言葉の使い方や意味などを深掘りしてご紹介いたします!

贈る言葉情報館

文書

「侮蔑」「軽蔑」「侮辱」の違い!わかりやすく解説するよ!

更新日:

 
「侮蔑」「軽蔑」「侮辱」。

凄く似ていますよね…。

左から、「ぶべつ」「けいべつ」「ぶじょく」と読みます。
 
 
なんとなく、普段はどれも同じ意味として認識していました…。

それではいけませんね…。
 
 
 
ということで、この3つの言葉の意味を徹底的に分析してみましたよ!

やはり、「侮蔑」「軽蔑」「侮辱」には微妙な違いがありました!
 
 
本記事では、「侮蔑」「軽蔑」「侮辱」の意味の違いと使い分けについて、わかりやすく解説していきます。

かなり深掘りしましたので、ご期待ください!
 

スポンサードリンク

 

1.「侮蔑」「軽蔑」「侮辱」の意味の違い!

最初に、「侮蔑」「軽蔑」「侮辱」の意味の違いを簡潔にお伝えします。

「侮蔑」とは、強く相手を見下すこと。

「軽蔑」とは、相手を見下すこと。

「侮辱」とは、相手を見下して恥をかかせること。

 
一言で表現すると、こういった違いです。

それでは、さらに詳細に紐解いていきますね。
 

①「侮蔑」の意味とは!

「侮蔑」は、強く相手を見下すこと。
 
 
他人に対し、「人格が劣った者とみなす」「能力が劣った者とみなす」「卑しい者とみなす」ということです。

実は、この部分は「侮蔑」「軽蔑」「侮辱」全てに共通した意味。
 
 
 
ですがこの「侮蔑」は、「軽蔑」に比べて「強く」相手を見下します

また「侮蔑」は、「軽蔑」と比較しても会話の中で使われる頻度が少ない言葉。

どちらかといえば、「文章語的」な言葉といえます。
 
 
 
それから「侮蔑」には、「侮辱」のように「相手に恥をかかせる」という意味がありません

あくまでも、劣った者・卑しい者と「みなす」ということです。

ですから、「侮蔑」をする側の意識を意味する言葉ということですね。

見下す
 

②「軽蔑」の意味とは!

「軽蔑」は、相手を見下すこと。

前項で説明しましたが、他人に対し「人格が劣った者とみなす」「能力が劣った者とみなす」「卑しい者とみなす」ということは「侮蔑」「侮辱」と同じ意味。
 
 
 
ですが「軽蔑」は、「侮蔑」に比べて「弱く」見下します

しかも、「文章語的」な「侮蔑」に比べて、「軽蔑」は「口語的」

つまり、人どうしの会話の中で多く使われるのが「軽蔑」です。
 
 
 
また、「軽蔑」も「侮蔑」と同様に、「侮辱」のような「相手に恥をかかせる」という意味がありません

ですから「軽蔑」も「侮蔑」と同じで、「軽蔑」をする側の意識を意味する言葉ということです。

さげすむ
 

③「侮辱」の意味とは!

「侮辱」は、相手を見下して恥をかかせること。
 
 
「侮辱」の意味のポイントは、「侮蔑」や「軽蔑」と違い「相手に恥をかかせる」という部分があること

ですから、「侮辱」の特徴は、相手が「侮辱された」認識があるということです。

つまりは、「恥をかかされた」「名誉を傷つけられた」と意識します。
 
 
 
また、「侮辱」をすることで罪に問われる可能性があります。

それは、「侮辱罪」という犯罪。

ちなみに、「侮蔑」や「軽蔑」だけで罪に問われることはありません。

有罪
 

④「侮蔑」「軽蔑」「侮辱」の違いを整理!

それでは、ここで一度「侮蔑」「軽蔑」「侮辱」の違いを整理します。
 
 
「侮蔑」「軽蔑」「侮辱」は、全て「人格が劣った者とみなす」「能力が劣った者とみなす」「卑しい者とみなす」こと。
 
 
ですが、強く見下して文章語的なのが「侮蔑」。

ただ見下して口語的なのが「軽蔑」。

そして、見下した他に相手に恥をかかせるのが「侮辱」です。
 

スポンサードリンク

 

2.「侮蔑」「軽蔑」「侮辱」の辞書での意味!

続いて、辞書による「侮蔑」「軽蔑」「侮辱」の意味がどうなっているのか確認していきます。
 

①「侮蔑」の辞書での意味!

【侮蔑】

・人をばかにして軽く見ること。

引用元:旺文社国語辞典

説明したとおりですが、「軽蔑」との違いがわかりませんね…。
 

②「軽蔑」の辞書での意味!

【軽蔑】

・見くだしてばかにすること。「―の念を抱く」「―すべき行動」

引用元:旺文社国語辞典

こちらも、「侮蔑」との違いがわかりません…。
 

③「侮辱」の辞書での意味!

【侮辱】

・相手をばかにして恥をかかせること。「―を受ける」

引用元:旺文社国語辞典

「侮辱」に関しては、説明どおりです。

苦悩
 

3.「侮蔑」「軽蔑」「侮辱」の使い方!

次に、「侮蔑」「軽蔑」「侮辱」の使い方を例文で紹介します。
 

①「侮蔑」の使い方!

侮蔑する風潮にメディアが染まり、国民が同調するのは間違っている。

・女性に対する過去の侮蔑的な発言をテレビ広告に引用された。

・「不真面目な奴」「仕事が何たるか分かっていない」と侮蔑の目で見られる。
 

②「軽蔑」の使い方!

・「感染者を軽蔑することだけはやめてほしい」と訴える。

・母子家庭なのに、ルーズな母親をどこかで軽蔑していた。

・私は、憎まれるより軽蔑されるのが一番怖い。
 

③「侮辱」の使い方!

・女子生徒に「結婚や出産、子育てと研究は両立しない」と侮辱したとして処分された。

・バイエルンのサポーターが掲出した侮辱的なバナーが、大きな波紋を呼んでいる。

・裁判では、最後まで遺族や被害者への明確な謝罪をせず侮辱的な態度を取り続けた。

裁判所
 

4.「侮蔑」「軽蔑」「侮辱」には似た意味の言葉がたくさんある!

「侮蔑」「軽蔑」「侮辱」には似た意味の言葉がたくさんありますよ。

下の関連記事も、覗いてみてください。

「雪辱」と「屈辱」の違い!例文でわかりやすく解説するよ!

「誹謗」と「中傷」の違いを解説!実は意外な差があったよ!

 
ぜひ、参考にしてみてくださいね。
 

スポンサードリンク

 

まとめ

以上が、「侮蔑」「軽蔑」「侮辱」の意味の違いと使い分けについてでした。
 
 
「侮蔑」は、強く相手を見下すこと。

「軽蔑」は、相手を見下すこと。

「侮辱」は、相手を見下して恥をかかせること。
 
 
ちなみに、「侮」は「あなどる」、「蔑」は「さげすむ」、「軽」は「かろんじる」、「辱」は「はずかしめる」という意味があります。

全部嫌な意味ですね…。

関連記事と広告

-文書

Copyright© 贈る言葉情報館 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.