言葉の使い方や意味などを深掘りしてご紹介いたします!

贈る言葉情報館

文書

「チェック」と「確認」の違いを解説!確かな差があったよ!

更新日:

 
「チェック」と「確認」。

言葉の意味の違いがまぎらわしいです…。

といいますか、自分は同じ意味として使っていたような…。
 
 
「上司が書類をチェックする」

「上司が書類を確認する」

というように、どちらも変ではありません。
 
 
しかし…。

「本人の意志の確認といいますが、「本人の意志のチェックとはいいません…。

ということは、「チェック」と「確認」には違いがあるということか??
 
 
 
そんなわけで、この2つの言葉の意味を徹底的に分析してみましたよ!

やはり、「チェック」と「確認」には明確な違いがありました!
 
 
本記事では、「チェック」と「確認」の意味の違いと使い分けについて、具体例でわかりやすく解説していきます。

かなり深掘りしましたので、ご期待ください!
 

スポンサードリンク

 

1.「チェック」と「確認」の意味の違い!

最初に、「チェック」と「確認」の意味の違いを簡潔にお伝えします。

「チェック」とは、異常の有無を確かめること、また、書類などを照らし合わせて確かめること。

「確認」とは、確かめること。

 
一言で表現すると、こういった違いです。

それでは、さらに詳細に紐解いていきますね。
 

①「チェック」の意味とは!

「チェック」は、異常の有無を確かめること、また、書類などを照らし合わせて確かめること。

さらに短くまとめると、「点検」と「照合」が「チェック」の意味するところ。

「チェック」は点検や照合で確かめることですが、「確認」はただ確かめること、これが違いです。
 
 
 
たとえば、「上司が部下の業務改善提案の内容をチェックする」といった使い方。

これは、提案の内容に異常がないか点検すること、また、資料の数値に誤りが無いか照合したりすること。

普段の業務であっても、日常的に行われる行為です。
 
 
 
それから、会社同士の取り引きでは、「あの会社は要チェックだ」といった使い方もします。

これは、何かの異常を感じ取ったということで、後日に異常の有無を確かめる必要があるということ。
 
 
 
ということで、「点検」や「照合」が「チェック」ということです。

イエスかノーか
 

②「確認」の意味とは!

「確認」は、確かめること。

ということは、「チェック」の意味である「点検」や「照合」も確かめることなので、「確認」の1つということができます。

つまり、「確認」の意味の中に「チェック」が含まれるということ。
 
 
ですから、「上司が部下の業務改善提案の内容をチェックする」「上司が部下の業務改善提案の内容を確認する」としても、全くおかしなことではありません。

上司が日々行う「チェック」は、「確認」でもあるということ。
 
 
 
ただし、「確認」には使えますが、「チェック」には使えないものもあります。

たとえば、「本人の意思確認といった使い方。

これは、本人の意思を確かめるという意味ですが、「本人の意思をチェックする」とはいいません。
 
 
 
それから、「生存者はまだ確認できていない」という使い方。

これも、「生存者はまだチェックできていない」とはいいません。

同じ「確かめる」という意味ですが、「確認」の方は広く使われるのに対し、「チェック」は限定的になります。

犬
 

③「チェック」と「確認」の違いを整理!

それでは、ここで一度「チェック」と「確認」の違いを整理します。
 
 
異常の有無を確かめる、また、書類などを照らし合わせて確かめるのが「チェック」。

ただ確かめるのが「確認」。
 
 
大きな「確認」の意味があり、その中に「チェック」が含まれます。

 

スポンサードリンク

 

2.「チェック」と「確認」の辞書での意味!

続いて、辞書による「チェック」と「確認」の意味がどうなっているのか確認していきます。
 

①「チェック」の辞書での意味!

【チェック】

①点検・照合をすること。また、それがすんだ印をつけること。また、その印。

②不適当なものを阻止すること。「ボディー―」

③チェスで、王手をかけること。また、その宣言。

引用元:旺文社国語辞典

意味①は、説明どおり「点検」と「照合」のこと。

あと、説明しませんでしたが「印」そのものの意味もあります。
 
 
意味②は、「ボディーチェック」の「チェック」ですが、これも「点検」のことですね。

意味③は、チェスの専門用語です。
 

②「確認」の辞書での意味!

【確認】

・はっきりと認めること。確かめること。「本人の―をとる」「未―」

引用元:旺文社国語辞典

説明したとおりの内容ですね。

駅
 

3.「チェック」と「確認」の使い方!

次に、「チェック」と「確認」の使い方を例文で紹介します。
 

①「チェック」の使い方!

・利用者財産の分別管理のチェック項目。

・マニュアル兼チェックリストシステムを導入。

・空気圧計で直接計測するタイヤの空気圧チェックは手間がかかる。

・ニュース報道のファクトチェックが頻繁に行われる。
 

②「確認」の使い方!

・今後に向けお互いの連携強化を確認する。

・登場キャラクター達の姿を確認できるプロモーションムービー。

・不当表示防止を図るための表示内容の確認を十分に行わなかった。

・組織一丸となって再発防止に取り組むことを確認しました。

謝罪会見
 

4.「チェック」や「確認」には似た意味の言葉がたくさんある!

「チェック」や「確認」には似た意味の言葉がたくさんありますよ。

下の関連記事も、覗いてみてください。

「承認」と「確認」の違い!わかりやすく具体例で解説するよ!

「可決」と「承認」の違い!意味を徹底的に深掘りしてみた!

 
ぜひ、参考にしてみてくださいね。
 

スポンサードリンク

 

まとめ

以上が、「チェック」と「確認」の意味の違いと使い分けについてでした。
 
 
「チェック」は、異常の有無を確かめること、また、書類などを照らし合わせて確かめること。

「確認」は、確かめること。
 
 
「確認」は幅広く使うことができますが、「チェック」の方は使う場面が限定的になります。

関連記事と広告

-文書

Copyright© 贈る言葉情報館 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.