません。
 
 
完全に元の状態にするには、専門の工事が必要になります。

壊れた部分の床板を取り替えるか、床全部を取り替えるといった工事ですね。

その場しのぎではなく、キッチリと元どおりに直すのが「修復」です。
 
 
 
それから、「修復」は「物体」だけに使うとは限りません

たとえば、「壊れてしまった友人関係を修復する」といった使い方をします。
 
 
「関係の修復」ですので、目に見える「物体」ではありません。

壊れてしまうものであれば、何でも使えるのが「修復」です。

信頼関係
 

③「補修」と「修復」の違いを整理!

それでは、ここで一度「補修」と「修復」の違いを整理します。
 
 
壊れたところを補って直すのが「補修」。

「補修」は、元どおりに直すとは限りません。
 
 
壊れたところを元どおりに直すのが「修復」。

必ず元どおりに直します。
 

スポンサードリンク

 

2.「補修」と「修復」の辞書での意味!

続いて、辞書による「補修」と「修復」の意味がどうなっているのか確認していきます。
 

①「補修」の辞書での意味!

【補修】

・足りないところをおぎなったり、こわれたところを修理したりすること。「ビルの―工事」

引用元:旺文社国語辞典

説明どおりですね。

「元どおりにする」とは記載されていません。
 

②「修復」の辞書での意味!

【修復】

・こわれた所をもとどおりに直すこと。「―工事」「絵画の―」「親子の関係を―する」

引用元:旺文社国語辞典

説明したとおりの内容です。

組み立て
 

3.「補修」と「修復」の使い方!

次に、「補修」と「修復」の使い方を例文で紹介します。
 

①「補修」の使い方!

・パテとは、ひびや穴があいた部分に塗るように補修するもの。

・校舎の劣化に伴う補修工事が始まる。

・美術館に常設展示されてきた自身の作品を初めて補修した。

・お気に入りの鞄やブランドバッグのキズの補修もお任せください。
 

②「修復」の使い方!

・カビなどの修復やメンテナンスに加え、最適な靴の状態を保つ。

・現状の石垣の健全性を判定し、修復の必要性を判断します。

・150万ユーロをかけて修復された1883年製の木造帆船。

・相続トラブルで揉めた関係を修復するのは難しい。

紛糾
 

4.「補修」や「修復」には似た意味の言葉がたくさんある!

「補修」や「修復」には似た意味の言葉がたくさんありますよ。

下の関連記事も、覗いてみてください。

「復旧」と「復帰」の違いを解説!実は明確な差があったよ!

「復刻」と「復活」の違いを解説!実は驚きの事実があった!

 
ぜひ、参考にしてみてくださいね。
 

スポンサードリンク

 

まとめ

以上が、「補修」と「修復」の意味の違いと使い分けについてでした。
 
 
「補修」は、壊れたところを補って直すこと。

「修復」は、壊れたところを元どおりに直すこと。
 
 
「修復」は必ず元どおりにしますが、「補修」は元どおりにするとは限りません。

関連記事と広告

-文書

Copyright© 贈る言葉情報館 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.